USBメモリ内の隠しファイルを復元する方法

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2021-09-10 09:37:52USB復元に行く

「隠しファイル」をご存知ですか?隠しファイルとは、他人に見せたくないデータやファイルに設定できるもので、ごみ箱や検索窓でデータを探しても、設定を変えない限り表示されません。それ故に、USBやデバイスのエラーなどで隠しファイルが削除されてしまうと、見つからなくなってしまいます。さらに厄介なことに、普通のファイルが突然隠しファイルとなり、表示されなくなる可能性もあるのです。

ここでは、「USBメモリ内の隠しファイルを復元する方法」と題して、USBメモリの隠しファイルを表示する方法と、USBメモリの隠しファイルを復元する方法をご紹介いたします。

Part 1: USBメモリの中の隠しファイル/フォルダーを表示する方法

ウイルス感染や何らかのエラーで、ファイルが突然隠しファイルとなり、非表示になっている可能性があります。ここでは、隠しファイルを表示させる方法をご紹介します。

Attribコマンドで隠しファイルを表示する

Windows + Rキーを押して表示された「ファイル名を指定して実行」画面で、「cmd」と入力して「OK」ボタンを押し、Windowsのコマンドプロンプト画面を表示させます。
cmdと入力
コマンド「attrib –h –r –s /s /d E(USBのドライブ文字):\*.*」を入力して「Enter」を押します。

Part 2: USBメモリの隠しファイルを復元する方法

USBやデバイスのエラーなどで隠しファイルが削除されてしまうと、見つからなくなってしまいます。USB内の隠しデータを自分で探すことなく簡単に復元することは可能なのでしょうか?データ復元ソフト4DDiGを使えばそれが可能です。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

  • ステップ 24DDIGを起動させると、どの場所のデータを復元するかを聞かれますので、USBを選びましょう。
  • usbメモリを接続
  • ステップ 3スキャンを開始すると、選択された場所にある削除されたデータをリスト化してくれます。
  • usbメモリをスキャン
  • ステップ 4データの一覧が出てくるので、そこから復旧したいものを選択して、画面下部にある復元をクリックしましょう。
  • 復元したいデータを選択

Part 3: まとめ

USBメモリの隠しファイルを表示する方法と、USBメモリの隠しファイルを復元する方法をご紹介しました。隠しファイルを非表示から表示へ変更する方法もご紹介しましたが、データ復元ソフト4DDiGを使えば、USB内の隠しデータを自分で探すことなく簡単に復元することが可能です。事前設定や専門知識も不要なのでオススメです。

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)

人気記事