[パソコン知識] DLLファイルとは?DLLファイルに関する情報を一挙解説!

5分で読める

カテゴリ:DLLエラー|更新日:2024-05-16 15:47:32

DLLファイルとは、拡張子が「.dll」のファイルであるといっても、よくわからない人も多いのではないでしょうか。DLLファイルの概念を理解するのはとても難しいですよね。 本記事では、パソコンがよくわからない人でも簡単にわかるように、例を交えて、DLLファイルの意味をご紹介します。開き方や役割、保存先などについても詳しくご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

DLLファイル

パート1:DLLファイルについて

まずは、DLLファイルについて意味や、その保存先、役割、中身などについてご紹介します。

DLLファイルとは?そのファイルの保存場所

DLLは「ダイナミックリンクライブラリ」とも呼ばれ、プログラムを実行するための部品です。プログラムとは別の場所に保存されており、プログラムを実行するときだけ使用されます。

DLLファイルは「System」に保存されていることがほとんどです。「.dllがないため、プログラムを開始できません」というエラーメッセージが出る場合は、「System」に必要なDLLファイルがないことを意味します。

DLLファイルの役割

DLLファイルは、プログラムを実行する部品であるため、DLLファイルがないとプログラムが実行できなくなってしまいます。なぜ、DLLファイルをそのままプログラムの中に組み込まなかったのでしょうか。 ひとつのDLLファイルの働きは幅広く「プログラムA」を実行する手助けをするだけではなく、「プログラムB」や「プログラムC」などでも重要な役割をします。

「プログラムA・B・C」それぞれにDLLファイルを入れ込むのではなく、使うタイミングごとにDLLファイルを合体させることで、プログラムを最小化できるメリットがあります。

DLLファイルの中身

「DLLファイルの中身を見てみたい」と思った人もいるのではないでしょうか。DLLファイルの中身は、バイナリ(二進法のデータ)であるため、中身を見ても理解できる人間はいないといっても過言ではありません。人間が中身を理解するためには、バイナリエディターと呼ばれるツールを使用する必要があり、プログラミングの知識が必要です。

パート2:DLLファイルの開き方

DLLファイルは、プログラムを実行するときに自動的に開かれるものです。パソコンの特定のプログラムを実行する際、自ら開くものではありません。逆に不要に触ることでパソコンが正常に機能しなくなることもあるので注意しましょう。

すでにご紹介した通り、DLLファイルの中身を見たい人は、バイナリエディターと呼ばれる二進法のデータを人間が見てわかるようにするツールを使用する必要があります。

どうしてもDLLファイルを見たい人は、窓の社などにあるオープンソースのバイナリーエディターをダウンロードしてDLLファイルの中身をチェックしましょう。

パート3:DLLファイルが見つからないためにプログラムを開けない場合の対処法

DLLファイルが見つからないためにプログラムを開けないというエラーメッセージが表示され困っている人もいるのではないでしょうか。 DLLファイルが原因のプログラムエラーが表示される場合、「4DDiG DLL Fixer」を使用することをおすすめします。

4DDiG DLL Fixerでパソコン内の見つからないDLLエラーを包括的に検索して修復する

4DDiG DLL Fixer」では、見つからないDLLファイルを自動的に見つけてくれるサービスです。DLLエラーを検出し、自動修復してくれるため、パソコンについての知識があまりない人もスムーズに使用できます。また、業界トップクラスの修復率を誇るため、DLLファイルが見つからないときは使用してみてはいかがでしょうか?

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • 4DDiG DLL Fixerを起動します。メニューバーの「健康診断」タブに移動し、「完全スキャン」をクリックして、4DDiG DLL Fixerがシステムのエラーを徹底的にスキャンできるようにします。

    「健康診断」を選択
  • スキャンが完了し、問題が検出されたら、「修復」ボタンをクリックします。ツールは自動的に見つからない、または破損したDLLファイルを修復して置き換えます。

    DLLエラーの修復を開始
  • 修復プロセスが完了するまで待ちます。完了したら、見つからないDLLファイルをダウンロードし、正しい場所に置きます。

    DLLエラーの修復に完了

よくある質問

DLLファイルの概念は難しく、まだまだわからないことがある人も多いのではないでしょうか。以下では、DLLファイルについてよくある質問について回答していきます。

質問1:DLLファイルの格納先はどこですか?

すでにご紹介した通り、DLLファイルは「System」フォルダに収納されています。見つからない場合は、「4DDiG DLL Fixer」などの外部ツールを使うことをおすすめします。

質問2:どのプログラムがDLLファイルを利用しますか?

一口にどのプログラムがDLLファイルを使用しているかを伝えることができないほど、多くのプログラムで使用されています。例えば、Windowsの特定の機能を「開く」ときにも、「開く」プログラムを支えるDLLファイルが使われています。

質問3:DLLファイルを編集する方法はありますか?

DLLファイルを編集することは可能ですが、DLLファイルに手を加えるとパソコンに回復できないほどのダメージを与えてしまいます。

承知の上でDLLファイルを編集する場合は、System上にあるDLLファイルを開きバイナリエディターをつかって編集してみてはいかがでしょうか。

最後に

本記事では、DLLファイルの意味や役割、見つからない場合の対処法などをご紹介しました。 普通にパソコンを使用する人は、DLLファイルを編集したり、開いたりする必要はありません。パソコンが自動的にDLLファイルを使用してくれるものであることを理解しましょう。

DLLファイルに関連するエラーが出た場合は、「4DDiG DLL Fixer」などの外部ツールを使うことをおすすめします。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

加藤篤人 (編集者)

4DDiGの編集長として、データ復元、ファイル修復、重複ファイルの削除、パーティション管理、あらゆる種類のパソコンの問題に対するエラー修復など、Windows および Mac 関連の問題に対する最適な解決策を提供することに専念しています。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)