2024年版|HDDからM.2 SSDへクローンフリーソフトおすすめ【Windows 11/10/8/7】

5分で読める

カテゴリ:パーティション管理|更新日:2024-07-10 18:48:06

HDDからM.2 SSDへデータを移行する時にクローンフリーソフトを探したことはありますか?

HDDからM.2 SSDへのデータ移行にはクローンが必須なので、できればフリーソフト済ませたいですが、なかなかいいものが見つからないかと思います。HDDからM.2 SSDへのデータ移行というのはすることがあまりないので、どのようなクローンフリーソフトがいいのかも分からないことでしょう。

ここでは、HDDからM.2 SSDへクローンフリーソフトおすすめを解説します。

Part1. M.2 SSDとは?

M.2 SSDは、現代のコンピューターで広く使用されているストレージデバイスの一種です。従来の2.5インチのSATA SSDやHDDと比較して、M.2 SSDはその小型のフォームファクターが特徴です。これは、主にノートパソコンや小型デスクトップPCでの利用を考慮して設計されています。

M.2インターフェイスを使用するSSDは、SATA接続と比べて大幅に高速なデータ転送速度を提供します。これは、NVMe(Non-Volatile Memory Express)プロトコルを使用して直接マザーボードに接続されるためです。NVMe対応のM.2 SSDは、特にデータ集約型のアプリケーションやゲーム、高解像度のビデオ編集などでその性能を発揮します。

M.2 SSDはサイズが異なる複数の形状で提供されており、使用するマザーボードのM.2スロットに合わせて選択する必要があります。また、耐久性も高く、振動や衝撃に強いため、移動が多いモバイルデバイスにも適しています。

M.2 SSD

Part2. M.2 SSDのクローンを実行する前に

①システムはM.2 SSDをサポートするかを確認する

最初に、使用しているコンピューターがM.2 SSDに対応しているかを確認しましょう。これには、マザーボードがM.2インターフェースを持っているか、またそのインターフェースがSATAやNVMeなどのSSDの種類に対応しているかを確認することが含まれます。これは、マザーボードの仕様書を参照するか、製造元のウェブサイトで確認することで行えます。

②M.2 SSDを正しいスロットに接続する

M.2 SSDをマザーボードのM.2スロットに正しく接続することが重要です。すべてのM.2スロットが同じではないため、SSDが対応するスロットに接続されていることを確認してください。また、SSDをしっかりと固定し、接続が安定していることも確認します。

M.2 SSD

③クローン作成用のNVMeドライバをダウンロードしておく

NVMe SSDを使用する場合、適切なドライバがインストールされていることが重要です。これには、特にWindowsの古いバージョンで必要になることがあります。NVMeドライバはSSDの製造元のウェブサイトからダウンロードできます。ドライバをインストールしておくことで、クローンプロセスがスムーズに進むようにします。

④ブートモードと互換性のあるパーティションスタイルを確認する

クローンするシステムがUEFIブートモードを使用しているか、それとも従来のBIOS(レガシーモード)を使用しているかを確認してください。UEFIモードはGPTパーティションスタイルを使用し、レガシーBIOSモードはMBRパーティションスタイルを使用します。クローンする際には、元のドライブと新しいSSDが同じパーティションスタイルを使用していることを確認することが重要です。

ブートモードと互換性を確認

Part3. M.2 SSDへクローンフリーソフトおすすめ[5選]

トップ1: 4DDiG Partition Manager

4DDiG Partition Managerは、パーティションの管理とデータのクローンに特化したフリーソフトウェアです。このツールは、ハードドライブのパーティションを簡単にリサイズ、分割、マージする機能を提供します。M.2 SSDへのクローンプロセスもシンプルで直感的なインターフェースを介して行え、特に初心者にとって使いやすいのが特徴です。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

