【2024年最新】VALORANTが起動しない/開けない/立ち上がらない問題の対処法

5分で読める

カテゴリ:DLLエラー|更新日:2024-05-16 15:47:43

VALORANTをプレイしたことがありますか?VALORANTは、国内外問わず注目を集めているFPSのひとつです。 多くの人が遊ぶ一方で、さまざまなエラーが発生することがあります。

本記事では、VALORANTで見られるエラーのひとつである「VALORANTが起動しない/開けない/立ち上がらない」という事象が発生した時の対処法を紹介します。VALORANTが開けなくて困っている方は、参考にしてください。

パート1:VALORANTについて

VALORANTが起動しない/開けない/立ち上がらないエラーについて解説する前に、VALORANTがどのようなゲームなのかを紹介します。

VALORANTとは?

VALORANTとは、Riot Gamesが配信しているFPSです。2020年6月2日に基本プレイが無料のゲームとしてWindows向けにリリースしました。

eスポーツを想定して開発された本作は、ラグを最小限に抑える「チックレート128Hz」のサーバーや、独自のアンチチートシステムなどを採用しています。

VALORANT

VALORANTの動作に対応するPCスペック

Riot Gamesが公表しているVALORANTの推奨環境は、以下のとおりです。

最低スペック
30 FPS
推奨スペック
60 FPS
ハイエンドスペック
144 FPS以上
OS Windows10 (Version2024/Build 19041以上) /11 64-bit
RAM 4GB
VRAM 1GB
CPU Intel Core 2 E8400 (Intel),
Athlon 200GE (AMD)
Intel i3-4150 (Intel),
Ryzen 3 1200 (AMD)
Intel i5-9400F 2.90GHz (Intel),
Ryzen 5 2600X (AMD)
GPU Intel HD 4000,
Radeon R5 200
Geforce GT 730,
Radeon R7 240
GTX 1050 Ti,
Radeon R7 370
注意

Windows11では、「TPM2.0とUEFI Secure Boot」の有効化も必要です。

スペックが高くなると、操作しやすくなりますが、その分費用が高くなります。ご自身の予算と相談しながら使用するPCを検討してください。

パート2:VALORANTが起動しないなどのエラーが発生する原因

VALORANTをプレイ最中にソフトやデバイスで不具合が生じると、VALORANTが起動しない/開けない/立ち上がらないなどのエラーコードが表示されます。 エラーコードが表示される原因はさまざまですが、主な原因のひとつは、Riot Vanguardが有効になっていないことです。

Riot Vanguardが有効になっていない

Riot Vanguardとは、Riot Gamesが独自チューンを施したアンチチートソフトウェアです。コンピュータシステムへのアクセスを可能にしている「カーネルモードドライバー」と併用されており、コンピューターの安全性を確保しています。

VALORANTを起動しようとする際、Riot Vanguardエラーが表示されることがあります。Riot Vanguardエラーの主な原因は、アンチチートに伴う初期化の失敗です。 また、セキュリティに利用される半導体チップであるTPM(Trusted Platform Module)が有効になっていない場合にも発生することがあります。

パート3:VALORANTが起動しないなどのエラーの対処法

VALORANTが起動しない/開けない/立ち上がらないなどのエラーが発生した時の主な対処法は、6つあります。正しい対処法を把握し、問題なしにVALORANTを楽しめるようになりましょう。

対処法1:VALORANTとPCを再起動する

手軽な対処法のひとつがVALORANTとPCの再起動です。アプリケーションを閉じてからPCを再起動し、再度VALORANTを立ち上げてください。アップデートが必要な場合も考えられます。定期的にアップデートしてください。

VALORANTとPCを再起動する

対処法2:管理者モードでVALORANTを起動する

普段、Windowsアプリケーションを利用するときは、ユーザーモードを使用しますが、管理者モードを使用すると、ユーザーモードよりもアクセス権限が多い状態でアプリケーションを利用できます。管理者モードでVALORANTを起動する方法は、以下のとおりです。

  • VALORANTのアイコンを右クリック

  • 管理者として実行を選択

    管理者モードでVALORANTを起動する

対処法3:DLL修復ツールを使ってゲームが正しく起動しないエラーを直す

VALORANTは、設定画面からアプリケーションを修復できます。しかし、ゲームでエラーが生じた場合は、DLL修復ツールを使うと解決することがあります。DLL修復ツールを利用したい方には、7,000件以上のDLLエラーを解決した実績があるDLL修復ツール「4DDiG DLL Fixer」がおすすめです。

4DDiG DLL Fixerでは、「ゲームが起動しない」「DLLファイルが見つからない」などの悩みをワンクリックで解決できます。 修復率は、99%を誇っているため、安心して利用できます。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • 4DDiG DLL Fixerを起動します。メニューバーの「健康診断」タブに移動し、「完全スキャン」をクリックして、4DDiG DLL Fixerがシステムのエラーを徹底的にスキャンできるようにします。

    「健康診断」を選択
  • スキャンが完了し、問題が検出されたら、「修復」ボタンをクリックします。ツールは自動的に見つからない、または破損したDLLファイルを修復して置き換えます。

    DLLエラーの修復を開始
  • 修復プロセスが完了するまで待ちます。完了したら、見つからないDLLファイルをダウンロードし、正しい場所に置きます。

    DLLエラーの修復に完了

対処法4:VGCサービスを有効化する

VALORANTを起動すると、付随してバックグラウンドでVGCサービス(デーモン)と呼ばれるサービスプログラムも起動します。 VALORANTが起動しない/開けない/立ち上がらないエラーが発生した場合、VGCサービスが無効化のままである可能性が考えられます。

VGCを有効化する方法は、以下のとおりです。

  • Windows + R キーを押して、services.msc と入力

    services.msc と入力
  • vgcを右クリックし、プロパティを選択

    プロパティを選択
  • スタートアップの種類を「手動」に設定し、「開始」を選択

    スタートアップの種類を「手動」に設定

対処法5:Riot関連のアプリを終了する

Riot Gamesは、VALORANT意外にも「LEAGUE of LEGENDS」や「TEAMFIGHT TACTICS」など、さまざまなアプリケーションをリリースしています。 VALORANTを起動する時にRiot関連のアプリを起動していると、VALORANTが起動しない可能性があります。 VALORANTが起動しない/開けない/立ち上がらないエラーが発生した場合は、Riot関連のアプリを終了してから再度VALORANTを起動させてみてください。

対処法6:Valorantを再インストールする

全ての対処法を試してもVALORANTが起動しない/開けない/立ち上がらないエラーが修復できない場合は、VALORANTをアンインストールし、再度インストールしてみてください。再インストールした場合は、再度サインインしなければなりません。ユーザー名とパスワードを忘れないようにしてください。

最後に

今回は、VALORANTが起動しない/開けない/立ち上がらないエラーの対処法を6つ紹介しました。起動しない/開けない/立ち上がらないエラーの解決方法は、他のエラーの解消にも役立つ場合があります。エラーの対処法を把握し、思う存分VALORANTを楽しんでください。

また、4DDiG DLL Fixerを利用すると、VALORANTをはじめとしたさまざまなゲームのエラーを的確かつ迅速に解決できます。無料版も提供されていますので、気になる方は利用してみてください。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

村上和也 (編集者)

データ回復、Windows および Mac 関連の問題に関する執筆を専門としており、多くの人々にコンピュータの問題に対する効果的な解決策を提供してきました。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)