MacBook Proが起動画面でフリーズしたときの解決方法

MacBook Proがロード画面で動かなくなったのはなぜですか? このガイドに従って、ロード画面で動かなくなったMacBookProを修正する10の方法を学びましょう。 また、 パート3 に移動することもできます。 MacBookを起動し、そこから重要なデータを復元します。 今すぐTenorshare 4DDiGデータ復元をダウンロードしてください!

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2022-11-24 17:23:52Mac問題に行く

MacBook Proの電源を入れた後に起動画面でフリーズする現象は、おそらく多くのユーザーが経験しているのではないでしょうか。これは、ほぼすべてのMacBookユーザーに共通して起こる現象で、MacBookユーザーなら一度は経験があるはずです。問題が起こると、まずインターネットで検索するのが一般的ですが、十分な情報に辿り着くことは困難です。ここでは、MacBook Proが起動画面でフリーズした場合の対処法についてご紹介いたします。

fix Mac stuck on loading screen

Part 1: 起動画面でMacBook Proがフリーズする原因

MacBook Proが起動画面から動かなくなる原因はいくつかあります。MacBookのOS、ソフトウェア、またはハードウェアにエラーが発生している場合です。ここでは、MacBook Proが起動時にフリーズする主な原因について説明します。

  • OSの破損
  • MacBook Proがフリーズする主な原因の1つに、OSの破損があります。OSが破損すると、MacBook Proの起動時にエラーが発生し、起動画面でフリーズしてしまいます。また、OSが古く、アップデートを実行していない場合もフリーズを引き起こす原因になります。

  • ハードディスクの破損
  • Macが起動画面でフリーズするもう一つの原因は、ハードディスクの損傷です。壊れたハードディスクを読み込めないため、フリーズしてしまう場合があります。

  • システムアップデートの失敗
  • アップグレードの失敗も、フリーズを起こす原因となります。システムに回復できるバックアップがなかったり、または何らかの理由で以前のバージョンに回復できないためにフリーズしてしまう場合があります。

    この場合、大切なデータが失われる可能性があります。常にバックアップを取るようにしてください。もしもバックアップがない場合は、4DDiG Mac データ復元 を使って、MacBook Proのすべてのデータを復元することをお勧めします。

  • 周辺のドライブ類
  • こちらも、システムがフリーズする主な原因になります。周辺機器のハードディスクが故障している場合や、システムと互換性がないものを使用すると、フリーズが発生する場合があります。

  • RAMモジュールの不具合
  • RAMモジュールの不具合もフリーズの原因となります。

MacBook Proが起動画面でフリーズしたときの解決方法

原因がわかったところで、ここからは対処法をご案内いたします。このセクションでは、起動画面でフリーズしたMacBook Proを修復するための方法をご説明いたします。これらの方法は、MacBook proのフリーズを解消し、ハングアップを回避するのに役立ちます。

1. 周辺機器の接続を解除し、Macを再起動する

最も簡単な方法で、起動時に問題が起こった際には、まずこちらを行います。周辺機器に不具合があったり、新しい機器として互換性がないものを導入すると不具合を引き起こす場合があります。周辺機器の接続を解除する方法は以下の通りです:

ステップ1: MacBook Proをシャットダウンし、すべての周辺機器を取り外します。

ステップ2: 数分経過後、MacBook Proの電源を入れ動作に問題がないことを確認します。

2. セーフモードで再起動する

MacBook Proをセーフモードで再起動します。破損したソフトウェアやマルウェアが原因の場合があるためです。セーフモードでは、システムの重要な機能のみが実行されますので、原因が特定しやすくなります。以下の手順でMacBook Proをセーフモードで起動してください:

ステップ1: Shit+電源ボタンを長押しします。

ステップ2: PCが起動画面になるまで待ちます。

ステップ3: しばらくすると、セーフモードを選択できるようになります。v

ステップ4: セーフモードを選択し、PCを起動させます。

PCの動作に問題がないことを確認してください。

boot save mode

3. Macの SMCをリセットする

SMC(システム管理コントローラー)が原因でフリーズが起こる場合があります。SMCのリセットは簡単で、以下の手順で行います:

