フォーマットしたHDDからデータを復元する方法

authorPic 村上和也 最終更新日 2021-09-10 09:37:52ハードドライブに行く

HDDには寿命があることをご存知でしょうか?または、自分の不注意でHDDをフォーマットしてしまったことはありますか?HDDが寿命を迎えてシステムに異常が発生すると、「フォーマットしますか?」というエラーが表示されます。それでHDDをフォーマットすると、HDD内のデータが消失してしまいます。ハードディスクのデータを復元したくても、どうすればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか?データ復元ソフトTenorshare 4DDiGを使うと、HDDをフォーマットしてしまい、消失したデータを復元することが可能です。今回は、HDDを使用する際の注意点と、データ復元方法について詳しく解説していきます。

Part 1: HDDのフォーマットについて

まず、HDDの「フォーマットしますか?」という表示が出る理由について、詳しくご紹介していきます。原因を理解して、防げるものは事前に対策しておきましょう。

HDDの寿命

HDDは稼働時間や動作環境などにより劣化し、HDD自体や内部パーツの物理的破損、またはファイルシステムの異常やデータ破損が生じます。

HDDの容量がいっぱい

データをHDD容量の限界まで保存していると、「フォーマットしますか?」と表示される場合があります。データ保存の際は、HDDの容量に余裕を持たせるようにしましょう。

ウイルスに感染した

HDDやパソコンがウイルスに感染し、HDDのデータが破損する場合があります。データが破損すると、「フォーマットしますか?」という案内が出てしまいます。

外付けHDDがパソコンに完全に挿入されていない

外付けHDDがパソコンに完全に挿入されておらず、接続が上手くいかないと「フォーマットしますか?」という表示が出てきます。

HDD使用中に強制的にパソコンと接続が切れてしまう

データを読み書きしている最中に外付けHDDを抜いてしまった、または突然のパソコンのシャットダウンや停電で接続が途切れてしまった場合、データ情報が途切れてしまい、「フォーマットしますか?」という表示が出る原因になります。

Part 2: HDDをフォーマットした後のデータ復元

HDDをフォーマットした場合、どうすればデータを復元することができるのでしょうか?ここでは、ハードディスク内のデータを復元する方法と手順をご紹介します。

HDD内のデータを復元する方法の1つに、データ復元ソフトが挙げられます。特におすすめのソフトは、Tenorshare 4DDiGです。4DDiGは、誤って削除したデータから、フォーマットやシステムの破損、悪質なウイルスなどで失ったデータまで復元することが可能なフリーソフトで、簡単な操作でデータを復元することができます。4DDiGを使ったHDDのデータ復元方法について説明していきます。

4DDIGをインストールし、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

スキャン場所はHDDを選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。
hddをスキャン
そこから復元したいHDD内のデータを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。
HDDからデータを復元

Part 3: HDDフォーマット後のデータ復元の注意事項

  • HDDのデータを復元したい場合は、二次フォーマットはしないでください。
  • データ復元前に、フォーマットしたHDDに新しいデータを保存しないようにしましょう。新しいデータを保存してHDDの容量を圧迫すると、破損するデータ量も多くなるからです。
  • 元データの新しい保存先は、元の保存場所(HDD)にはしないでください。元の場所にあったデータが上書きされてしまい、データの復元が不可能になる恐れがあります。

Part 4: まとめ

本文はHDDを使用する際の注意点と、フォーマットしてしまった際のデータ復元方法についてご紹介しました。誤った操作や、HDDの寿命などでフォーマットしてしまうと、HDD内のデータが消えてしまいます。しかし、データ復元フリーソフトTenorshare 4DDiGを使用することで、ファイルを復元することが可能です。専門知識不要で、操作も簡単なのでおすすめです。

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)

人気記事