Macがアップデートできないことはありませんか?MacOSが更新するたびに、Macをアップデートする必要があります。しかし、アップデートが失敗する場合もあります。この記事では、MacOSのアップデートが失敗する原因と解決する方法を解説しています。MacOSやmacbook airのアップデートに時間がかかったり、終わらないなどの上手くできない場合も、ここで紹介している方法が役立ちます。

  1. Part1:macOSのアップデートができない・失敗の原因
  2. Part2:macOSはアップデートできない・失敗の不具合を解決する方法
  3. Part3:macOSのアップデートに失敗する場合のデータ救出方法
  4. Part4:まとめ

Part1:macOSのアップデートができない・失敗の原因

1.使用しているMacOSパソコンがアップデートに非対応

MacOSのアップデートが失敗したり、ソフトウェアのエラーが表示されて上手くできないのは、使用しているMacが古いことにより、OSのアップデートに非対応であるからかもしれません。

2.ストレージの空き容量が不足している

ストレージの空き容量が不足していると、MacOSのアップデートが失敗するのかもしれません。

3.ネット回線の通信速度が遅い

ネット回線の通信速度が遅いことにより、アップデートに必要な通信ができず、不可能なのかもしれません。

4.インストーラーやシステムの破損

インストーラーやシステムが破損していることにより、Macのバージョンアップができないのかもしれません。

Part2:MacOSはアップデートできない・失敗の不具合を解決する方法

1.セーフモードでアップデートする

セーフモードでアップデートすることにより、MacOSをアップデートできるようになるかもしれません。

Appleシリコン

  1. 上部分にあるアップルマークをクリックし、「システム終了」を選択します。

    システム終了
  2. 電源ボタンを押し続け「起動オプションを読み込み中」と表示されたら、離します。
  3. ボリュームを選択して、シフトキーを押したまま「セーフモードで続ける」を選択して下さい。

Intelプロセッサ

  1. Macを再起動し、シフトキーを押し続けます。
  2. ログインウィンドウが表示されたらキーから手を離し、Macにログインします。なお、二回ログインを求められる場合もありますが、これは正常ですので、ログインして下さい。

2.NVRAM (または PRAM) をリセットしてから再起動

Macのアップデートができないのは、NVRAMをリセットして再起動しないからかもしれません。

  1. Macをシャットダウンしたら電源を入れ、「option」と「command」と「P」と「R」キーを押し続けます。
  2. 20秒経過したら、キーから手を離します。

3.macOS 復元システムを起動

macのソフトウェアアップデートが進まないことや、表示されないのは、MacOSの復元システムを起動していないからかもしれません。

Appleシリコン

  1. 電源を入れ、電源ボタンを10秒押し続けます。
  2. 起動オプションが表示されるため、ギアのマークをクリックし、「続ける」を選択して下さい。
  3. ユーザーを選択し、パスワードを入力します。
  4. ユーティリティウィンドウに切り替わったら、手順は完了です。

Intelプロセッサ

  1. 電源を入れ、すぐに「command」と「R」キーを押し続けます。
  2. 画面が切り替わったら、キーから手を離して下さい。
  3. ユーザーを選択し、パスワードを入力します。
  4. ユーティリティウィンドウに切り替わったら、手順は完了です。

4.起動ディスクを修復してからアップデートを再開する

起動ディスクを修復してからアップデートを再開することにより、問題が解決するかもしれません。

  1. 電源を入れ、すぐに「command」と「R」キーを押し続けます。
  2. 画面が切り替わったら「ディスクユーティリティ」を選択し、「First Aid」を実行して下さい。

5.MacOSを再インストール

MacOSを再インストールすることにより、問題が解決するかもしれません。

Appleシリコン

  1. 電源を入れ、電源ボタンを10秒押し続けます。
  2. 起動オプションが表示されるため、ギアのマークをクリックし、「続ける」を選択して下さい。
  3. 「macOSを再インストール」を選択して、あとは手順に沿って進めていきましょう。

Intelプロセッサ

  1. 電源を入れ、すぐに「command」と「R」キーを押し続けます。
  2. 画面が切り替わったら、キーから手を離して下さい。
  3. 「macOSを再インストール」を選択して、あとは手順に沿って進めていきましょう。

Part3:Macのアップデートに失敗する場合のデータ復元方法

1.「4DDiG」でアップデート失敗のMacファイルを救出する

Macのアップデートをする時、失敗してデータを失うケースはよくありますね。こういう場合、一刻も早くデータ復元の作業をした方がいいです。システム全体の復元に関しては、MacOSに内蔵されているTime Machineを利用するのは便利ですが、特定のファイルを復元したい場合は専門のデータ復元ソフトを使うことがお勧めです。ここで データ復元ソフト「4DDiG」 というソフトを紹介したいです。 データ復元ソフト「4DDiG」を活用すれば、クラッシュしたMacのデータを救出できます。「4DDiG」は、1,000以上のファイル形式に対応していますので、基本的に全てのファイルを復元可能です。

この方法を試すには、正常に動作するパソコンとインストールされたデータ復元ソフト「4DDiG」 、空のUSBあるいは外付けHDDが必要ですので、あらかじめ準備してください。

  1. 空のUSBあるいは外付けHDDを接続して「4DDiG」を起動し、クラッシュシステムからデータを回復にチェックを入れて「スキャン」をクリック。

    クラッシュしたPCを選択
  2. USBあるいは外付けHDDを選択し、「開始」をクリックします。これをクリックすると、ブートドライブを作成するためにフォーマットされます。また、途中で抜き差ししないで下さい。

    ブートドライブの作成が開始
  3. しばらくするとドライブが作成されますので、それを復旧したいパソコンに差します。

    作成途中 作成成功
  4. 復旧したいパソコンを起動し、画面が表示されるまで「option」キーを押し続けて下さい。

  5. すると選択肢が表示されるため、「4DDiG Macデータ復元」を選択して、「エクスポート」をクリックします。これで手順は完了です。

    データをエクスポート

2.パソコン修理専門会社に依頼しよう

専門会社に依頼することにより、自分で操作を行わなくても、データを復元できます。

しかしすぐに業者が来るわけでもありませんし、高額な費用が掛かりますので、あまりオススメできる方法ではありません。

Part4:まとめ

以上、Macがアップデートできない原因と解決する方法を解説しました。

アップデートに対応していなかったり、空き容量が不足していることにより、アップデートできないこともあります。セーフモードやNVRAMのリセットを利用するのは便利ですが、今回紹介した方法を試しても改善しない場合は、データ復元ソフトデータ復元ソフト「4DDiG」を活用するのも1つの手です。やり方も簡単ですので、是非試してみて下さい。

4DDiG Mac Data Recovery

Tenorshare 4DDiG Mac データ復元

ごみ箱、ディスクフォーマットしたディスク、Macのハードドライブなどからデータを回復

Macですべてのデータを回復する:1000以上のフォーマットがサポートされている

2つの回復モードはMacデータ回復の成功率を高める

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)