ステップ1: キーボードのShift+Control+Optionボタンを同時に押します。

ステップ2: 10秒間押し続けてください。

ステップ3: 再度、MacBookの電源を入れます。

ステップ4: SMC設定のリセットは以上です。動作に問題がないことを確認してください。

reset smc

4.NVRAM/PRAMをリセットする

NVRAM/PVRAMはMacの不揮発性メモリで、カーネルパニックやディスクの選択などの情報が保存されています。起動時に表示されるバーが100%で止まっている場合、これらの設定をリセットすると、エラーが解消できる場合があります。NVRAM/PRAMをリセットするには、Command+ Option+ P+ Rキーを同時に押してください。これで、MacBook ProのNVRAM/PRAMがリセットされます。不揮発性メモリが原因の場合は、この方法で不具合が解決できます。

reset PRAM/NVRAM

5.リカバリーモードで再起動する

上記でうまくいかない場合は、Macをリカバリーモードで起動させます。リカバリーモードでは、軽微なエラーが自動で回復、修正されます。

ステップ1: Command+R ボタンを長押しします。

ステップ2: この状態でPCの電源を入れます。

ステップ3: PCがリカバリーモードで再起動します。

6.シングルユーザーモードで再起動する

次の解決策として、MacBookをシングルユーザーモードで再起動します。シングルユーザーモードで起動する方法は以下の通りです:

ステップ1: Command+Sボタンを長押しします。

ステップ2: この状態でPCの電源を入れます。

ステップ3: シングルユーザーモードでPCが再起動します。

問題が解決し、動作に問題がないことを確認します。

7.スタートアップディスクを選びなおす

前回の起動時に、外付けデバイスから起動したことが原因で、起動時にフリーズする場合があります。この場合、PCが正しいディスクを認識できないため、手動で起動ディスクを選びなおす必要があります。次の手順に従ってください:

ステップ1: OSのリカバリーモードで起動します。

ステップ2: アップルのアイコンを選択し、「スタートアップディスク」に進みます。

ステップ3: 任意のディスクを選択します。

ステップ4: ディスクが暗号化されている場合は、パスワードを入力します。

8.スタートアップディスクを修復する

次の対処法は、起動ディスクの修復です。起動ディスクに何らかのエラーがある可能性がある場合に行います。起動ディスクの修復方法は次の通りです:

ステップ1: PCを修復モードで起動します。

ステップ2: 画面に起動オプションが表示されるまで、電源ボタンを長押しします。

ステップ3: 再起動後、「ディスクユーティリティ」→「First Aid」を選択します。

ステップ4: ディスクユーティリティがハードディスクの修復を開始します。

9.Mac OSを再インストールする

上記のいずれの方法でも解決できない場合は、新しいバージョンのOSをインストールします。MacBook Proに搭載されたOSが古かったり、破損しているためにPCが起動できない場合はMac OSを再インストールします。次の手順に従ってください:

ステップ1: Macの電源を入れた状態で、Command+Rキーを押します。

ステップ2: ユーティリティのオプションが画面に表示されます。

ステップ3: そこから「Mac OSの再インストール」オプションを選択します。

ステップ4: インストールが完了したら、Macを再起動して動作に問題がないことを確認します。

reinstall macOS

10.macOSをダウングレードする

他の原因として、Mac OSのアップグレードがMacBook Proと互換性がないことが挙げられます。この場合、古いバージョンのOSにダウングレードする必要があります。ただし、この方法では、ハードディスクからすべてのデータが消去されます。事前にすべてのデータのバックアップがあることを確認してください。バックアップを取っていない場合は、4DDiG Macデータ復元ソフトをダウンロードします。このソフトウェアでは、Macから紛失または削除したすべてのデータを復元することができます。Mac OSをダウングレードする方法は次の通りです:

ステップ1: Macを再起動します。

ステップ2: Command+Options+Shift+Rキーを押したままにします。

ステップ3: 購入時にMacに搭載されていたものと同じOSをインストールするように指示されます。

ステップ4: MacBookを再起動します。動作に問題がないことを確認してください。

Time Machineでバックアップをとっている場合は、そのバックアップを復元することもできます。

MacBookのフリーズを修正するための解決策は以上です。MacBook Proの修復が必要な場合は、これらを試してみてください。

パート3:起動画面でフリーズしたMacBookを起動させ、データを復元するには?

