2024版|パソコンのゴミ箱から削除した写真を復元する方法

5分で読める

カテゴリ:Windowsデータ復元|更新日:2024-05-16 15:47:24

スマホやデジカメで撮影した写真のような画像データは気づかないうちにSDカードの中などにどんどん溜まってしまって、管理が大変になっていきます。整理しようとパソコンのゴミ箱に放り込んで空にしてしまった後になって、もう一度見たいと思い後悔したという方も多いのではないでしょうか?

どの写真もその日その場所の一点ものですので、再作成はできません。失った写真の復元方法について知っておいて損はないでしょう。

そこで本記事ではパソコンのゴミ箱から削除した写真を復元する方法をいくつかご紹介します。もう取り戻せないとあきらめる前にぜひ一度ご覧ください。

Part1.ゴミ箱の削除した写真は復元できるか

場合によりますが、ゴミ箱から削除した写真は復元できます。

  • 写真のような画像データを保存しているSDカードやストレージの構造上、データが削除されても表面上消えたように見えているだけで実際はデータが残っている場合があります。一度削除したそのようなデータを再度読み取れるようにするための、洗練されたデータ復元ソフトがありますので次のパートでご紹介します。
  • ディスク上のデータが残っている箇所が別のデータで上書きされるまでは、まだディスク上にはオリジナルのデータが存在しているということになります。対処は早ければ早いほど復元できる確率が高くなると言えます。
  • オンラインストレージで消したデータを元に戻す場合やWindowsの機能を使って写真を復活させるケースでは方法が異なります。これらの具体的な手順についても以下のパートでご説明しますのでご確認いただければと思います。

Part2.ゴミ箱から削除した写真を復元する手順

一度ゴミ箱から消した写真を復元する手順は場面によって違ってきます。いくつかの場面の中から代表的なものをここでは3点、それぞれ詳しくご説明します。大切な写真を取り戻すにあたって、これらの方法を知らずにあきらめるのはとてももったいないことです。まずは目を通してみてください。

方法1.データ復元ソフト4DDiGでゴミ箱から消えた写真を復元する

先ほども述べましたように写真をゴミ箱から消してまだ間もなければ、表面上OSから読み取れなくなっているだけかもしれません。そのような時はディスク上にまだ写真のデータが残っている可能性があります。そこでTenorshare 4DDiGの出番です。

Tenorshare 4DDiGは3ステップで写真をあっという間に復元できるパソコン用ソフトウェアです。このソフトを使うとどなたでも手軽にディスクをスキャンして、残っている写真を復活させることができます。詳しい手順は次のようになります。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • スキャン対象の選択:

    Tenorshare 4DDiGの公式ウェブサイトからソフトウェアをダウンロードし、パソコン上にインストールします。インストールが完了したらアプリケーションを起動します。復元したいデータが存在するドライブやパーティションを選択して、スキャンします。

    「スキャン」
  • ファイルのプレビュー:

    削除されたファイルを全てスキャンするのには時間がかかります。スキャン結果が出ましたら、詳細をプレビューするためにお探しのファイルタイプをクリックすることができるようになります。

    ファイルのプレビュー
  • 復元場所の選択:

    復元したファイルの保存場所を選択します。 なお、元の場所に直接データを復元するのはおすすめしません。異なる場所、例えば外部ドライブにデータを保存することを検討してください。

    復元場所の選択
    注意:

    保存パスを元の場所を選択すれば、データが上書きして復元できない恐れがあります。

方法2.PCでGoogleフォトから削除した写真を復元する

写真の整理のため日常的にGoogleフォトを使っているということがあると思います。Googleフォトでは削除した写真がまだゴミ箱に残っていれば次の方法で復元できます。

  • Googleフォトのサイトにアクセスしてログイン

  • 左サイドの「ゴミ箱」をクリック

    「ゴミ箱」をクリック
  • 元に戻したい写真を選択して右上の「復元」をクリック

    「復元」をクリック

これで復元完了です。

もしゴミ箱を空にしてしまっていたら、Googleフォトのサポートに連絡してみてください。

方法3. 以前のバージョンを使用してゴミ箱から消えた写真を復元する

データを上書きしたため写真が復元できないといった場合でも、「以前のバージョンの復元」機能を使えば写真を復元できるかもしれません。

手順は次の通りです。

  • エクスプローラー左端の「デスクトップ」上で右クリック→「プロパティ」を選択

  • 上部のタブから「以前のバージョン」を選択

    以前のバージョン
  • 「フォルダーのバージョン」欄で復元する版を選んで「復元」をクリック

これはWindowsが自動的に保存した日時の版を使用するものです。設定によっては以前のものが存在せず、「フォルダーのバージョン」欄には何も表示されていない場合があります。その時は別の方法を参照してください。

最後に

本記事では写真をパソコンのゴミ箱から削除してしまった時に使える復元方法についていくつかご説明してきました。あきらめる前に取れる手段があることがお分かりいただけましたら幸いです。

データ復元ソフトTenorshare 4DDiGを使う方法は中でも、もっとも心強い味方になり得るのでおすすめです。なぜなら長所としてまずは操作がたったの3ステップと簡単であること、写真を含めて、2000種類を優に超えるデバイスやファイル形式に対応していること、そして他にも機能としてフォーマットやPCクラッシュからのデータ復元が可能なことが挙げられるからです。ぜひ一度お試しください。

加藤篤人 (編集者)

4DDiGの編集長として、データ復元、ファイル修復、重複ファイルの削除、パーティション管理、あらゆる種類のパソコンの問題に対するエラー修復など、Windows および Mac 関連の問題に対する最適な解決策を提供することに専念しています。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)

以下も気に入るかもしれません