システム移行がOS移行、データ移行との差異は?データとOS移行を実施する方法

5分で読める

カテゴリ:パーティション管理|更新日:2024-05-16 15:47:41

システム移行は、既存のシステムやソフトウェアを新しい環境に移すプロセスです。この移行にはさまざまな方法があります。一般のユーザーは、日常のPC操作において、OS移行、データ移行、そしてシステム移行の違いを理解するのが難しく、どの手順を実行すれば良いか迷うことがあります。

この記事では、システム移行、OS移行、およびデータ移行の概念と、それらの違いについて探求します。また、HDDからSSDへの換装におけるOSのみの移行方法とデータ移行の方法についても解説します。

Part1.システム移行とは?

システム移行は、古いシステム全体を新しいシステムに置き換えるプロセスを指します。これには、ハードウェア、ソフトウェア、データ、およびプロセスの移行が含まれます。

Part2.システム移行の必要となるタイミングは?

システム移行が必要となるタイミングには、以下のようなものがあります:

1. ハードウェアのサポートが切れたとき:

古いハードウェアのサポートが終了すると、製造元はそれに関連する修正や更新を提供しなくなります。この場合、新しいハードウェアへの移行が必要になります。また、古いハードウェアが故障し修理が難しい場合も、システムの移行が求められます。

2. OSのサポートが切れたとき:

古いOSのサポートが終了すると、セキュリティパッチや重要なアップデートが提供されなくなります。この結果、システムは脆弱性やセキュリティリスクにさらされる可能性が高くなります。そのため、新しいOSへの移行が推奨されます。

3. ハードウェア(SSD、HDD)を換装するとき:

新しい高性能のストレージデバイス(例:HDDからSSD)への換装が行われる場合、システムの最適化やパフォーマンスの向上を目的として、システム移行が行われることがあります。古いストレージから新しいストレージへのデータの移行が必要になります。

Part3.システム移行とデータ移行、OS移行の違いは何ですか?

システム移行は、ハードウェア、ソフトウェア、データなど、システム全体を別の環境に移行する作業です。

一方、データ移行は、データのみを別の環境に移行する作業で、OS移行はOSのみを別の環境に移行や、OSをアップグレードする作業です。

Part4.OS移行にはどんな種類がありますか?

1. インプレースアップグレード

現在のOSを新しいOSに直接アップグレードする方法です。インストールの手間が少ないですが、すべてのデータと設定が引き継がれるため、互換性の問題が発生する可能性があります。

2. クリーンインストール

新しいOSを別のパーティションにインストールする方法です。より自由度の高い設定が可能ですが、データと設定は引き継がれないため、事前にバックアップを取る必要があります。

3. リカバリーインストール

OSを工場出荷時の状態に戻す方法です。問題が発生したときなどに有効ですが、データと設定はすべて消去されます。

4.OSのみ新ハードウェアに移行

新しいハードウェアにOSを移行する場合、古いハードウェアから新しいハードウェアにOSを移行する必要があります。この場合、ハードウェア構成の変更に伴うドライバーや設定の適応が必要です。移行には、データや設定のバックアップ、ドライバーのインストール、およびOSの再構成が含まれます。

Part5.データを移行するやり方

外部ドライブやクラウドストレージなど、信頼性の高いデータ移行方法を選択します。これには、ドキュメント、写真、ビデオ、およびその他の重要なファイルが含まれます。

外部ストレージ(HDD、SSD)にデータ移行する際、4DDiG Partition Managerのディスククローン機能を利用することをお勧めします。4DDiG Partition Managerのディスククローン機能は業界最新の技術を利用し、ターゲット ディスクの容量がソース ディスクより小さくなっても構いません。ターゲット ディスクの容量がソース ディスクの使用された容量より大きい、または同じであれば大丈夫です。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • 4DDiG Partition Managerを起動します。「ディスクのクローン」を選択します。

    「ディスクのクローン」を選択
  • ソースディスクからデータをクローンするターゲットディスク(デフォルトはコンピュータに接続するディスク)を選択し、「次に」ボタンをクリックします。

    注意

    クローン作成ではターゲットディスク上のすべてのデータが上書きされるため、すべてが正しいことを確認した後、「はい」ボタンをクリックしてください。

    ターゲットディスクを選択
  • 次に、複製されたディスクの効果を示すプレビューインターフェイスが表示されます。 プレビューが正しいことを確認したら、「開始」ボタンをクリックしてクローン作成操作を開始します。

    注意

    クローン作成の速度は、ソースディスクのサイズによって異なります。ディスクのクローン作成プロセス中は、他の操作を実行したり、現在の操作を中断したりしないでください。

    プレビューを確認し、クローン作成を開始
ノート

パソコン2台分のライセンスが登場し、ディスク管理がより便利に!

Part6.HDDからSSDへ換装する際、OSのみ移行する方法

HDDからSSDへの換装は、パフォーマンスの向上や静音化など、多くの利点があります。ここでは、OSのみをSSDに移行する方法を詳しく説明します。

1. 新しいディスク(SSD/HDD)の準備

OSを換装するターゲットディスクをPCに挿入し、ちゃんと認識されることを確認。

2. 移行プロセスの実行

  • 4DDiG Partition Managerをダウンロードして起動します。左側の「OSの移行」を選択します。新しいドライブをターゲットディスクとして選択します。「開始」をクリックしてシステム移行プロセスを開始します。

    OSの移行に新しいドライブを選択
  • システムの移行は開始されます。ドライブのサイズによっては、完了するまでに時間がかかります。移行速度、経過時間など関連のデータを確認できます。

    システムの移行は開始
  • しばらくすると、システムは移行を完了します。

    システム移行は完了

3. BIOSで起動デバイスを変更

ソースディスクを取り外し、ターゲットディスクを元のスロットに挿入します。 BIOS に入ったら、コンピュータを再起動してブート順序を変更します。コンピューターの起動方法について詳しくは、以下のビデオをご覧ください。

ブート順序を変更

最後に

この記事では、システム移行、OS移行、データ移行の違いや、HDDからSSDへの換装におけるOSのみの移行方法、データ移行する方法について詳しく説明しました。必要に応じて、4DDiG Partition Managerを有力な移行方法として選択し、効果的なシステムのアップグレードを行いましょう。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

加藤篤人 (編集者)

4DDiGの編集長として、データ復元、ファイル修復、重複ファイルの削除、パーティション管理、あらゆる種類のパソコンの問題に対するエラー修復など、Windows および Mac 関連の問題に対する最適な解決策を提供することに専念しています。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)

以下も気に入るかもしれません