Macで保存されていない、または削除されたQuickTimeの録音データを復元するには?

authorPic 村上和也 最終更新日 2022-04-29 16:22:21コンピューターデータ復元に行く

macOSのQuickTimeは、無料で録画やビデオクリップを作成できる優れたアプリです。チュートリアルビデオを公開するためにこれを使用しているユーチューバーもいます。もしも、Macでスクリーン/動画/音声の録画中にQuickTime Playerがクラッシュし、ファイルが保存できなかった場合は、どうすればよいでしょうか。Macで保存できなかったり、削除されたQuickTimeのデータを復元するための効果的な3つの方法について見ていきましょう。

how to recover unsaved or deleted quicktime recordings on Mac

パート1:Macで保存できなかったQuickTimeのスクリーンや録音データを復元する方法

MacのQuickTimeが作成するファイル形式は、録音(オーディオ)、スクリーンレコーディング、Macのカメラによる動画の3種類です。録音データはM4Aファイル、映像・動画はMOVファイルで保存されます。QuickTimeのデータを回復し、損失なくアクセスするためには、これらのファイル形式についての理解する必要があります。

方法1.自動保存から、QuickTimeで保存できなかったスクリーンや録音データを復元する

macOSの自動保存は、プレビューやQuickTime Playerなどの様々なmacOSアプリケーションのデータを、ユーザーが保存する前に自動的にデータを保存する優れた機能です。QuickTime Playerのファイルが自動保存されている場所が分かれば、保存できなかったデータを取り出せるということになります。

Step 1: トップ画面からアップルのアイコンを押して、「移動」→「フォルダへ移動」をクリックします。

how to recover unsaved or deleted quicktime recordings on Mac from AutoSave location

Step 2: リンクをコピー&ペーストし、「移動」をクリックします。

how to recover unsaved or deleted quicktime recordings on Mac from AutoSave location

Step 3: Quick Timeのオーディオやビデオが自動保存されている場所を探します。

recover unsaved or deleted quicktime recordings on Mac from AutoSave location

Step 4: 目的のファイルを右クリックし、「このアプリケーションで開く」から「QuickTime Player」を選択します。

recover quicktime recordings on Mac from AutoSave location recover unsaved QuickTime Recordings from AutoSave location

Step 5: ファイルを保存します。

Step 6: ファイルの名前を変更し、スクリーンレコーディングの復元から保存してください。

recover unsaved QuickTime Recordings

方法2:一時ファイルから、保存できなかったQuickTimeのスクリーンレコーディングや録音データを復元する

保存されていないQuickTimeのオーディオデータを復元するもう一つの方法は、一時フォルダを使用することです。必ずうまくいくとは限りませんが、試してみる価値がある方法です。

Step 1: 「Finder」→「アプリケーション」に移動し、ターミナルを起動します。「open $TMPDIR 」と入力し、Enterをクリックしてコマンドラインを起動します。

recover unsaved QuickTime Recordings from Temporary Folder

Step 2: 「一時フォルダ」→「TemporaryItems」に移動し、目的のQuickTimeのデータを確認します。QuickTime Playerでアクセスし、任意の場所に保存してください。

recover unsaved QuickTime Recordings from Temporary Folder

パート2:Macで削除されたQuickTimeの録音データを復元する方法

誤ってMacでQuickTimeの録画を削除した場合は、まずゴミ箱から探します。削除されたデータは30日間、ゴミ箱に保存されています。では、ゴミ箱を空にした場合はどうすればよいでしょうか。この場合、データを取り戻すには、Tenorshare 4DDiGのような信頼できるデータ復元ツールが必要になります。 Tenorshare 4DDiG Macデータ復元は、画像、動画、ドキュメントなど、Macのハードドライブや外部メモリカードから目的のファイルを確実・簡単に復元できるソフトウェアです。このガイドでは、このソフトウェアでMacのQuickTimeのデータを復元する方法についての概要をご案内いたします。

  • プレビューオプションで使いやすさと高い生産性を実現
  • データの有効性を保護
  • ファイルを書き換えることなく文書を復元、他のファイルによる書き換えを防止
  • 高いデータ復元率
  • 3クリックで簡単にデータを復元。専門的な知識は不要
  • macOS Monterey、macOS Big Sur、macOS 10.15 (Catalina)およびそれ以前のバージョンに対応

4DDiGでQuickTimeの録画を復元する方法は、以下の通りです:

    4DDiG(Mac版)をインストールし、起動します。

    無料ダウンロード

    PC用

    安全的にダウンロード

    無料ダウンロード

    Mac用

    安全的にダウンロード

     

