MacBook Pro/Air が起動しない際のデータ復元ガイド

5分で読める

カテゴリ:Mac修正|更新日:2024-06-14 17:16:00

quote

起動しないMacBookProからデータを復旧する、最も簡単な方法は何でしょうか? 私のMacBookProも、1年ほど前に突然電源が入らなくなり、クラッシュしたことがあります。 真っ暗な画面で異音が発生し、前面のライトだけが点滅している状態です。

このようにMacの電源が入らず故障してしまった場合、壊れたMacBookProのハードドライブからデータを復旧したいと思うでしょう。 Macの完全修復はできなくても、失われたファイルだけでも救出し、作業を行うことはできます。実際に、起動しないMacBookからデータを救出できる方法は複数あり、以下でもその救出方法をご紹介しています。

これらの救出方法を行うと、Macに保存されているファイルに何らかの方法でアクセスし、通常に動作する別のフォルダやドライブに、ファイルをコピーできます。それにより、救出したデータを他のPCで利用できるようになります。

Part 1. バックアップなしで起動しないMacBookからデータを復旧する最も簡単な方法

壊れたMacBookからデータを復旧する方法はいくつかありますが、最も簡単で迅速な方法を選びたいはずです。その場合は、サードパーティのソフトウェアを使用する方法がおすすめです。

「4DDiG Macデータ復元」は、起動しないMacからデータを回復できるソフトです。 このソフトには、Macを起動せずデータを回復する新機能が追加されており、Macが起動しない状態でも、データの救出が可能です。

  • Mac上で削除、フォーマット、紛失したデータを回復
  • 故障/クラッシュ/起動しないMacBookからデータを回復
  • 写真、ビデオ、ドキュメント、メールなど550以上のファイル形式を回復
  • 高いデータ回復率
  • 最新のmacOSバージョンにも対応
無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

データを回復できるか試してみる場合は、以下の手順に沿って、Mac Data Recoveryを利用して、起動しないMacBookからデータを回復してみましょう。

  • 予備のMacにソフトをダウンロードしてインストールします。空のUSBドライブをMacに接続し、ソフトウェアを開き、「クラッシュしたシステムからデータを回復」のオプションを選択して、[開始] をクリックします。

    クラッシュしたMacからデータを救出する
  • 次の画面で、[起動ディスク] から空のUSBドライブを選択します。その後、画面下部にある [開始] ボタンをクリックします。

    USBドライブを選択する
  • USBドライブがフォーマットされる旨の警告が表示されます。続行する場合は [フォーマット] をクリックします。しばらくすると、起動可能なドライブが正常に作成されます。

    起動可能なドライブを作成する
  • このドライブを故障したMacに接続し、Optionキーを押し続けてMacをこの起動可能なドライブから起動します。

    ドライブから起動します
  • ディスクの選択画面に入ったら、”Option" ボタンを離し、"UltData – Mac" を起動ディスクとして選択します。回復したいファイルを選択し、[エクスポート] をクリックします。

    データを復旧して保存する

Part 2. ターゲットディスクモードを使用して完全に故障したMacBookからファイルを取得する方法

ターゲットディスクモードは、macOSを起動せずに別のMacへデータを転送できる、Apple独自のメカニズムです。 ターゲットディスクモードを使用するには、ThunderboltケーブルまたはFirewireに互換性がある2台のMacが必要です。 また、ThunderboltからFireWire、またはThunderbolt 2からThunderbolt 3へのアダプターなどが必要になります。

  • メリット
  • デメリット
    • 移行アシスタントより迅速にファイルを別のMacに移動できる
    • Macを別のMacの内蔵ドライブから起動できる
    • 起動できないまたは破損したMacからデータを回復できる
    • 画面が破損したMacからファイルを取得できる
    • 2台のMac間で効率的に動作する
    • WindowsのPCにデータを転送できない
    • FireWireケーブルまたはThunderboltのみで動作する
    • ターゲットディスクモード経由でFileVaultで暗号化されたホームディレクトリにアクセスできない
    • 両方のMacが同じ機種の同じハードウェアを持っていない場合、問題が発生する可能性がある

以下は、ターゲットディスクモードを使用して、故障したMacBookからファイルを救出する方法です。

  • 故障したMacと動作するMacを、ThunderboltまたはFirewireケーブルで接続します。
  • 故障したMacの電源を入れ、Tボタンを押し続けます。
  • 故障したMacのドライブが、動作するMac上のストレージとして表示されます。これでファイルを一方のMacからもう一方のMacにコピーできます。
Machine HD

これが、Appleのデフォルトの機能を使用して、壊れたMacBook Proからデータを回復する方法です。

Part3.MacBookが故障する原因とその修復方法

このパートでは、Macがクラッシュしてしまう事象の詳細をご紹介します。

1. MacBookが、故障/クラッシュ/起動しない理由は?

Macがクラッシュする原因は様々ですが、代表的な例をいくつかご紹介します。

  • オペレーティングシステムの故障:macOSの故障で致命的なエラーが発生し、Macがクラッシュする
  • オファイルシステムの破損:システムファイルのいずれかが破損し、MacBookがクラッシュする
  • ソフトウェアの競合:ソフトウェア同士の干渉が原因で、MacBookがクラッシュする
  • ハードウェアの損傷:PCのハードウェアが損傷していることで、起動できなくなる

2. 故障/クラッシュ/起動しないMacBookを修復する方法は?

例として、水濡れで故障したMacBookから、ファイルを回復する手順をご紹介します。

方法1. MacBookを修復するため、SMCファームウェアをリセットする

  • Macの電源をOFFにします。

  • 同時にShift + Control + Option + Powerボタンを押し続けます。

    Shift + Control + Option + Powerボタンを押し続け
  • 方法2. First Aidを使用してデッドMacBookを修復する

    • Macを起動し、Command + Rを押し続けてリカバリモードで起動します。

    • 画面上でディスクユーティリティを選択します。

      ディスクユーティリティを選択し
    • Macのメインドライブを選択し、First Aidオプションを選択します

      First Aidオプションを選択し
    • 次の画面で実行を選択します。

      次の画面で実行
    • 方法3. リカバリモードからの復元

      これで、MacをTime Machineバックアップから復元でき、問題が解決するはずです。

      • Time MachineバックアップドライブをMacに接続します。Macが起動する際にCommand + Rを押し続けてリカバリモードで起動します。

      • Time Machineから復元を選択します。

        Time Machineから復元を選択し
    • Time Machineバックアップドライブを選択し、→ をクリックします。

      Continueをクリックします
    • バックアップファイルを選択し、Continueをクリックします。

      Continueをクリックします
  • 宛先のドライブを選択し、→ をクリックします。

    宛先のドライブを選択し

最後に

以上が、壊れたMacBook Proから写真やその他のファイルを回復する方法です。 MacBook ProやAirが起動しなくなった場合は、上記に記載の手順でデータを復元できる可能性が高いです。 Macの完全修復はできなくても、失われたファイルだけでも回復できる可能性はあります。 「「4DDiG Macデータ復元」」を使用して、故障/クラッシュ/起動しないMacBook ProやAirからデータを回復してみましょう。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

加藤篤人 (編集者)

4DDiGの編集長として、データ復元、ファイル修復、重複ファイルの削除、パーティション管理、あらゆる種類のパソコンの問題に対するエラー修復など、Windows および Mac 関連の問題に対する最適な解決策を提供することに専念しています。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)