消えたパソコンデータを復元する方法

authorPic 村上和也 最終更新日 2021-09-10 09:37:53コンピューターデータ復元に行く

時間をかけて編集したデータ、重要なファイル、消えてしまっては困りますよね?しかし、間違えて削除してしまったり、何かしらの不具合でデータが破損したりするのはよくあることです。消えたデータを復元する方法を知っておくことは大事なのですが、では具体的にどのようにすれば良いのでしょうか?

ここでは、「消えたパソコンデータを復元する方法」と題して、削除されたパソコンデータを復元できる方法を4つご紹介いたします。

方法 1: ゴミ箱からチェックする

一般的に、パソコンで削除したデータは「ごみ箱」に移動するだけなので、すぐに復元できます。

ごみ箱アイコンをダブルクリックで開いて、削除したデータを見つけます。
復元したいデータを右クリックし、「元に戻す」をクリックするか、「ごみ箱ツール」タブの「選択した項目を元に戻す」または「全ての項目を元に戻す」を選択します。 データは、名前の横にある「元の場所」に記載されているフォルダーに復元します。
ゴミ箱からチェックする

一方で、ごみ箱を空にしてしまうと完全にデータが削除されてしまいます。また、パソコン内ではなく外付けの記憶媒体(SDカード、USB、HDDなど)にあるデータを削除した場合や、データの削除をショートカットキー「Shift」+「Delete」でしてしまった場合は、ごみ箱に移動することなく消えてしまうことに注意しましょう。

方法 2: ファイルの履歴からファイルを復元してみよう

Windowsでバックアップの設定をしている場合は、ファイルの履歴からデータを復元することが可能です。

タスクバーの検索窓に「コントロールパネル」と入力して、コントロールパネルを選択します。
ファイルの履歴を有効にして削除したファイルを復元手順1
「ファイル履歴でファイルのバックアップ コピーを保存」をクリックします。
ファイルの履歴を有効にして削除したファイルを復元手順2
左側にある「個人用ファイルの復元」をクリックすると、windows10でバックアップしたファイルがあるので、復元したい日時を下にある矢印キーで選択し、緑の復元ボタンをクリックします。
ファイルの履歴を有効にして削除したファイルを復元手順3

注意点として、ファイル履歴がオフになっている場合はバックアップできないため、事前に「オンにする」必要があります。また、「ライブラリ、デスクトップ、連絡先、およびお気に入り」内のファイルしかこの機能ではバックアップできません。

方法 3: システム自体を過去に戻してファイルを復元する

Windowsには、システム自体を過去の状態に戻す、つまりパソコン全体を復元し、削除されたファイルを復元することができます。

Windowsのスタートアイコンをクリックし、「システム」をクリックします。
「システムの保護」をクリックします。
システムの保護
「システムの復元」をクリックします。
システムの復元
「次へ」をクリックすると、下のような画面が出てくるため、復元したいポイントを選択して「次へ」をクリックして、システムの復元を進めます。
システムの復元を進め

方法 4: ファイル復元ソフトを利用する

これまでの方法は、Windows10でバックアップ設定をしていなかった場合や、ごみ箱も完全に削除していると復元できません。しかし、データ復元ソフト「Tenorshare 4DDiG」を使用すれば、事前設定や、ごみ箱を空にした後でもデータを復元することが可能です。

4DDIGをインストールし、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

スキャン場所はゴミ箱を選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。
ゴミ箱をスキャン
そこから復元したいデータを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。
4ddigからデータを復元

Part 5: まとめ

「消えたパソコンデータを復元する方法」と題して、削除されたパソコンデータを復元できる方法を4つご紹介しました。データ復元ソフト4DDiGは、パソコンで事前にバックアップを設定していなかったり、ごみ箱を空にしたりした後でも、データを復元することが可能です。操作も簡単なので、非常におすすめできる方法です。

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)

人気記事