SDカードから消えた動画を復元

authorPic 村上和也 最終更新日 2021-10-15 11:23:30SDカードに行く

デジカメなどで撮影した動画や、パソコンで編集した動画などをSDカードに保存するケースはよくあるかと思います。しかし、間違って削除してしまった、SDカードやデバイスに不具合があったなどで、SDカード内の動画が消える、または動画データが破損して再生できなくなるなどのトラブルも多く発生しています。SDカードから消えた動画は、復元することが可能なのでしょうか?

ここでは、SDカードから消えた動画を復元できるアプリと、データを復元する際の注意点をご紹介していきます。

Part 1: SDカードから消えた動画を復元する方法

SDカードから消えてしまった動画の復元は、データ復元アプリTenorshare 4DDiGを使うと可能になります。ここでは、4DDiGを使ったデータの復元方法について説明していきます。

Tenorshare 4DDIGをインストールして起動します。SDカードをパソコンに接続します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

挿入されたSDカードを選択し、「スキャン」をクリックしましょう。
SDカードを選択してスキャンをクリック
SDカード内のすべてのデータが表示されますので、そこから復元したいデータを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わると、画面の右下にある「復元」をクリックします。復元するデータの保存先を選択して、「OK」をクリックで実行されます。
復元をクリック

注意: データの新しい保存先は、元の保存場所にはしないでください。

Part 2: SDカードから消えた動画を復元する注意事項

この部分は、SDカードから消えた動画を復元する上で大切な注意事項をご紹介します。

バックアップをとっておく

SDカードは薄いので、物理的にも破損しやすい媒体です。また、一般的にSDカードは寿命が短いと言われており、使用して2~3年経つと何かしらのトラブルが発生する可能性が大いにあります。 大切なデータであれば、SDカードだけに保存するのではなく、違う媒体にもバックアップをとっておきましょう。

二次フォーマットはしないこと

SDカードから動画が消えたように見えても、実際は残っている可能性が高いです。そのため、動画が消えていても、SDカードをフォーマット(初期化)しないようにしましょう。

SDカードに新しいデータを保存しない

SDカード内の動画データがなくなったように見えても、消えたデータの元の保存ファイルは残っています。 しかし、SDカードにまた新たにデータを保存してしまうと、消えたデータの元の保存ファイル情報が上書きされたり、ファイルが破損したりする可能性があります。したがって、動画が消えたSDカードに新しいデータを保存しないようにしましょう。

破損したSDカードの継続使用はNG

先ほども示したように、SDカードからデータがなくなったように見えても、実際はSDカードに残っている可能性が高いです。また、1度何かしらの不具合が起きたSDカードは、また同じトラブルを起こすと考えた方が良いでしょう。 そのため、SDカードそのものやSDカード内のデータが破損した、または動画が再生できないなどのトラブルが発生した時点で、データが復旧するまではそのSDカードを使用せず、またデータを復旧した後でもそのSDカードは寿命が来たと考えて使うのは避けましょう。

Part 3: まとめ

この記事はSDカードから消えた動画を復元できるアプリTenorshare 4DDiGと、SDカードから動画データを復元する際の注意点についてご紹介しました。SDカードから消えた大切な動画データを、データ復元ソフトTenorshare 4DDiGを使用することで復元することが可能です。また、復元する前にSDカードのフォーマットや、新しいデータの書き込みなどはしないように注意しましょう。

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)

人気記事