MacBookの容量不足?外付けSSDにデータを使用しましょう!

5分で読める

カテゴリ:重複ファイル削除|更新日:2024-07-10 18:48:20

MacBookなどを使用していると、ストレージ内のデータが溜まっていってしまい、パソコンの動作が重くなってしまいます。容量不足が進んでしまうと、日常的な作業にも時間がかかってしまい、ストレスが溜まっていきます。定期的にmacOSの容量不足を解決するための整理整頓が必要です。

そこで外付けSSDなどへのデータ移行があります。ここからはmacOSの容量不足時の外付けSSDへのデータ移行の方法を紹介します。

パート1:macOSの容量不足時の外付けSSDへのデータ移行について

外付けSSDとは、パソコンと接続して利用する外部記憶装置です。パソコン内のデータ容量が少なくなってきたときにデータをバックアップできる装置です。パソコン内のデータ容量が重くなった場合はSSDを購入してする方が多いですが、使用方法や選び方をマスターしておく必要があります。

MacBook向けの外付けSSDを選ぶ際の注意点

MacBook向けの外付けSSDを選ぶ際には、下記の要素をチェックする必要があります。

  • 端子は正しいか

  • 容量や転送速度は適切か

  • Time Machine機能に対応しているか

合わせて外付けSSDにはサイズなどもあるため、コンパクトなサイズものを選ぶと持ち運びもしやすいです。

パート2:macOSを外付けSSDにインストールする方法

macOSで外付けSSDを利用するためにはソフトをインストールする必要があります。ここからはmacOSに外付けSSDをインストールする方法を紹介します。

ステップ1:macOSをダウンロードする

まずはmacOSをダウンロードすることから始めます。このURLからApp StoreからmacOSをダウンロードします。App Store内にある「入手」からOSをダウンロードできます。

ステップ2:外付けSSD/HDDをフォーマットする

続いて、外付けSSDやHDDをフォーマットします。外付けのハードディスクではWindows専用の「NTFS」やWindowsとMacの両方で利用できる「exFAT」になっていることが多いです。

しかし、上記のフォーマットの場合はmacOSをインストールできません。そのため、下記の手順でmac専用フォーマットに変更する必要があります。

  • アプリケーションから「ディスクユーティリティ.app」を開く

  • 外付けSSDを接続して左上のサイドバーをクリックし、「すべてのデバイスを表示」を選択

  • 外付けSSDを選択

  • ポップアップ内で「MacOS拡張(ジャーナリング)」「GUIDパーティションマップ」を選択し、「消去」をクリック

ステップ3:起動可能なインストーラを作成する

フォーマット化が完了した後はインストーラを作成します。インストーラーの作り方は下記の通りです。

  • Finderなどからターミナルを開く

  • ダウンロードしたmacOSに応じて、コマンドを入力する

  • コマンドを実行し、メッセージが表示されるまでまつ

ステップ4:外付けSSD/HDDにmacOSをインストールする

インストーラの作成が終わり次第、外付けSSDにmacOSをインストールします。

  • 起動可能なインストーラが入ったHDDを接続する

  • APFSフォーマットのHDDをMacに接続する

  • Macの電源を入れ、そのまま電源ボタンまたはOptionキーを押し続け、起動画面オプションウィンドウにアクセスする

  • 起動可能なmacOSインストーラを選択し、「続ける」をクリックする

  • 修復するボリュームを選択し、「次へ」をクリックする

  • APFSハードディスクを選択し、インストールを開始する

ステップ5:外付けディスクからmacOSを起動する

外付けディスクからmacOSを起動する場合は、インストールの際と同様に起動画面オプションウィンドウを開きます。起動画面オプションに先ほどインストールしたらインストーラが出るため、そちらを選択することでOSが立ち上がります。

パート3:Macに空き容量があるのに領域不足になる場合の対処法(外付けSSD不要)

Macに空き容量がある状態で領域不足になってしまった場合、SSDを使わない方法で対処できます。 ここからはMacに空き容量がある状態で領域不足になってしまった際の対処方法を紹介します。

4DDiG Duplicate File DeleterでmacOSを定期的にクリーンアップする

空き容量があるのに領域不足になる場合は一度「4DDiG Duplicate File Deleter」などのファイル整理ソフトを利用して、パソコン内のファイルを整理しましょう。

既存のファイルの中でも不要なファイルや重複しているファイルを自動で検出してくれるため、プレビューを提供し、ファイルの削除を自由に選択できます。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • 4DDiG Duplicate File Deleter (Mac) を起動します。スキャンするフォルダーを選択するか、フォルダをドラッグアンドドロップしてスキャンを開始します。

    スキャンするフォルダーを選択する
  • 左上の「環境設定」をクリックすると、必要なスキャンモードを設定します。設定が完了したら、「重複ファイルをスキャン」をクリックして、選択したフォルダのスキャンが開始します。

    重複ファイルをスキャン
  • スキャンが完了すると、画面に重複ファイルが表示され、右側のファイルの内容をプレビューして、不要なものを選択することができます。

    重複ファイルをプレビュー
  • 不要なファイルを選択したら、「削除」をクリックします。

    重複ファイルを削除

さいごに

この記事ではmacOSの容量不足時の外付けSSDへのデータ移行について紹介しました。SSDはパソコンの容量がないときにデータを外部に保存する装置です。パソコン内の容量があまりないときに活用できます。

一方で、空き容量がまだある段階や出来るだけSSDなどを利用しないでパソコンを運用したい場合は「4DDiG Duplicate File Deleter」などのファイル整理ソフトを利用しましょう。特に4DDiG Duplicate File DeleterはAI技術が搭載されているため、スムーズに利用していないファイルや重複されているファイルを検索できます。

様々なファイルを利用しているユーザー様はファイル整理ソフトを利用しましょう。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

加藤篤人 (編集者)

4DDiGの編集長として、データ復元、ファイル修復、重複ファイルの削除、パーティション管理、あらゆる種類のパソコンの問題に対するエラー修復など、Windows および Mac 関連の問題に対する最適な解決策を提供することに専念しています。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)