最近は動画を自分で撮影・編集する人が増え、動画ファイルのバックアップやデータ移動にUSBメモリを使う人もいるかと思います。しかし、間違って消してしまったり、USBメモリが破損したりして動画がなくなってしまった経験はありませんか?

動画の削除はよくある話です。万が一に備え、USBドライブの動画を復元できる方法を今回の記事でマスターしてください。今回はUSB内の動画を復元する方法と、おすすめのデータ復元ソフトをご紹介します。

  1. Part1:USBメモリ内のデータが消える原因
  2. Part2:USBメモリの削除された動画ファイルを復元する方法
  3. Part3:データ復旧ソフト4DDiGでファイルを復元する手順
  4. Part4:まとめ

Part1:USBメモリ内のデータが消える原因

USBメモリ内のデータが消える原因には、主に次の4つがあります。

1.誤って削除

パソコンのデータを削除した場合はごみ箱から復元できますが、USBメモリの場合は完全にデータが削除されてしまいます。

2.USBメモリをフォーマットした

USBメモリのフォーマット(初期化)は、USBメモリ内のデータがすべて消えてしまうので要注意です。特にUSBメモリのエラーで「フォーマットしますか?」という画面が表示され、指示に従ってフォーマットしてしまう場合があります。

エラー修正をすれば直る可能性があることと、フォーマットする前にバックアップやデータ移行できる場合は事前にしておくことをおすすめします。万が一、フォーマットした場合は、次にご紹介するデータ復元ソフトをすぐに利用しましょう。

3.ウイルス感染

USBメモリや中のデータがウイルス感染して、データが消えることがあります。ウイルス対策ソフトを使用した上で、データ復元ソフトを利用すればデータを復元できます。

4.USBメモリが破損している

USBメモリの接続端子に傷やホコリがつく、または接続端子が折れ曲がって破損するケースがあります。高温多湿での保管や水没も故障の原因になります。このような物理的な破損だと復元ソフトによるデータ復元は難しく、復旧業者にダメ元で依頼するしかありません。

一方で、USBメモリ内部のデータの破損(倫理障害)であれば復元ソフトが利用できます。倫理障害は間違ったUSBメモリの使い方をしたり、デバイス側が予期せぬ動作を起こしたりすると発生します。

具体的には「データの読み書き途中でUSBメモリをデバイスから抜いた」「デバイスがバッテリー切れや停電などで強制的に停止した」などが挙げられます。

Part2:USBメモリの削除された動画ファイルを復元する方法

方法1. データ復旧ソフトでUSBメモリの削除された動画ファイルを復元

データ復旧ソフトは色々ありますが、簡単な操作で高い復旧率が必要です。また、フリーソフト・無料版と打ち出していても、有料版を購入しないと機能のほとんどを利用できないソフトはおすすめできません。また、オンラインのデータ復元方法は情報漏洩の危険からおすすめできません。

そんな中で今回ご紹介するのは4DDiGです。4DDiGは、誤って削除したデータから、フォーマット、ウイルス感染、データやシステムの破損などで失ったデータまで復元できる強力なソフトです。

4DDiGは、1000種類を超えるファイル形式に対応し、パソコンやUSBメモリ、SDカードなどのあらゆるデバイスを高速スキャンし、非常に高い確率でデータを復元することが可能です。

次のPart3で操作方法を具体的にご紹介します。技術的な知識がなくてもデータを復元できたとして高い評価を得ています。まずは無料ダウンロードして試してみましょう。

無料ダウンロード
PC向け

安全的なダウンロード

無料ダウンロード
MAC向け

安全的なダウンロード

方法2. USBメモリ復旧業者に相談する

データ破損がUSBメモリの物理障害によるものである場合は、自力での解決は難しく、データ復旧サービスを提供する専門業者に依頼する必要があります。

おすすめのデータ復元業者は、「デジタルデータリカバリー」です。デジタルデータリカバリーは24時間対応の無料診断・無料相談ダイヤルを設けており、11年連続で日本国内売り上げ1位、データ復旧率も95.2%と高い水準を誇るデータ復旧サービスの専門業者です。

データ復旧サービスは費用が掛かりますが、万が一、データの復旧ができなかった場合は費用を取らない業者もあります。「デジタルデータリカバリー」は、USBメモリを診断するだけであれば無料で、もしデータが復旧できなければ作業代金も発生しません。

Part3:4DDiGでUSBメモリの削除された動画ファイルを復元する手順

ここでは、データ復旧ソフト4DDiGでSDカードからデータを復元する手順を紹介します。

  1. 4DDIGデータ復元ソフトをインストール、起動させます。

  2. ファイルの場所を選択

    ファイルが失われた場所にマウスを置き、「スキャン」をクリックします。

    ファイルの場所を選択
  3. ファイルの検出

    しばらく待つと、指定した場所にあるすべてのファイルが表示されます。

    ファイルを検出
  4. ファイルのプレビューと復元

    復元するファイルを選択して右側の「プレビュー」をクリックして選択された写真を確認できます。そして、右下の「復元」をクリックし、保存場所を指定すると、ファイルがすぐに復元されます。

    ファイルのプレビューと復元
    注意:: 保存パスを元の場所を選択すれば、データが上書きして復元できない恐れがあります。

Part4:まとめ

USBメモリから動画が消える原因と復元方法、おすすめのデータ復元ソフト「4DDiG」でUSBメモリの動画を復元する具体的な手順をご紹介しました。USBメモリから動画が消えることはよく聞くケースです。動画が消えたと分かった時点ですぐに対処する必要があります。USBメモリが物理的に故障したのでなければ、4DDiGを無料ダウンロードして大切な動画をすぐに復元しましょう。

4DDiG - Mac/Windows Data Recovery

Tenorshare 4DDiG USB復元

4DDiGは、USBフラッシュドライブ/ SDカード/ Windows / Macで失われたすべてのデータを、削除、フォーマット、RAWなどのさまざまな損失シナリオからより高い成功率で回復するための選択肢です。

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)