【最新】外付けhddが認識しない時の対処法

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2021-09-21 14:53:05ハードドライブに行く

外付けハードディスクドライブ(Hard Disk Drive:HDD)をWindows 10のパソコンなどに接続したのに、HDDが表示されない、またはエラー表示が出てHDD内のデータやファイルにアクセスできなくて困ったことはありますか?外付けHDDをWindows 10に接続して、データのバックアップや、データを他の機器に移動させるといったことがよく行われます。外付けHDDをWindows 10が認識しない場合、どう対処したら良いのでしょうか?

今回は、外付けHDDを認識しない原因とその対処法についてWindows 10の場合を用いてご紹介いたします。

Part 1: 外付けHDDを認識しない原因

外付けHDDを認識しない原因について、3つご紹介いたします。

原因1:物理的障害の発生:物理的障害とは、外付けHDDが物理的に破損している状態です。具体的には、水没、加圧、熱暴走、落雷、衝撃、摩耗などで、データの読み書きそのものができなくなる、または接触不良が発生している状態です。デバイスが外付けHDDを全く認識しない場合は、物理的障害の可能性が高いと予想されます。

原因2:論理的障害の発生:論理的障害とは、外付けHDD内のデータが破損したり、プログラムに問題が発生したりして起こる不具合を指します。データの読み書き途中に外付けHDDをデバイスから外すなどの誤った使い方や、デバイス側のエラーや強制終了などで発生します。外付けHDDをパソコンに接続してもフォルダやファイルが開けない、または「フォーマットしますか」などのエラー表示が出るといった場合があります。

原因3:電源の接続やケーブルの問題:外付けHDD自体に問題はなくても、電力を供給するACアダプタやHDDとデバイスを繋ぐケーブルが、経年劣化などで故障や断線している場合があります。付属品を買い替えると、外付けHDDがまた認識されるようになります。

Part 2: 外付けHDDを認識しない時の対処法

ここでは、外付けHDDを認識しない時の対処法を4つご紹介いたします。なおこれは、ハードディスク自体は認識されている場合(論理的障害の場合)です。外付けHDDがパソコンなどで表示されない場合(物理的障害の場合)は自分では対処が難しいため、専門業者に修理やデータ復旧を依頼するしかありません。

アクセス拒否の場合は権限を変更する

パソコンが外付けHDDを認識していてもアクセスできない状態にある場合があります(アクセス拒否)。その場合は、アクセス権限を変更すると、アクセスできる場合があります。ここでは、Windows 10のアクセス権限の変更方法をご紹介します。

画面左側の一覧にあるHDDか、PC内のHDDアイコンを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。
拒否の場合は権限を変更するステップ1
開いた画面上部にある「プロパティ」タブを選択し、権限を変更したいグループ名やユーザー名を選択して、「編集」を選択します。
拒否の場合は権限を変更するステップ2
「グループ名またはユーザー名」からアクセス許可するアカウントを選択し、アクセス許可したい項目の「許可」にチェックを入れます。また、権限を付与したい項目の「拒否」にチェックが入っている場合はチェックを外し、「OK」をクリックします。
拒否の場合は権限を変更するステップ3

外付けHDDのドライバーを再インストールする

デバイスドライバーの破損などで、外付けHDDを認識しない場合があります。この場合は、外付けHDDのドライバーを再インストールすることで解決できます。Windows 10での再インストール方法をここではご紹介いたします。

タスクバーの検索ボックスに「デバイスマネージャー」と入力するか、「スタート」アイコンを右クリックして、「デバイスマネージャー」を選択します。
外付けHDDのドライバーを再インストールするステップ1
「ディスクドライブ」内にある外付けHDDの名前を右クリックし、「ドライバーの更新」をクリックします。
外付けHDDのドライバーを再インストールするステップ2
「ドライバーを自動的に検索」を選択します。
外付けHDDのドライバーを再インストールするステップ3

フォーマットしてハードディスクをPCに再認識させる

フォーマット操作で、パソコンが外付けHDDを再び認識するようになります。なお、フォーマット操作をすると、外付けHDD内のデータが全部消えてしまうため、注意しましょう。

外付けHDDをPCに接続すると、自動的に外付けHDDが開きます。開かない場合は、「エクスプローラー」からアクセスします。「エクスプローラー」はタスクバーか、画面左下の「スタート」アイコンを右クリックして選択します。
画面左側の一覧にある外付けHDDか、PC内の外付けHDDのアイコンを右クリックし、「フォーマット」をクリックします。
フォーマットしてハードディスクをPCに再認識させるステップ1
ファイルシステムを選択後、「開始」をクリックします。警告文が出たら「OK」をクリックし、フォーマットが開始されます。
フォーマットしてハードディスクをPCに再認識させるステップ3

CHKDSKコマンドによるファイルシステムの修復でHDDの認識問題を解消する

Windows 10の「コマンドプロンプト」を使用して、外付けHDDを復旧できます。

Windows + Rキーを押して表示された「ファイル名を指定して実行」画面で、「cmd」と入力して「OK」ボタンを押し、Windowsのコマンドプロンプト画面を表示させます。
CHKDSKコマンドによるファイルシステムの修復でHDDの認識問題を解消するステップ1
コマンド「chkdsk d:/f」を入力して「Enter」を押します。
 CHKDSKコマンドによるファイルシステムの修復でHDDの認識問題を解消するステップ2

Part 3: 外付けHDDを認識しないことによるデータの損失を回避する豆知識

パソコンが外付けHDDを認識しないケースは数多くあり、HDD内のデータが取り出せなくなる、データが損失するなどのトラブルが発生します。そのため大切なデータは、あらかじめバックアップする必要があります。特にHDDを認識しない原因が物理的障害の場合、自力での解決は難しく、専門業者に依頼しても復旧できない可能性があります。Tenorshare 4DDiGは、誤って削除したデータから、フォーマットやシステムの破損、悪質なウイルスなどで失ったデータまで復元することが可能なソフトで、簡単な操作でデータを復元することが可能です。じゃあ、4DDiGを使った外付けHDDのデータ復元方法について説明していきます。

4DDIGをインストールし、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

スキャン場所はHDDを選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。
hddをスキャン
そこから復元したいHDD内のデータを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。
HDDからデータを復元

Part 4: まとめ

この記事は外付けHDDを認識しない原因とその対処法について、Windows 10の場合を用いてご紹介しました。Windows 10で突然外付けHDDを認識しない場合があります。大切なデータはあらかじめバックアップしましょう。一方で、Windows 10で外付けHDDを認識しないため、フォーマットしたとしても、4DDiGで外付けHDD内のファイルを復元することができます。内蔵HDDを復元したい人はこの記事を見て行きましょう。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

関連記事:

【Excel】エクセルを復元する方法のまとめ2021

【PPT】パワーポイントを復元する方法のまとめ

Windowsで削除されたメモ帳ファイルを復元する方法

PS4から失われたゲームファイルを復元する方法

SDカードがフォーマットの復元アプリと注意点

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)