MacBookが起動画面フリーズする問題のほとんどは、上記で紹介した方法で解決できます。それでもうまくいかない場合、MacBookを起動して、重要なデータを回復するにはどうしたらよいでしょうか。そこで、強力なMacデータ復元ツール-Tenorshare 4DDiG Macをご紹介いたします。このソフトウェアでMacを起動し、データを復元することができます。

  • macOS Monterey、macOS Big Sur、macOS 10.15 (Catalina)以降のMacを起動し、データを復元
  • 空になったごみ箱からデータを回復する.
  • Mac / Windows/USBフラッシュドライブ/SDカード/外部デバイス/デジタルカメラなどからデータを回復します。
  • 削除、フォーマット、破損、RAWなどのさまざまな損失シナリオをより高い成功率でサポートします。
  • 写真修復動画修復に対応
  • 幅広いファイルやフォーマットに対応

    無料ダウンロード

    PC対応

    安全的なダウンロード

    無料ダウンロード

    Mac対応

    安全的なダウンロード

    Step 1:クラッシュしたMacから復元を選択

    起動できないMacからデータを回復するには、機能しているMacとUSBまたは外付けポータブルハードドライブを用意します。 動作中のMacに4DDiGforMacデータリカバリをダウンロードします。 インストール後、プログラムを起動してUSBドライブを接続します。 次に、[クラッシュしたシステムからデータを回復する]>[スキャン]をクリックします。

    クラッシュしたPCを選択 Step 2:起動可能なUSBドライブを作成する

    次に、[スキャン]をクリックして、起動可能なドライブの作成を開始します。 データをバックアップするように通知するメッセージがポップアップ表示されます。 フォーマットが始まります。 しばらく待つと、起動可能なドライブが作成されます。

    ブートドライブの作成が開始 Step 3: クラッシュしたMacを起動し、データを復元する

    起動画面でフリーズする問題があるMacにこの起動用ドライブを挿入し、「Option」キーを押しながら起動します。キーを離すと、場所の選択画面になります。そこで「4DDG for Macデータ復元」を選択して、ディスクサークルを起動します。"エクスポート "をタップすると、データを取得することができます。

    データをエクスポート

4DDiGは、動かなくなってしまったMacを起動し、データにアクセスできるだけではありません。このソフトウェアは、SDカード/ USBフラッシュドライブ/外付けハードドライブなど、Macに関連するすべてのデバイスから、紛失、削除、フォーマット、破損されたデータをすべて回復することができます。

よくある質問

I. MacPCのフリーズを解除するにはどうすればよいでしょうか?

Optionキー+Commandキー+Escapeキーを同時に押します。すべてのアプリケーションが強制終了されますので、Macを再起動してください。

II.Macを強制的に起動させるにはどうすればよいでしょうか?

画面が暗くなるまで、Command+Contorl+電源ボタン/イジェクトボタンを長押しすると、Macが強制的に再起動されます。

最後に:

4DDiG Macデータ復元は、起動画面でフリーズしたMacを起動し、PCから紛失または削除したデータも復元できる最高で最も強力なツールです。Macユーザーは必須です。以下のコメント欄に、MacBook Proが起動画面でフリーズする問題や、4DDiG Macデータ復元についてのご質問やコメントをお寄せください。

4DDiG - Mac/Windows Data Recovery
高い復元率のデータ復元ソフトー4DDiG

✔どんな状況でも、すべてのデータを復元できる(Windows 11/10も対応)

✔画像、動画、ドキュメント、オーディオなど、1000 種類以上のファイルを復元する

✔フォーマット、パーティションの破損、システムのクラッシュ、ウイルス攻撃などにより失われたファイルを復元する

✔専門知識は要りなくて、たっだ3ステップでデータを復元できる

(この記事を評価する)

平均点4.5 人が参加しました)