PS4データベースが壊れていますという問題の解決方法は?

5分で読める

カテゴリ:パーティション管理|更新日:2024-06-14 17:15:41

PlayStation 4(PS4)を長く使っていると、時折「データベースが壊れています」というエラーメッセージが表示されることがあります。これは、ゲームやアプリのデータが正常に読み込めなくなる症状です。PS4データベースが壊れる原因はさまざまですが、主にハードディスクの故障や、ファイルシステムのエラーが考えられます。 この問題を解決するために、PS4セーフモード データベース再構築や、最終的にはPS4初期化を試すことが必要になることがあります。ここでは、PS4データベースが壊れた場合の対処法や、データ損失を防ぐためにできること、さらに、壊れたデータベースに関するよくある質問について解説します。

Part1.PS4のデータベースが壊れた症状:

PS4のデータベースが壊れると、以下のような症状が見られることがあります:

  • ①ゲームやアプリが正常に起動しない
  • ②セーブデータが読み込めない、または破損している
  • ③PS4が頻繁にフリーズする
  • ④ゲーム中にエラーメッセージが表示される
  • ⑤ダッシュボードの動作が遅くなる

これらの症状が現れた場合、PS4のデータベースが壊れている可能性があります。

Part2.PS4のデータベースが壊れた場合の対処法

データベースの破損は、PS4の動作に影響を与える可能性があります。以下の対処法で問題を解決しましょう。

方法1.データベースを再構築して壊れたデータを修復する

「データベースの再構築」はPS4の内蔵機能であり、PS4で発生する様々な問題を解決し、PS4のデフラグを行うことで破損したデータを修正することができます。したがって、PS4で破損したデータのエラーが発生した場合、「データベースの再構築」を実行することをお勧めします。

  • フロントパネルの電源ボタンを押して、デバイスの電源を切ります。

  • PS4の電源が切れたら、2回目のビープ音が表示されるまで電源ボタンを押し続けます。

  • PS4コントローラをUSBケーブルで本体に接続し、コントローラのPSボタンを押してPS4のセーフモードに入ります。

  • 以下の画面が表示されたら、「データベースを再構築する」を選択し、プロセスが完了するまでじっと待ちます。

  • 最後に、PS4の電源を入れて、破損したエラーが修正されたかどうかを確認できます。

方法2.PS4データベースが壊れていますか?ハードディスクを修理してみよう!

データベースの再構築だけでは問題が解決しない場合、ハードディスクそのものに異常があるかもしれません。4DDiG Partition Managerをお勧めします。4DDiG Partition Managerは、パーティションの修復や管理に役立つツールです。パーティションのエラーや壊れた部分を修復することで、PS4のデータベースの問題を解決できる可能性があります。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • 4DDiG Partition Managerをインストールして起動します。左のメニューバーで「パーティション回復」を選択し、「パーティションを修復する」を選択します。

    修復したいパーティションを選択
  • 修復したいパーティションがあるディスクを選択し、「今すぐ修復」をクリックして進みます。

    「今すぐ修復」をクリックして進みます
  • パーティションの修復に成功したら、「完了」をクリックします。

    パーティションの修復に成功します
ノート

パソコン2台分のライセンスが登場し、ディスク管理がより便利に!

方法3.PS4のデータベースが壊れた場合、PS4を初期化する

PS4の初期化手順はとっても簡単ですが、システムストレージに保存されているデータをすべて削除し、設定もデフォルトに戻ってしまうのです。そのため、PS4を初期化する前に、必ずバックアップを取っておいてください。

  • PS4の設定に入ります。

  • 下にスクロールして、「初期化」を選択します。

  • 今度は、「PS4を初期化する」を選択します。

    PS4を初期化する
  • PS4の初期化には、「クイック」と「フル」2つの方法があります。どちらかを選択してアクションを実行してください。

  • 「すべてのユーザーとすべてのデータを削除します」という警告メッセージが表示されるので、初期化ボタンを押して操作を確定します。

Part3.PS4データベースが壊れた場合、データ損失を防ぐためにできること

データベースが壊れたときのデータ損失を防ぐため、以下の予防策を実施しましょう。

1.定期的にバックアップを取る

データ損失を防ぐためには、定期的にバックアップを取ることが重要です。PS4の設定メニューからUSBドライブやクラウドにバックアップを保存できます。

2.電源を正しく切る

PS4の電源を正しく切らないと、データベースの破損につながる可能性があります。電源ボタンを使用して、正常にシャットダウンしましょう。

3.ハードウェアの故障に備える

ハードディスクの故障がデータベース破損の原因となることがあるため、予備の外付けハードディスクやSSDを用意しておくと安心です。

Part4.さいごに

PS4データベースが壊れると、ゲームやアプリの動作に影響を与えます。この記事で紹介した対処法を参考に、データベースの再構築やパーティション修復を試してみましょう。4DDiG Partition Managerをお勧めします。4DDiG Partition Managerは、パーティションの修復や作成、サイズ変更など、さまざまな機能を提供しています。データ損失を防ぐためには、定期的なバックアップやハードディスクのメンテナンスも重要です。これらの対策を実施し、PS4のデータベース問題を解消しましょう。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

Part5.PS4のデータベースが壊れている場合のよくある質問

1.PS4セーブデータが壊れる原因はなんですか?

セーブデータが壊れる原因としては、ハードディスクの故障や、PS4の電源を正しく切らなかったことによるデータベースの破損が考えられます。

2.PS4の寿命はどのぐらいですか?

PS4の寿命は、使用状況やメンテナンスによりますが、一般的には5~7年程度とされています。ハードディスクの故障や冷却ファンの不具合などが寿命を短くする可能性があります。

村上和也 (編集者)

データ回復、Windows および Mac 関連の問題に関する執筆を専門としており、多くの人々にコンピュータの問題に対する効果的な解決策を提供してきました。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)