Shift+Deleteキーで削除されたファイルを復元する方法

authorPic 村上和也 最終更新日 2022-06-23 17:10:50コンピューターデータ復元に行く

パソコンで、ファイルを右クリックして表示される「削除」や、Deleteキーによる削除では、ファイルは一旦「ごみ箱」フォルダに保管され、完全には削除されません。しかし、Shift+Deleteキーを同時に押してファイルを削除すると、「ごみ箱」フォルダに保管されずに完全に削除されてしまいます。Shift+Deleteキーで完全に削除されたファイルやデータを復元することは可能なのでしょうか?

ここでは、deleteキーのみでファイルを削除した場合と、shift+deleteキーでファイルを削除した場合の復元方法をそれぞれご紹介いたします。

Part 1: deleteキーで削除されたファイルを復元

deleteキーで削除されたファイルは、パソコンのごみ箱から復元できます。

  • 手順 1ごみ箱アイコンをダブルクリックで開いて、削除したデータを見つけます。
  • ゴミ箱
  • 手順 2復元したいデータを右クリックし、「元に戻す」をクリックするか、「ごみ箱ツール」タブの「選択した項目を元に戻す」または「全ての項目を元に戻す」を選択します。
  • データは、名前の横にある「元の場所」に記載されているフォルダに復元します。

    選択した項目を元に戻す 全ての項目を元に戻す

一方で、shift+deleteでファイルを削除すると、ごみ箱に移動することなく完全に消えてしまいます。完全に消えたファイルでも、復旧は可能なのでしょうか?

Part 2: shift+deleteで完全に削除されたファイルを復元

ファイルを選択してshift+deleteキーを押すと確認画面が表示されます。「はい」を押してしまうとファイルは完全に削除され、ごみ箱からの復旧は不可能です。

shift+deleteでファイルを削除

しかし、このシフトとデリートで完全に削除されたファイルでも、データ復元ソフトTenorshare 4DDiGを使うことで復元できます。4DDiGとは、誤って削除したデータから、システムクラッシュ、フォーマット、データの破損、悪質なウイルスなどで失ったデータまで復元することが可能な強力なソフトです。事前に何かを設定したり、専門知識が必要だったりすることもなく、簡単な操作でファイルを復元させることが可能です。これから、4DDiGによるファイル復旧手順を具体的に説明いたします。

4DDiGをインストールし、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

Cドライブを選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。
デスクトップをスキャンする
スキャンしたフォルダやファイルが表示されるので、そこから復元したいファイルをダブルクリックします。「復元」をクリックします。
ファイルを復元

Part 3: まとめ

この記事はdeleteキーのみでファイルを削除した場合と、shift+deleteキーでファイルを削除した場合の復元方法をそれぞれご紹介しました。shift+deleteキーでファイルを削除するとごみ箱に移動することなく完全に削除されてしまいます。しかし、完全に削除されたファイルでも、4DDiGデータ復元ソフトを使えば誰でも簡単にファイルの復元が可能です。Windows10で削除したファイルを復元するにはこの記事を参照してください。

4DDiG - Mac/Windows Data Recovery
高い復元率のデータ復元ソフトー4DDiG

✔どんな状況でも、すべてのデータを復元できる(Windows 11/10も対応)

✔画像、動画、ドキュメント、オーディオなど、1000 種類以上のファイルを復元する

✔フォーマット、パーティションの破損、システムのクラッシュ、ウイルス攻撃などにより失われたファイルを復元する

✔専門知識は要りなくて、たっだ3ステップでデータを復元できる

(この記事を評価する)

平均点4.5 人が参加しました)

人気記事