    紛失したファイルの元の保存場所を選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。
    macデータ復元
    そこから復元したいデータやファイルを選択していきましょう。ファイルの種類や、ファイル名から検索なども可能です。復元したいデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。
    macデータ復元
    データの新しい保存先を選択し、「OK」をクリックすると、復元作業が開始されます。

    *復元データの新しい保存先は、元の保存場所にはしないでください。元の場所にあったデータが上書きされてしまい、データの復元が不可能になる恐れがあります。

      パート3:QuickTimeのスクリーンレコーディング/音声データが保存できない場合の対処法

      • ヒント1: お使いのmacOSに最適なQuickTime Playerを選ぶ
      • macOSやアプリストアで新しいバージョンがリリースされた場合、最新版にアップグレードすることが推奨されていますが、iMovieとQuickTime Playerについては、必ずしも必要とはいえません。複数のMacユーザーによると、最新バージョンにアップグレードする際に必ず不具合が発生し、一度遅くなった後で正常に動作するようになるとの声があります。その原因はわかっていませんが、以前からお使いのQuickTimeプレーヤーの動作に問題がない場合は、最新版にアップグレードせずにそのまま使用したほうがよい場合があります。

      • ヒント2:新規の録音データのために十分な空き容量を確保する
      • QuickTimeの録画は最小限のものではありません。新規データを取得する際に十分な容量がないとプログラムがクラッシュしてしまいます。空き容量の確保は、Macのクリーンアップやファイルのバックアップなど、日頃のメンテナンスにとっても重要です。

      • ヒント3:CPUを大量に消費するアプリを停止する
      • Mac上で1つまたは複数の重いプログラムが動作して大量のCPUを消費すると、他のアプリケーションが正常に動作しなくなったり、応答が遅くなったり、プログラムが動作しなくなったりすることがあります。QuickTimeで録画する際には、できるだけ他のアプリを使用しないでください。

      • ヒント4:QuickTimeでタスクを追加しない
      • QuickTime Playerは、ビデオの再生や録画などを同時に効率よく作業を行うことができます。しかし、データが保存されないことを防ぐには、QuickTimeで行うタスクを1つに絞り、既存の録音に集中させることをおすすめします。

      QuickTimeのスクリーンレコーディングに関するFAQ

      1.Macで録画した画面はどこに保存されていますか?

      QuickTimeのデータを以下の場所(パス)に保存されます。/Library/Containers/com.apple.QuickTimePlayerX/Data/Library/Autosave Information/ 以下のように保存を選択してファイルを保存しない限り、データは自動保存の保存先に保存されます。

      2.QuickTimeのスクリーンレコーディングのサイズを小さくするには?

      Step 1: QuickTime Playerを起動します。

      Step 2:動画を選択するためのポップアップが表示されることがあります。表示されない場合は、「ファイル」→「ファイルを開く」を選択します。

      Step 3: 「ファイル」→「名前を付けてエクスポート」を選択します。

      Step 4: ビデオの解像度のリストが表示されます。一番低い解像度を選択します。

      Step 5: 動画に名前を付け、保存場所を選択します。

      3.QuickTimeの動画を保存できない原因は?

      空き容量の不足やファイルサイズの制限によってデータを保存できなくなります。そして、保存されていないデータを回復することはできません。長時間の録画は、十分な空き容量を確保してから行うか、部分的に録画してiMoviesや他のサードパーティアプリケーションを使って同期させることをおすすめします。十分な空き容量があってストレージに余裕があっても、動画の保存時にQuickTimeがフリーズしてしまうと録画は保存されません。この場合、アプリを強制停止して正常に動作するように戻す必要があります。起動時のインターフェースで終わってしまい、せっかくの録音が台無しになってしまいます。

      最後に:

      macOSの自動保存オプションから、データを取り出すには複数の方法がありますが、他のファイルで上書きされる前にデータを取り出す必要があるため、必ずしも成功するとは限りません。うまくいかなくても、心配は不要です!

      効率的であらゆる種類のメディアに対応したサードパーティのアプリケーションを使用すれば、QuickTimeのスクリーンレコーディングが保存できない問題を解決することができるからです。4DDiG Macデータ復元 は、失われた録音や動画を復元できる、最適かつ最も安全なソフトウェアです。データの品質を落とさずに目的のデータを細部まで検索してデータを復元します。

4DDiG - Mac/Windows Data Recovery
高い復元率のデータ復元ソフトー4DDiG

✔どんな状況でも、すべてのデータを復元できる(Windows 11/10も対応)

✔画像、動画、ドキュメント、オーディオなど、1000 種類以上のファイルを復元する

✔フォーマット、パーティションの破損、システムのクラッシュ、ウイルス攻撃などにより失われたファイルを復元する

✔専門知識は要りなくて、たっだ3ステップでデータを復元できる

(この記事を評価する)

平均点4.5 人が参加しました)