「macを使っていて、動画を削除してしまったのだけれど復元する方法はある?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。普段からMacを使っていると、うっかり動画を削除してしまうことがあります。

この記事では、Macで消した動画の復元することは可能なのか、消された動画を見る方法を解説しています。

  1. Part 1: Macで削除した動画を復元することは可能ですか
  2. Part 2: 削除した動画を復元する方法
  3. Part 3: 削除した動画を復元するに関するFAQ
  4. Part 4: まとめ

Part 1: Macで削除した動画を復元することは可能ですか

結論から言うと、Macで消した動画を復元することは可能です。

  • 動画保存場所によって復元方法は異なる

    Mac本体に保存したのか、外付けHDDに保存していたのか、クラウドサービスに保存していたのかなどの動画保存場所によって、復元方法は異なります。

  • 動画ファイルの拡張子はどれでも対応

    mp4など、どのような拡張子を使っていても、基本的には同じように復元できます。

  • 動画がなくなった原因

    動画がなくなった原因は、主に以下の6つです。

    ①操作のミス

    ②劣化

    ③外部からの衝撃

    ④動作中の不適切な操作

    ⑤ウイルス感染

    ⑥動画ファイルの破損

Part 2: 削除した動画を復元する方法

方法1.Googleフォト・iCloudなどから消した動画を復元する

GoogleフォトやiCloudにバックアップを取っていれば、そこから消した動画を復元できます。

Gooleフォト

  • Googleフォト にアクセスします。
  • 復元したい動画を探して表示し、赤枠で囲んだ部分をクリックして下さい。

    gooleで復元したいファイルを選択
  • 「ダウンロード」をクリックすると、復元できます。

    gooleでダウンロード

iCloud

  • iCloud にアクセスします。
  • 「写真」の部分をクリック。

    icloudでファイルを復元
  • 該当の動画をクリックし青枠で囲まれていることを確認したら、赤枠で囲んだダウンロードボタンをクリックします。これで復元が可能です。

    ダウンロード

方法2.データ復元ソフトを利用

ビデオを復元するには、データ復元ソフトを利用するのがオススメです。この方法ならば、事前にバックアップを取っていなくても、データ復旧をすることにより、削除してしまった動画ファイルを復元できます。

特にオススメしたいデータ復元ソフトが「4DDiG」です。4DDiGデータ復元ソフトなら、1,000以上のファイル形式に対応しており、高い復旧率を誇っています。

ここでは「4DDiG」を活用し、Macで消してしまった動画を復元する方法を解説します。

  1. 4DDiGデータ復元ソフトをインストール、起動します。

  2. 削除したファイルがあった場所を選択し、「スキャン」をクリック。

    スキャン場所を選択
  3. 無事にスキャンできると、こちらの画面が表示されます。

    結果画面
  4. ビデオの欄から復元したい動画を探してチェックを入れ、「復元」をクリック。動画ファイルの拡張子や種類も見られますので、参考にしてみて下さい。

    保存の場所を選ぶ
  5. Macの動画保存場所を選択し「開く」をクリックします。以前保存されていた場所を選択すると復元できませんので、注意が必要です。外付けHDDに保存すれば、そういったトラブルを防げますので、よければ外付けHDDを活用してみて下さい。

    保存の場所を選ぶ
  6. この表示が出たら復元は完了です。

    復元完了

方法3.「TimeMachine」で削除された動画を復元

  1. 「TimeMachine」を起動します。

    「TimeMachine」を起動
  2. 復元したい動画を選択し、「復元」をクリック。横部分を変えることにより、いつのデータを復元するのかを選べます。

    「復元」をクリック
  3. 復元時間を選択

方法4.復旧業者に相談

動画の復元を専門にしている業者があり、そういった業者に相談することにより、問題が解決するかもしれません。復旧業者に依頼すれば、ほとんどの作業を代行してもらえます。

しかし復旧業者に相談する費用は高いですし、業者の方を依頼する手間やそれまでの時間を加味して考えると、あまりオススメできる方法ではありません。

Part 3: 削除した動画を復元するに関するFAQ

削除した動画はどこにある?

→削除した動画は、ゴミ箱に移動します。

iCloudバックアップから動画を復元する際の注意点がありますか?

→公式の方法で復元しようとすると、iPhone内のデータが上書きされてしまい、前回バックアップしたあとに新しく登録したデータがある場合は、復元すると削除されてしまいます。

それに加え、データを選択して復元することはできませんので、注意が必要です。「4DDiG」などのデータ復元ソフトを活用すれば、これらの問題を解決できます。

Part 4: まとめ

以上、Macで削除した動画を復元することは可能なのか、消した動画を戻す方法を解説しました。Macで削除された動画を復元することは可能で、GoogleフォトやiCloudなどのクラウドサービスやTimeMachineを活用したり、復旧業者に依頼することにより、復元できます。

また最もおすすめできる方法は、4DDiGデータ復元ソフトというデータ復元サービスを活用することです。事前の準備は必要なく、削除してしまった動画を手軽に素早く復元できますので、よければ試してみて下さい。

4DDiG Mac Data Recovery

Tenorshare 4DDiG Mac データ復元

ごみ箱、ディスクフォーマットしたディスク、Macのハードドライブなどからデータを回復

Macですべてのデータを回復する:1000以上のフォーマットがサポートされている

2つの回復モードはMacデータ回復の成功率を高める

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)