[要注意]Macの熱暴走原因と対策法

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2022-04-29 16:22:21Mac問題に行く

MacBookやmac miniの熱暴走対策に頭を悩ませている方も多いと思います。Macが何もしてないのに熱い、CPU温度を適正に保てない、といった排熱面で問題を抱えていて、パフォーマンスの低下や、ときにはデータ破損を起こしていることは、ユーザにとって悩みの種です。今回は、macの熱暴走の原因と影響、対策とともに、データ消失した場合の対策についても、まとめてご案内いたします。

Part1:MacBookは熱暴走が発生した原因と影響

原因1:熱が逃げにくい超薄型デザイン

MacBook、Mac miniの超薄型デザインは、必然的に内部の気密性が高くなると同時に、高機能のファンを設置することが出来ません。

原因2: 排気口の数が不十分

MacBookのヒンジ部分に排気口があり、モデルによってはさらに背面に小さな穴を設けています。ここからしか内部の空気を抜くことが出来ません。

原因3:裏蓋を外すとAppleの保証外となる

Macの裏蓋を外すとAppleの保証対象外となってしまうため、セルフメンテナンスを行うことはリスクがあります。

MacBookの熱暴走で様々な影響を与えています。排熱力が非常に弱く、MacのCPU温度を適正に保つことが出来ません。結果、操作中にmacがフリーズする、落ちる、起動しない、といった熱暴走の症状を引き起こしやすくなっています。また、セルフメンテナンスが出来ないため、ファン清掃などの熱暴走対策を施すことが出来ません。

Part2:MacBookに熱暴走が発生した場合の対策

対策1:作業環境に配慮する

1番経済的で現実的な対策としては、macのCPU温度が適正を保てるように作業環境を整えることが挙げられます。具体的には、長時間の使用を避けることはもちろん、同じ位置で使い続けない、暑い部屋で使わず適温を保つ、といったことが挙げられます。

対策2:冷却グッズの使用

冷却スタンドなどの冷却グッズを使用して、macの熱暴走対策を行うのも1つです。ただ、空気を取り込む穴が少ないのがmac miniなどの課題のため、効果の高さは期待できない可能性があります。

対策3: 冷却アプリの使用

MacBook、mac miniのファンを、冷却アプリでコントロールして、熱暴走を抑えるという方法もあります。「Mac Fan Control」「Fan Control」といったアプリが無料で使用することが出来ます。

対策4:修理業者に依頼する

状況によっては、修理業者に頼ることも大切です。macの熱暴走対策のほか、熱暴走の症状だと判断していた、フリーズ、落ちる、起動しない、といったことが、別の原因で解決する可能性もあります。特に、Macが何もしてないのに熱いという場合には、専門家に頼るのが安全といえます。

対策5:内部の清掃をする

実は、熱暴走の効果的な対策としては、内部の冷却ファンを清掃することです。しかし、前述の通り、Macの裏蓋を開けてしまうとAppleの保証外なってしまうため、あまり積極的にはおすすめできません。

Part3:熱暴走で消えたMacbookデータを復元する

最後に、熱暴走が起こしたMacBookがデータを消失した場合に、データ復元の対策について、ご案内いたします。データ復元は、専門ソフトを利用すると、時短で安全に実行できます。Tenorshare 4DDiGであれば、事前の設定を必要とせず、簡単な手順で、様々な種類のデータを復元することが可能です。

4DDiG(Mac版)をインストールし、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

 

紛失したファイルの元の保存場所を選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。
macデータ復元
そこから復元したいデータやファイルを選択していきましょう。ファイルの種類や、ファイル名から検索なども可能です。復元したいデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。
macデータ復元
データの新しい保存先を選択し、「OK」をクリックすると、復元作業が開始されます。

*復元データの新しい保存先は、元の保存場所にはしないでください。元の場所にあったデータが上書きされてしまい、データの復元が不可能になる恐れがあります。

Part4:まとめ

Macの熱暴走にお悩みの方へ、原因と対策についてご案内させていただきました。Macの熱暴走は、操作中に突然落ちる、フリーズする、といった不快な症状と引き起こし、最悪の場合、データの消失まで発生する困ったトラブルです。万一、熱暴走によりデータが失われた場合は、可能な限り早くデータの復元を行うことをおすすめします。データ復元ソフト4DDiGであれば、まず削除したデータを復元可能か、スキャン実行までは無料で行うことが出来ます。復元可能とわかってから、ライセンス購入出来ますので、無駄なく安心してご利用可能です。

データの復元にはデータ復元ソフト4DDiGを使用します。誰でも簡単にデータを復元させることができます。

(この記事を評価する)

平均点4.5 人が参加しました)