「Macで外付けHDDをフォーマットする方法と、データ復元方法を教えて欲しい。」という方も多いのではないでしょうか。

Macで外付けHDDをフォーマットすることは少ないため、やり方を知っている方のほうが少ないように思えます。そのためこの記事では、外付けHDDフォーマットについて書き、フォーマットしたHDDのデータを復元する方法と、外付けHDDデータの紛失を予防する方法を解説します。

  1. Part1:外付け HDD フォーマットについて
  2. Part2:フォーマットしたHDDのデータを復元する方法
  3. Part3:外付けHDDデータの紛失を予防する方法
  4. Part4:まとめ

Part1:外付けHDDフォーマットについて

1.HDD フォーマットとは

「そもそもHDDフォーマットのフォーマットってよく聞くけれど何?」と疑問に思われるかもしれません。フォーマットといっても厳密にいうと初期化ではなく、記憶媒体を該当の機器で使用できるように、管理する領域を設定することです。

しかしHDDフォーマットをすると、HDD内のデータが以前のように使用できなくなってしまうため、注意が必要です。

2.外付けHDDのフォーマットが適用する場合

「外付けハードディスクをフォーマットしたら初期化されてしまうけれど、どういった場合に使われるの?」と疑問に思うかもしれません。新しい接続機器を使用するときなどや何らかの不具合が発生したときに、外付けHDDのフォーマットが必要になります。

3.Macでの外付けHDDフォーマットの手順

「Macで外付けHDDをフォーマットするには、どうすればいいの?」と疑問に思われるかもしれません。HDDフォーマットをすると、HDD内のデータが以前のように使用できなくなってしまいます。ですので、まずはHDD内のデータを別の外付けドライブや、クラウドサービスに保存しておきましょう。

ここでは、事前にバックアップを取っていることを前提とし、Macでの外付けHDDフォーマットの手順を解説します。

  1. まずは外付けHDDとMacを接続して下さい。

  2. するとデスクトップ画面に接続された外付けHDDが表示されるため、それをクリック。

    外付けHDDを起動
  3. 「ディスクユーティリティ」を起動します。

    「ディスクユーティリティ」を起動
  4. 先ほど接続した外付けHDDを選択し、「消去」をクリック。

    「消去」をクリック
  5. 本当にHDDフォーマットを行う場合は、「消去」をクリックして下さい。

    消去を確認
  6. この画面が表示されたら、HDDフォーマットは完了です。

    外付けHDDをフォーマット完了

Part2:フォーマットしたHDDのデータを復元する方法

1.専門的なデータ復元ソフトを活用

「4DDiG」などの専門的なデータ復元ソフトを活用することにより、フォーマットしたHDDのデータを完全に復元することが可能。

代表的な復元ソフトである「4DDiG」なら、使い方は簡単で、様々な形式のデータを復元可能。ここでは「4DDiG」を活用し、フォーマットしたHDDのデータを復元する方法を解説します。

  1. 「4DDiG」をダウンロードし、起動します。

  2. 外付けHDDを接続して下さい。すると画像のように表示されるため、選択します。

    外付けHDDをスキャン
  3. 復元したいファイルにチェックを入れ、「復元」をクリック。検索機能もあるため、必要に応じて活用して下さい。

    データを復元
  4. 保存先を選択し、「開く」をクリック。以前保存されていた場所を選択すると、上手く復元できないことがあるため、必ず別の場所を選択しましょう。迷った場合は、デスクトップ画面に復元される「Desktop」がおすすめです。

    データを保存
  5. この画面が表示されたら、手順は完了です。

    復元完了

データ復旧業者に相談

フォーマットしたHDDのデータを復旧してくれる業者に、相談してみるのも1つの手です。しかし復旧までに、多くの費用と時間が掛かってしまうため、まずは「4DDiG」などの専門的なデータ復元ソフトを活用することをオススメします。

Part3:外付けHDDデータの紛失を予防する方法

「外付けHDDのデータ紛失を予防したいのだけれど、どうすればいいかな…?」と、疑問に思われるかもしれません。

事前にパソコンや、GoogleドライブやiCloudなどのクラウドサービスに保存することにより、外付けHDDのデータ紛失を予防できます。ここでは、その方法を解説します。

パソコンに保存

使用しているWindowsやMacなどのパソコンに保存することにより、外付けHDDのデータ紛失を予防できます。

外付けHDD内のデータをそのまま保存すると、容量を膨大に使用してしまうため、Zipファイルなどで圧縮しておくのがオススメです。

Googleドライブ、iCloudなどのクラウドに保存

GoogleドライブやiCloudなどのクラウドサービスに保存しておくことにより、外付けHDDのデータ紛失を予防できます。

無料での保存には容量制限があり、Googleドライブの場合は15GB、iCloudの場合は5GBです。そのためまずは、Googleドライブに保存しておくのがオススメです。

しかし両方活用しても20GBと限られているため、重要なファイルのみを保存したり、Zipファイルなどで圧縮したものを保存しておきましょう。

Part4:まとめ

以上、Macで外付けHDDフォーマットについて書き、フォーマットしたHDDのデータを復元する方法と、外付けHDDデータの紛失を予防する方法を解説しました。

外付けHDDフォーマットとは、外付けHDDを初期化することです。Macで外付けHDD内のデータを復元したいときは、「4DDiG」などの専門的なソフトを活用するのがオススメ。

事前にMacや、GoogleドライブやiCloudなどのクラウドサービスに保存しておき、外付けHDDのデータ紛失を予防しておきましょう

4DDiG Mac Data Recovery

Tenorshare 4DDiG Mac データ復元

ごみ箱、ディスクフォーマットしたディスク、Macのハードドライブなどからデータを回復

Macですべてのデータを回復する:1000以上のフォーマットがサポートされている

2つの回復モードはMacデータ回復の成功率を高める

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)