外付けHDDのパーティションを削除する完全ガイド

5分で読める

カテゴリ:パーティション管理|更新日:2024-04-10 17:02:36

外付けHDDのパーティションを削除できずに困ったことはありませんか?

パーティションを削除や分割することによって、ドライブの空き領域を明示的に整理したり、OSの読み書きに関してパフォーマンスの向上にも期待できます。

この記事では、外付けHDDのパーティションを削除する方法について解説します。

Part1.外付けHDDのパーティションを削除する前の注意点

外付けHDDのパーティションの削除する際は、注意点を把握した上で実施しましょう。

注意点は以下のとおりです。

  • パーティションの削除をすると、パーティション内に格納されているデータは消失します。
  • パーティションの削除を実行すると、基本的に途中でキャンセルはおこなえません。

そのため、事前にデータを別のデバイスやドライブへバックアップをする必要があります。

また、OSのシステムがインストールされているEFIシステムパーティションを削除するとOSが起動できなくなる場合がありますので注意が必要です。

Part2.外付けHDDのパーティションを削除する3つの方法

外付けHDDのパーティションの削除には大きく分けて3つの方法があります。

4DDiG Partition Managerを利用して外付けHDDのパーティションを削除する

Windows 11/10上でディスクの管理で外付けHDDのパーティションを削除する

Windows 11/10のコマンドプロンプトで外付けドライブのパーティションを削除する

方法一、4DDiG Partition Managerを利用して外付けHDDのパーティションを削除

パーティション管理の専用ソフトである4DDiG Partition Managerを利用することで、より簡単に外付けHDDのパーティションの削除操作を行うことができます。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • 4DDiG Partition Managerをコンピュータにダウンロードしてインストールした後、外部ディスクをコンピュータに接続します。次に、アプリケーションを起動し、「ディスクのクローン」を選択します。

    ディスクのクローン
  • ソースディスクからクローンデータを受け取るターゲットディスクを選択し、「次に」ボタンをクリックします。(ターゲットディスクのデフォルトは、コンピュータに接続するディスクです)。

    ターゲットディスクを選択
  • すべてが正しいことを確認した後、「はい」ボタンをクリックして、「開始」ボタンをクリックしてクローン作成操作を開始します。

    ターゲットディスク上のすべてのデータを上書き
  • ディスクのクローン作成が完了するまで待ちます。クローン作成の速度は、ソースディスクのサイズによって異なります。

    他の操作を実行したり、現在の操作を中断したりせず、しばらくお待ちください。

    ディスクのクローン作成が完了するまで待ち
ノート

パソコン2台分のライセンスが登場し、ディスク管理がより便利に!

方法二、Windows 11/10上でディスクの管理で外付けHDDのパーティションを削除

Windowsの機能として存在する「ディスクの管理」を利用して、外付けHDDのパーティションの削除ができます。

ここではWindows11の操作方法を紹介します。

  • 「Windows」キーを押しながら「X」のキーを押下します。
  • 「ディスクの管理」をクリックします。

    ディスクの管理に入る
  • ディスクの管理画面において、ドライブを選んだうえで削除したいパーティションを右クリックし、「ボリュームの削除」をクリックします。

    ディスクの管理でボリュームの削除をクリック
  • シンプルボリュームの削除ウィンドウにて、「はい」を押下することでパーティションの削除が完了します。

※パーティションはOME(メーカーパソコン)によって初期値が異なります。

※GPT保護パーティションは、GPT形式のディスクの先頭に書き込まれている、特別データです。「GPT保護パーティション」と表示のある場合はこのディスクに対してユーザーは操作できません。

方法三、Windows 11/10のコマンドプロンプトで外付けドライブのパーティションを削除

Windowsの機能であるコマンドプロンプトを利用することで、外付けHDDのパーティションの削除ができます。

作業工数としてはUI上の操作よりも少々多くなります。

利用するコマンドは「Diskpart」となり、以下の操作で実行できます。

  • 「Windows」を押しながら「R」のキーを押下します。
  • ファイル名を指定して実行にて「cmd」と入力し、「OK」を押します。
  • コマンドプロンプト画面にて「diskpart」を入力し、Enterキーを押します。
  • 「list disk」と入力し、Enterキーを押します。
  • 「select disk *」を入力し、Enterキーを押します。
  • ※*には“削除したいパーティション番号を含むディスク番号”を入れます

