「Macで上書きされたpdfを復元したいのだけれど、どうすればいい?パソコンの知識はあまりないから、簡単な方法を教えて欲しい。」と考えている方もいるかもしれません。

パソコンをよく使っている人であれば、上書きしたPDFを元に戻したいと感じることもあるでしょう。この記事では、PDFが消えた原因と復元する方法を解説していきます。

  1. Part 1:PDFが消えた原因
  2. Part 2:Macで上書きされた消えたPDFを復元する方法
  3. Part 3: まとめ

Part 1: PDFが消えた原因

「なぜかPDFが消えているのだけれど、どうして?」と疑問に思われる方も多いでしょう。

PDFが消えた原因は、大きく分けて3つあります。

1.誤ってゴミ箱からも削除してしまった

PDFが消えた原因で1番多いのは、誤って削除してしまったことです。本当は不要なPDFではないのにもかかわらず、間違えてPDFを削除してしまうこともあります。

まだゴミ箱に入っている場合もあるため、この場合は一度ゴミ箱を確認してみるのも良いかもしれません。ゴミ箱からも削除してしまったとき、ごみ箱から復元できないです。

2.パソコンで急にエラーが表示されている

パソコンで急にエラーが表示されたことによって、PDFが消えてしまうこともあります。

3.上書きしてしまった

PDFを上書きされていることによって、以前のPDFが表示できないこともあります。

Part 2: Macで上書きされたことによって、消えたPDFを復元する方法

「元データを戻したいのだけれど、どうすればいいの?」と疑問に思われる方も多いでしょう。

消えたPDFを復元する方法は、主に4つあります。

方法1.「Time Machine」でPDFを復元する

Mac純正アプリの「Time Machine」を活用することによって、Macで上書きされたことによって、消えたPDFを復元できることがあります。しかしバックアップがないと復元できないため、必ず復元できるというわけではありません。

  1. 「Time Machine」を起動します。

    「time machine」を起動
  2. 復元したいファイルを探します。左側にある項目で「デスクトップ」や「ダウンロード」などが切り替えられ、検索機能を利用することも可能です。

    復元したいファイルを選択
  3. 右側のタイムラインを見て、復元したい日時を選びます。
  4. 復元したいファイル・日時のものを探せたら、「復元」をクリックします。これで手順は完了です。

    復元

方法2.自動保存機能(バックアップ)から復元

Adobeのソフトには「自動保存」という機能があり、データの紛失を防ぐことができます。デフォルト設定としてAdobeの自動保存機能がオンにされており、一般的には5分間間隔で編集中のファイルを保存します。

しかし、Web キャプチャ機能を使用して文書を作成した場合などには、自動保存機能が有効になっていないことに注意してください。自動保存機能を適応したい場合には、一度ファイルを保存してください。

方法3.専門のデータ復元ソフトを利用して、上書きされたPDFを復元

Macで上書きされたことによって、消えたPDFを復元するには、データ復元ソフト「4DDiG」などの専門のデータ復旧ソフトを利用することがオススメです。復元ソフトを活用したほうが復旧業者に頼むよりも、金額が安く、短時間で復元可能。

自分で操作する必要がありますが、復元方法は簡単なので、PCの知識がなくても復元できるでしょう。ここでは対応しています。データ復元ソフト4DDiGで、Macで上書きされたことによって、消えたPDFを復元する使い方を解説します。

  1. ホームページからてください。Macデータ復元ソフト4DDiGをインストールします。Windows版では正しく利用できないため、必ずMac版をインストールしてください。

  2. ファイルが失われた場所を選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。

    探しているファイルが見られない場合は、検索機能を活用してみましょう。検索機能は、file名をそのまま入力する方法だけではなく、キーワードでも検索可能なので、是非試してみて下さい。

    「スキャン」をクリック
  3. そこから復元したいデータを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。

    「復元」をクリック
  4. データの選択が終わったら、動画面右下にある「復元」をクリックしてください。あとは自動的にデータが復元されます。

    保存場所を選択
    注意:: 保存パスを元の場所を選択すれば、データが上書きして復元できない恐れがあります。

方法4.復旧業者に相談する

PDFの復元を専門としている、復旧業者がいるため、そういった業者に相談するのも1つの手です。しかし復旧業者に頼むには、多くのお金や時間が発生するため、あまりオススメできません。

Part 4:まとめ

以上、PDFが消えた原因と復元する方法を解説しました。

PDFが消えた原因には、誤って削除していたり、パソコンで急にエラーが表示されている、PDFが上書きされているの主に3つがあります。

PDFを復元するには、「Time Machine」の活用や復旧業者への相談、「4DDiG」などの専門データ復元ソフトを利用することが主に挙げられます。1番オススメしたいのが「4DDiG」などの専門データ復元ソフトを利用することで、早く簡単にPDFを復元可能です。

4DDiG - Mac/Windows Data Recovery

Tenorshare 4DDiG データ復元

4DDiGは、Windows / Macコンピューターで誤って削除されたWord、Excel、PowerPoint、メモ帳ファイルを復元できます。

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)