パソコンでbak ファイルを復元する方法

authorPic 村上和也 最終更新日 2021-09-10 09:37:53コンピューターデータ復元に行く

BAKファイルをご存知でしょうか?BAKファイルとは、ソフトウェアやアプリケーションで自動的に作成されるバックアップファイルのことです。

作業中のファイルを間違えて編集や上書きした場合などにBAKファイルがあると、簡単にファイル内容を元に戻すことができて便利です。一方で、本人で操作して作成されるファイルではないので、知らずに放置したり、削除してしまったりすることも多くあります。ここでは、BAKファイルについての説明と、bakファイルを復元する方法をご紹介いたします。

Part 1: ZIP/RAR(圧縮)ファイルについて

BAKファイルとは、ソフトウェアやアプリケーションで自動的に作成・更新される、「.BAK」という拡張子が付いたバックアップファイルのことです。

様々な種類のファイルが一様に.BAK拡張子で保存されますが、拡張子を元のファイル形式に書き換えることで、元のファイルと同様に内容の閲覧と編集が可能です。そのため、万が一ファイルを誤って編集・上書きしてしまっても、BAKファイルがあれば簡単に復元できます。

一方で、自動的に作成されるBAKファイルが何のことかわからず、削除してしまうケースも多く見られます。削除してしまったBAKファイルを復元することは可能なのでしょうか?

Part 2: 削除したZIP/RAR(圧縮)ファイルを復元する

削除したBAKファイルは、データ復元アプリTenorshare 4DDiGで復元することができます。

ここでは、アプリ4DDiGを使ったBAKファイルの復元方法について説明していきます。

4DDIGをインストールし、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

削除したBAKファイルの元の保存場所を選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、保存場所がスキャンされます。
ゴミ箱をスキャン
そこから復元したいBAKファイルを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。
BAKファイルを復元

Part 3: まとめ

BAKファイルについての説明と、bakファイルを復元する方法をご紹介しました。bakファイルは自動的に作成されるバックアップファイルですが、バックアップと気づかずに誤って削除しても、4DDiGデータ復元ソフトで誰でも簡単にbakファイルを復元することが可能です。復元したbakファイルの拡張子を元の拡張子に戻すと、ファイルを開くことができます。

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)

人気記事