  • 「list partion」と入力して、Enterキーを押します。
  • 「select partition *」を入力して、Enterキーを押します。
  • ※*には“削除したいパーティションの番号”を入れます

  • 「delete partition」と入力し、Enterキーを押します。
  • コマンドプロンプトを×で閉じます。

    diskpartを使用して、パーティションを削除

Part3.関連内容

外付けHDDのパーティションの削除に際して覚えておくべき項目がいくつかあります。

ここでは、削除したパーティションの動きやデータの動き、パーティションの復元について紹介します。

3.1 削除したパーティションの復元方法

削除した外付けHDDのパーティションを復元する方法は2通りの方法があります。

1つ目は、Windowsのコマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。

ただし、この方法についてはパーティションの消失原因がドライブ文字の損失の場合のみなので、復元が難しい場合があります。

  • 「Windows」を押しながら「R」のキーを押下します。
  • ファイル名を指定して実行にて「cmd」と入力し、「OK」を押します。
  • コマンドプロンプト画面にて「diskpart」を入力し、Enterキーを押します。
  • 「list volume」 を入力しEnterを押します。
  • 「select volume *」
  • ※*には”復元したいパーティーションの番号”を入れます

  • 「assign letter= *」を入れEnterを押します。
  • ※*には”他と重複しないドライブ文字を新たに割り当て”します。

    diskpartを使用して、パーティションを再作成

2つ目は、パーティション管理の専用ソフトである4DDiG Partition Managerを利用します。

4DDiG Partition Managerは信頼できるパーティション復元ソフトウェアです。削除されたパーティションの復元、フォーマットされたパーティションの復元、RAWティションの修復、ブートローダー修復を簡単かつ安全に行える包括的なソリューションを提供します。


  • 4DDiG Partition Managerをインストールして起動します。外付けハードディスク上のパーティションを復元する必要がある場合、外付けハードディスクをコンピュータに接続します。左のメニューバーで「パーティション回復」を選択し、「パーティションを見つける」を選択します。

    「パーテイション回復」を選択
  • 復元したいパーティションがあるディスクを選択し、

    「クイックスキャン」をクリックして進みます。お探しのパーティションが見つからない場合は、ディープスキャンをお試しください。

    復元したいパーテイションのあるディスクを選択する

    それでもお探しのパーティションが見つからない場合は、完全なスキャンをお試しください。完全なスキャンプロセスには時間がかかりますので、しばらくお待ちください。復元したいパーティションが見つかったら、いつでも停止ボタンをクリックしてスキャンを一時停止することができます。

    完全スキャンを待つ
  • 復元したいパーティションを選択します。この操作は既存のパーティションを上書きするので、実行するかどうかを確認する必要があります。その後、「はい」をクリックし、「復元開始」をクリックしてください。

    パーテイションの復元を実行する

3.2 パーティションを削除したらデータは残りますか?

外付けHDDのパーティションの削除をすると、パーティション内に格納されているデータは消失します。

イメージとしては、パーティション内にデータを保存していた入れ物が消える形となります。

そのため、パーティションのフォーマットをしていない状態であれば、データは復旧できる可能性がある状態となります。

3.3 パーティションを削除するとどうなる?

外付けHDDのパーティションの削除をすると、ディスク内の領域が広がるので新たにパーティションを作成/分割といった操作が可能となります。

パーティションは、1つのHDDを複数の領域に区切った部屋のようなものです。

イメージとしては、外付けHDDのパーティションの削除を行うと、部屋の1つが無くなりますが、家全体の広さは変わりません。

そのため、新しく部屋を作ったり部屋数を増やしたりということができるようになります。

最後に

外付けHDDのパーティションの削除すると、大切なデータが消失したりOSが起動できなくなる可能性があります。

最低限の事前準備として、大切なデータのバックアップは必ずおこないましょう。

パーティションの削除が初心者であってもUI上の操作としてWindowsの「ディスクの管理」から行えますが、しっかりと動作を理解した上でおこなう必要があるでしょう。

また、パーティション管理の専用ソフト4DDiG Partition Managerを利用することでもっと手軽で安全にパーティション/ディスク管理をおこなうことができます。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

村上和也 (編集者)

データ回復、Windows および Mac 関連の問題に関する執筆を専門としており、多くの人々にコンピュータの問題に対する効果的な解決策を提供してきました。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)

以下も気に入るかもしれません