[2022年]デスクトップから消えたショートカットやアイコンを復元手順・方法総まとめ

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2022-06-27 17:08:53コンピューターデータ復元に行く

ファイルやフォルダーに簡単にアクセスできるショートカットアイコンは、便利なファイルシステム機能です。よく使うファイルやアプリのショートカットをデスクトップに作成しておくと、素早く開けて作業効率の向上に役立ちます。しかしもし、デスクトップからショートカットが全部、もしくは一部が消えた場合は、どうやって復元したらよいのでしょうか。おすすめの復元ソフト4DDiGを含め、いくつかのパターン別の方法をご紹介いたします。

Part 1:データ復元ソフトを利用して、削除されたデスクトップショートカットを復元する

「パソコンに詳しくないので不安だ」「やってやれないことはなさそうだが、とにかく時間がない」「業者に頼むとその場で解決するのは難しい」といった場合には、便利な復元ソフトを使用するという方法もあります。

復元率の高さと安全性に信頼のおける4DDiGなら、デスクトップから完全に削除されたと思っていたショートカットも復元することが出来ます。4DDiGが復元できるファイルは、NTFS, FAT, APFS, HFS+, HFS Xなど1000種類を超え、特許技術により元の形式とサイズを維持してデータを完全に復元することが出来ます。デスクトップに作成したショートカットは、拡張子が「.lnk」のファイルですので、もちろん、4DDiGによって復元することが可能です。

4DDiGを使用して、ショートカットを復元することは、専門業者に委託した場合に想定される、修理期間やコスト、他者の手を介することによる情報漏洩のリスクに比べると、時短で安全性が高く、便利な方法と言えます。

そういった場合は、[4DDiG]などの専用データ復元ソフトを利用しましょう。

4DDiGは以下のリンクからインストールできます。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

ここでは、「4DDiG」を活用して、デスクトップから消えたショートカットを復元する方法をご紹介します。

  • Step 14DDiGを立ち上げ、「ディスクトップ」を選択して「スタート」をクリックします。スキャンがスタートします。
  • 「「スタート」をクリック」
  • Step 2スキャンが完了したら、復元するファイルを選択します。スキャン完了後に表示されるヒントを参考にしてください。また、右上の「フィルタ」や検索窓による絞り込みも可能です。選択後は、「復元」をクリックします。
  • 「保存先を指定」
  • Step 3復元するショートカットの保存先を指定し、「復元」をクリックすると復元が行われます。データの上書きにより、復元が不可能になる恐れがあるため、指定する保存先は、元の保存場所にはしないようご注意ください。
  • 「保存先を指定」

Part 2:デスクトップのショートカットを削除してしまった時の復元方法

方法1: 誤ってフォルダ削除したデスクトップのデータを復元する方法

誤ってデスクトップ上のショートカットやデータを削除しした場合、ゴミ箱の中を確認、 以前のバージョンで復元する、ファイル履歴から復元するなど3つの復元方法あります。詳しくは 誤ってフォルダを削除してしまったときの復元方法ご参考

方法2:デスクトップアイコンの設定でデスクトップから消えたショートカットを復元する

削除していないのに、デスクトップからショートカットが全部消えた場合は、デスクトップアイコン設定で復元できる可能性があります。 スタートメニューを右クリックし、「設定」を開きます。「個人用設定」から「テーマ」を選択。続いて「関連設定」から「デスクトップアイコンの設定」をクリックします。表示したいアイコンを選択して、「OK」を選択。最後に、デスクトップ上で右クリック>「表示」>「デスクトップアイコンの表示」にチェックします。

「デスクトップアイコンの表示」

消えたショートカットが一部の場合は、隠しファイル設定で復元できる可能性があります。「エクスプローラー」>「表示」>「オプション」と開き、「表示」タブの「詳細設定」で、「隠しファイル、 隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選択します。

方法3:専門業者に依頼し、削除されたデスクトップショートカットを復元する

パソコンに詳しくないため、自分で対処するのは不安があるという場合は、無理せず、専門業者にデスクトップへの復元を依頼するという選択肢もあります。業者次第のため、修理期間はまちまちですが、安心で安全な方法です。

Part 3:デスクトップのショートカットが消えることを防ぐ対策

①デスクトップのショートカットが消える前にバックアップを取る

防止策としては、デスクトップのショートカットが消える前に、バックアップを取っておくと安心です。スタートボタンから「Windowsシステムツール」を開き、「コントロールパネル」を開きます。「システムとセキュリティ」に、「バックアップと復元(Windows7)」があるので、そちらを選択すると、バックアップの設定と復元画面に遷移します。「バックアップの設定」から、ガイダンスに従って、バックアップ先や対象の選択し、バックアップの設定をします。「バックアップ設定の確認」で、バックアップスケジュールの変更も可能です。設定完了後は、「バックアップと復元(Windows7)」の画面で、「今すぐバックアップ」をクリックすることで、即時バックアップの実行が出来ます。

「今すぐバックアップ」

②デスクトップのショートカットのをまとめる

ショートカットを誤って削除しないよう、まとめて配置するか、おまとめ用のフォルダーを用意して一元管理すると安心です。

Part4:まとめ

デスクトップに作成したショートカットが消えた場合について、復元方法などご紹介いたしました。様々な方法を試してみるのはハードルが高いと感じる場合は、無理せず、専門業者を頼るのも大切です。

しかし、もしもストレスフリーで手軽に時短解決を望まれる場合は、4DDiGの利用をおすすめいたします。10,000円以下という低コストで利用が出来る上、テクニカルサポートも用意されているため、初心者でも安心して利用することが出来ます。

4DDiG - Mac/Windows Data Recovery
高い復元率のデータ復元ソフトー4DDiG

✔どんな状況でも、すべてのデータを復元できる(Windows 11/10も対応)

✔画像、動画、ドキュメント、オーディオなど、1000 種類以上のファイルを復元する

✔フォーマット、パーティションの破損、システムのクラッシュ、ウイルス攻撃などにより失われたファイルを復元する

✔専門知識は要りなくて、たっだ3ステップでデータを復元できる

(この記事を評価する)

平均点4.5 人が参加しました)