「高速かつ安全」重複するファイルを探して削除する方法

authorPic 村上和也 最終更新日 2022-09-20 15:50:14重複ファイル削除に行く

「今、パソコンが容量不足になっていて、新しいファイルが保存できず、困っている…。重複ファイルが沢山あるみたいなので、高速で消す方法を教えて欲しい。」などと、重複ファイルを簡単に消す方法を探している方も多いのではないでしょうか。

間違えて同じものを何度も保存してしまうと増えていく、重複ファイル。1つ消すだけであったり、重複ファイルがどれか分かっていれば、すぐに手順が完了する場合が大半です。しかし、それがいくつもあると、意外に多くの時間を奪われてしまうものです。 この記事では、重複ファイルを防ぐ方法や高速で削除する方法、検索して削除するソフトご紹介します。

Part 1:重複ファイルを防ぐ方法

重複ファイルを防ぐ方法で最も一般的なのは、ファイルを保存するときには、すでに保存していないのか確認することです。すでに保存していないかどうか、不安になった場合には、ファイル名を検索するなどの方法を取り、重複ファイルを防ぎましょう。

Part 2:重複するファイルを探して削除する方法

方法1:コマンドで重複ファイルを探す

「コマンドプロンプト」で コマンド を入力すれば、重複ファイルを検索することが可能です。しかしこれは、ファインダーからディレクトリパス(ファイルの場所を表すもの)が何かを調べ、コマンドと一緒に入力する必要があります。コマンドで重複ファイルを探す手順を説明している記事もありますが、パソコンの操作に慣れていない方の場合は、多くの時間が掛かってしまうことも。

方法2:重複するファイルを削除するソフトを使う

コマンドを活用して消す方法は、消したいと考えている重複ファイルが決まっている必要があり、沢山消したいときには不便だといえます。そんな場合には、「4DDiG Duplicate File Deleter」などのフリーソフトを利用しましょう。コマンドを活用して消す方法よりも簡単ですし、時間もそれほど掛かりません。

Duplicate File Deleterはここからダウンロードできます。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

  • Step 1+のマークをクリックします。
  • 「バックアップ」
  • Step 2どこにある重複ファイルを探すのかを選択し、「OK」をクリックします。迷ったら「ローカルディスク」を選択しましょう。
  • 「バックアップ」
  • Step 3「重複をスキャン」をクリックします。
  • ファイルと設定のバックアップを作成する
  • Step 4全ての同じファイルを消したい場合は「自動選択」を選択します。一部だけ消したい場合は、1つずつチェックを入れる必要があります。.選択し終わったら、右下にある「重複排除」をクリックします。
  • 「項目を指定する」
  • Step 5問題がないようであれば「はい」をクリック。先ほどチェックを入れたものに間違いなどがあれば、「いいえ」をクリックして、チェックし直しましょう。
  • バックアップしたいドライブ(記憶媒体)やフォルダを選択

    Part 3: 誤って重要なファイルを削除してしまった場合の解決方法

    重複ファイルを消そうとしていたのに、誤って重要なファイルを消した場合は、もう戻せないのでしょうか。「4DDiGデータ復元ソフト」などのフリーソフトを活用すれば、簡単に元通りにすることが可能です。

    4DDiGは以下のリンクからインストールできます。

    無料ダウンロード

    PC用

    安全的にダウンロード

    無料ダウンロード

    Mac用

    安全的にダウンロード

    • Step 1初めに、どこにデータを戻すのかを選択し、「スタート」をクリック。
    • 「システムの復元」
    • Step2スキャンするファイルの種類を選択し、[選択したファイルタイプをスキャン]をクリックしてドライブのスキャンを開始します。または、すべてのファイルタイプをスキャンすることもできます。
    • 復元したい場所を選択
    • Step3デフォルトでは「ツリー表示」になっていますが、ファイルを復元する場合は「フォルダー」のほうが分かりやすいといえます。「フォルダー」に変更しておきましょう。左上にある検索欄に、復元したいファイルの名前を入力します。分からない場合は、入れていそうなキーワードでも検索可能なので、色々と試してみましょう。復元したいファイルの横にある、チェック欄にチェックを入れます。右下にある「復元」のボタンをクリック。
    • 「コンピュータを以前の状態に復元する」
    • Step4消してしまったファイルの場所を選択し、「復元完了」の提示が出たら、手順は完了です。
    • 元に戻したい日 元に戻したい日

      Part4: まとめ

      以上、重複ファイルを防ぐ方法や削除する方法、検索して削除するソフトご紹介しました。 「コマンドプロンプト」でコマンドを入力すれば、重複ファイルを検索できますが、知識がない方にとっては難しい操作といえます。そのため「4DDiG Duplicate File Deleter」などのフリーソフトを利用するのがおすすめです。

      フリーソフトなら、操作も簡単ですぐに作業が終わるため、時間短縮にもなります。また、誤ってファイルを消してしまった場合も、「4DDiGデータ復元ソフト」などのフリーソフトを活用すれば、簡単に復元可能です。

      関連記事

      重複ファイル削除ソフトおすすめのトップ3

      Windows 10で重複ファイルを検索削除するソフトFilemanyの使い方とその代わり

(この記事を評価する)

平均点4.5 人が参加しました)