FAT32をご存知でしょうか。FAT32とは、Windowsで標準的に利用されるファイルシステムのことです。

この記事では「MacbookでUSBメモリをFAT32にフォーマットしたいのだけれど、やり方がわからない…。」という方に向けて、MacでUSBをFAT32にフォーマットする方法を解説していきます。方法だけではなく、FAT32にする理由やUSBのデータを復元する方法も紹介していますので、是非参考にして下さい。

  1. Part1:USBをfat32にフォーマットする理由
  2. Part2:MacでUSBをfat32にフォーマットする方法
  3. Part3:USBをfat32にフォーマットしたら?MacでUSBメモリ復元の人気方法
  4. Part4:MacでUSBをFAT32にフォーマットについてよくある質問

Part1:USBをfat32にフォーマットする理由

フォーマットというと初期化を連想するかもしれませんが、ファイルシステムを変更するときにも活用されます。MacでUSBメモリをフォーマットというのは、初期化するのと同じではありません。

WindowsやMac問わず使用可能:fat32はWindowsとMacのどちらでもサポートされている形式なので、両方のOSを使っているユーザーに最適です。

古いパソコンでも利用可能:fat32は古いパソコンでも利用できますので、最新ではないパソコンを使っている方はfat32にフォーマットしておきましょう。

ドライブ領域を2TBまで利用可能:2TBというと大抵のパソコンに内蔵されているSSDを超える容量なので、無制限といっても過言ではありません。

これらの理由から、USBをfat32にすることをオススメします。

Part2:MacでUSBをfat32にフォーマットする方法

ここでは、MacでUSBのフォーマット形式をFAT32にする方法を紹介します。

1.「ディスクユーティリティ」でUSBメモリをFAT32にフォーマット

Macの標準ソフトである「ディスクユーティリティ」を活用することで、USBメモリをFAT32にフォーマットがMacで可能です。

  1. MacにUSBを接続し「ディスクユーティリティ」を起動して下さい。

    ディスクユーティリティを起動
  2. USBを選択し、クリックします。クリックすると背景部分が青くなるため、青くなったことを確認しておくのがオススメです。

    USBを選択
  3. 上部分にある「消去」をクリックして下さい。

    「消去」をクリック
  4. フォーマットを「MS-DOS (FAT32)」にし、「消去」をクリックします。これで手順は完了です。もしMacで、FAT32にフォーマットできない場合は、次のやり方を試してみて下さい。

    「FAT32」を選択

2.ターミナルコマンドでUSBメモリをフォーマットする方法

Macの標準ソフト「ターミナル」を使えば、USBメモリのフォーマットがMacで可能です。

  1. MacにUSBメモリを接続して「ターミナル」を起動します。

    「ターミナル」を起動
  2. 「diskutil list」と入力し、エンターキーをクリックして下さい。

  3. 「sudo diskutil eraseDisk FAT32 MBRFormat /dev/disk2」を入力しすると、パスワードが求められますので、パスワードを入力する必要があります。こうすることにより、formatが差したUSBでされますので、Macで確認してみて下さい。

Part3:USBをfat32にフォーマットしたら?MacでUSBメモリ復元の人気方法

「フォーマットしたことによりデータが消えてしまったから、復元する方法を教えて欲しい…。」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。ここでは、USBをMacでフォーマットした場合に、MacでUSBメモリを復元する方法を解説します。

Mac向けデータ復旧ソフト「4DDiG」を利用

Mac向けデータ復旧ソフト「4DDiG」を活用すれば、MacでUSBメモリを復元できます。「4DDiG」は1,000種類以上のファイルに対応しており、やり方も簡単です。復旧率や安全性も高いため、データ復元ソフトで悩んだときには「4DDiG」をオススメします。スキャンだけなら無料で使えますので、是非試してみて下さい。

  1. 公式サイトから「4DDiG」をインストールします。

  2. MacにUSBを接続し、「4DDiG」を起動して下さい。外付けHDDの欄に表示されるためチェックを入れ、「スキャン」をクリック。

    外付けSDDをスキャン
  3. 復元したいファイルにチェックを入れ「復元」をクリックします。写真のようにチェックを入れると、USB内の全てのデータを復元可能です。検索機能もあるため、よければ利用してみて下さい。

    zipファイルを復元
  4. 復元する場所を選択し「開く」をクリックします。迷った時にはデスクトップ画面に復元される「Desktop」を選択するのがオススメです。

    保存場所を選択
  5. この画面が表示されたら、手順は完了です。

    復元完了

Part4:MacでUSBをFAT32にフォーマットについてよくある質問

Q#1)FAT32とexFATならどっちがいい?

基本的には容量が32GB以下ならFAT(FAT32)、それより大きければexFATを選択するのがオススメです。しかし単独のファイルが4GBを超える可能性がある場合(ビデオデータなどを記録する場合)には、32GB以下でもexFATにしておきましょう。

Q#2)MacのUSBをフォーマットするときは何を選択?

MacbookでフォーマットしたいUSBメモリーを選択します。 WindowsとMacで、USBをフォーマット可能な形式は「FAT」と「exFAT」の2種類ありますが、4GB以上のファイルを取扱う予定がある場合はUSBを「exFAT」でフォーマットしましょう。

Q#3)FAT32とntfsどっちがいい?

1ファイルあたり2TBまで保存できるので、制限がないのと同じようなものです。 NTFSは、FAT32に比べてハードディスクの断片化が起こりにくいメリットがあります。そのため、メンテナンスの手間が省けます。 また、NTFSのセキュリティ性能は高く、ユーザーごとにフォルダにアクセス制限を設定することも可能です。

まとめ

以上、USBをFAT32にフォーマットをMacで方法を解説しました。

Macでは、初期化かファイルシステムの変更のために、フォーマットします。MacでUSBをfat32にフォーマットするには、Macでディスクユーティリティやターミナルソフトの利用が必要です。データ復元ソフト「4DDiG」を活用すれば、簡単にUSBのデータを復元できます。やり方も簡単で1,000種類以上のファイルを復元可能なので、是非試してみて下さい。

4DDiG Mac Data Recovery

Tenorshare 4DDiG Mac データ復元

ごみ箱、ディスクフォーマットしたディスク、Macのハードドライブなどからデータを回復

Macですべてのデータを回復する:1000以上のフォーマットがサポートされている

2つの回復モードはMacデータ回復の成功率を高める

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)