USBメモリのデータが消えた時の復元方法は?復元方法や注意点を解説

USBメモリが物理障害ではない場合は、Tenorshare 4DDiGのようなデータ復元ソフトを利用する方法でも、削除したUSBのデータを復元できる可能性があります。

5分で読める

カテゴリ:USB復元|更新日:2024-07-10 18:48:03

質問

「USBのデータ復元方法を教えてください。写真を保存していたのですが、パソコンで読みとれなくなってしまいました。なにか方法はありませんか?」

ーYahoo知恵袋

最近では使い勝手の良い外部ストレージとして、USBメモリがよく使われています。このUSBメモリのデータを削除した後で復元はできるのでしょうか。復旧は難しいのではと思う人も多いですが、実は削除したばかりのデータであれば、復旧できる可能性は高いのです。

この記事では、削除してしまったUSBメモリ内のデータの復元方法や、復元原理、復元の際の注意事項などをご紹介します。

Part 1: USBメモリ復元の原理について

USBメモリのデータを復元できる原理について紹介しておきます。データ容量を確保するなどの理由から、ファイルを削除した時に誤って必要な物も消してしまうケースは多いでしょう。

フォルダの中を見てもデータが表示されないため、諦める人も多いのですが実は目に見えないだけでまだデータは残っているのです。削除したあとも表示はされませんが、空き領域の中で残っていて新しく領域を使われると上書きされていく形だからです。つまり上書きされる前であれば、データを抽出することができます。

Part 2: 削除したUSBメモリのデータを復元する方法

方法1.「以前のバージョンを復元」機能で復元する

「以前のバージョン」機能を活用すれば、 削除されたUSBメモリ内のデータやファイルを復元できる場合もあります。

  • USBメモリを接続。復元したいデータやファイルが格納されていたフォルダを選択

  • 右クリック→「プロパティ」をクリック

    open usb property
  • 「以前のバージョン」タブをクリック→バージョンを選択して「復元」をクリック

    recover usb previous version

方法2.データ復元ソフトを利用する

USBメモリが物理障害ではない場合は、データ復元ソフトを利用する方法でも、ファイルを復元できる可能性があります。

ここでは、USBメモリのデータを、復元できるソフトTenorshare 4DDiGを紹介します。

Tenorshare 4DDiGは、誤って削除したデータから、システムクラッシュ、フォーマット、データの破損、悪質なウイルスなどで失ったデータまで復元できる強力なソフトです。

  • USBメモリ/SDカード、ノートPC、内蔵・外付けHDD、NASストレージなど、様々なデバイスのデータ復元に対応
  • 写真、動画、文書、音声など2,000種類以上のファイルタイプのデータ復元にも対応
  • 削除/フォーマット、パーティションの削除/破損、PCクラッシュ、ウイルス攻撃などによって失われたデータの復元
無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • スキャン対象の選択:

    Tenorshare 4DDiGの公式ウェブサイトからソフトウェアをダウンロードし、パソコン上にインストールします。インストールが完了したらアプリケーションを起動します。復元したいデータが存在するドライブやパーティションを選択して、スキャンします。

    「スキャン」
  • ファイルのプレビュー:

    削除されたファイルを全てスキャンするのには時間がかかります。スキャン結果が出ましたら、詳細をプレビューするためにお探しのファイルタイプをクリックすることができるようになります。

    ファイルのプレビュー
  • 復元場所の選択:

    復元したファイルの保存場所を選択します。 なお、元の場所に直接データを復元するのはおすすめしません。異なる場所、例えば外部ドライブにデータを保存することを検討してください。

    復元場所の選択
    注意:

    保存パスを元の場所を選択すれば、データが上書きして復元できない恐れがあります。

Part 3: USBメモリを復元する際の注意事項

USBメモリを復元する際には、以下の注意事項に留意することが重要です。

  • ①データの上書きを避ける:新しいファイルをUSBメモリに保存したり、復元対象のデータが含まれる可能性のある操作を避けてください。上書きされると、復元が困難になることがあります。
  • ②物理的な損傷に注意する:USBメモリは物理的な損傷に弱い場合があります。復元を試みる前に、USBメモリの接続部やケーブルが正常であることを確認し、破損や損傷がないか注意してください。
  • ③適切なデータ復元ソフトウェアを使用する:USBメモリのデータ復元には、適切なデータ復元ソフトウェアを使用する必要があります。Tenorshare 4DDiGのような信頼性の高いソフトウェアを選び、公式のウェブサイトから入手してください。

まとめ

以上、削除してしまったUSBメモリ内のデータの復元方法や注意点などを紹介しました。実は誤って削除をしたとしても、データそのものは完全に削除されたわけではないので、「以前のバージョン」機能や専用の復元ソフトを利用すれば復活も可能です。事前にファイルをバックアップしたことがない場合は、データ復元ソフトTenorshare 4DDiG を使ってください。操作もシンプルで使いやすいため、人気となっています。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

加藤篤人 (編集者)

4DDiGの編集長として、データ復元、ファイル修復、重複ファイルの削除、パーティション管理、あらゆる種類のパソコンの問題に対するエラー修復など、Windows および Mac 関連の問題に対する最適な解決策を提供することに専念しています。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)