ディスクのクローンを作成する前の準備
  • ターゲットディスクの容量がソースディスクと同じかそれより大きいことを確認してください。ターゲットディスクの余分な領域はシステムが認識できない未割り当て領域となるため、パーティション管理機能を使用して新しいパーティションを作成できます。
  • 対象ディスク上のデータは消去されますので、重要なデータがある場合は必ずバックアップを作成してください。
  • ソース ディスク上のデータはそのままターゲットディスクにクローン作成され、クローン作成プロセス中にソースディスク上のデータが変更されたり失われたりすることはありません。
  • 4DDiG Partition Managerを起動します。「ディスクのクローン」を選択します。

    ディスクのクローン
  • ソースディスクからデータをクローンするターゲットディスク(デフォルトはコンピュータに接続するディスク)を選択し、「次に」ボタンをクリックします。

    注意

    クローン作成ではターゲットディスク上のすべてのデータが上書きされるため、すべてが正しいことを確認した後、「はい」ボタンをクリックしてください。

    ターゲットディスク
  • 次に、複製されたディスクの効果を示すプレビューインターフェイスが表示されます。 プレビューが正しいことを確認したら、「開始」ボタンをクリックしてクローン作成操作を開始します。

    ディスククローンの開始
  • ディスクのクローン作成が完了するまでしばらく待ちます。クローン作成の速度は、ソースディスクのサイズによって異なります。

    注意

    ディスクのクローン作成プロセス中は、他の操作を実行したり、現在の操作を中断したりしないでください。

    ディスククローン成功
ノート

パソコン2台分のライセンスが登場し、ディスク管理がより便利に!

トップ2: Macrium Reflect Free Edition

Macrium Reflect Free Edition(nofollow)は、高速で信頼性の高いディスククローンとバックアップソリューションを提供します。このツールは特に個人ユーザー向けで、直感的なインターフェースを持っています。

操作手順:

  • ソフトウェアをインストールして起動。
  • 「クローンするディスク」を選択。
  • M.2 SSDを「ターゲットディスク」として選択。
  • クローンプロセスを開始。
Macrium Reflect Free Edition

トップ3: Samsung Data Migration

Samsung SSDユーザー専用のクローンソフトウェア「Samsung Data Migration」で、Samsung SSDへのデータ移行を容易にします。

操作手順:

  • ソフトウェアをインストールして起動。
  • ソースディスク(旧ドライブ)を選択。
  • M.2 SSDをターゲットディスクとして選択。
  • 「Start」ボタンでクローニング開始。
Samsung Data Migration

トップ4: HD革命/CopyDrive Lite

初心者にも使いやすいHD革命/CopyDrive Liteは、OSやデータを簡単にM.2 SSDに転送できます。

操作手順:

  • ソフトウェアをインストールし、起動。
  • 「コピー元」と「コピー先」のドライブを選択。
  • クローンオプションを設定。
  • 「クローン開始」をクリック。
HD革命/CopyDrive Lite

トップ5: Acronis True Image for Crucial

Crucial SSDユーザー向けに設計されたこのソフトウェア「Acronis True Image for Crucial」は、迅速なデータ移行とセキュリティ機能を提供します。

操作手順:

  • Acronis True Imageをインストールして起動。
  • 「クローンディスク」オプションを選択。
  • クローンするディスクと目的のM.2 SSDを選択。
  • クローンプロセスを開始。
Acronis True Image for Crucial

まとめ

ここまで、HDDからM.2 SSDへクローンフリーソフトおすすめを解説しました。M.2 SSDに変えればパソコンの処理スピードがかなり速くなるので、きっと驚くことでしょう。

何をインストールすればいいか分からない方は4DDiG Partition Managerをインストールしてみてください。無料で、100%安全にクローンを作ることができるからです。

村上和也 (編集者)

データ回復、Windows および Mac 関連の問題に関する執筆を専門としており、多くの人々にコンピュータの問題に対する効果的な解決策を提供してきました。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)

以下も気に入るかもしれません