「Final Cut Proをよく使っているのだけれど、間違えてプロジェクトデータが消えた…。復元する方法はないのかな?」と思っている方必見。

動画編集ソフトとして有名なFinal Cut Proを使っている方は多いかと思います。間違えてプロジェクトデータが消えたとき、復元する方法が分からず泣き寝入りした方もいるかもしれません。

そのような方に向けて、Final Cut Proの概要とプロジェクトデータが消えた時にデータを復元する方法について紹介しています。

  1. パート1.Final Cut Proとは?
  2. パート2.Final Cut Proの削除された動画を復元する方法
  3. パート3.最後に

パート1.Final Cut Proとは?

Final Cut Proとは、MacOSのみに対応した動画編集ソフトです。MacではiMovieというソフトを無料で活用できますが、Final Cut Proはこれよりも高機能になっている代わりに有料となっています。動画編集を仕事にしている方からも愛用されているそうです。

パート2.Final Cut Proの削除された動画を復元する方法

Final Cut Proのプロジェクトデータが削除されてしまったとしても、復元する方法はありますので、心配する必要はありません。ここでは、削除されたFinal Cut Proのプロジェクトデータを復元する方法を解説しています。

1.自動保存プロジェクトからデータを復元する

Final Cut Proにはバックアップ機能があり、自動保存プロジェクトからデータを復元することができるかもしれません。

ただMacにファイナルカットプロのデータを保存しておくことにより、容量圧迫につながることもありますので、削除されている方もいます。これを削除してしまった方は後述する方法は使えませんので、別の方法をお試し下さい。

ここでは、自動保存プロジェクトからデータを復元する方法を解説しています。

  1. Finderで「Final Cut Backups」と検索し、該当のファイルを開きます。

    検索
  2. 復元したいプロジェクトのファイルを選択して下さい。

    ファイルを選択
  3. その中から復元したいデータを選択すれば、手順は完了です。

    復元完了

2.データ復元ソフトで編集した動画を復元する

ファイナルカットプロで書き出したデータを自動保存プロジェクトから復元できない場合でも、データ復元ソフト「4DDiG」を活用することにより、復元できるかもしれません。シンプルな設計ということもあり、簡単に復元できることが特徴です。

また1,000種類以上のファイル形式に対応しており、業界トップクラスの復元率を誇っていますので、性能面でも優れています。日本語でのサポートも充実していますので、困った時には質問してみて下さい。

  1. 公式サイトからTenorshare 4DDiG-Macをインストールし、ソフトを起動します。

  2. 消えた下書きの動画の元保存場所を選択して、スキャンします。

    「スキャン」をクリック
  3. 一瞬間消えたファイルができました。スキャンできたファイルを選択し「復元」をクリックします。ファイルを確認するために、プレビュー・検索機能があるので、必要に応じて活用して下さい。

    「復元」をクリック
  4. 保存場所を選択します。以前保存してあった場所を選択すると上手く復元できませんので、注意が必要です。迷った場合はデスクトップ画面に復元される「Desktop」をオススメします。

    これまで、手順は完了です。ちゃんと復元されているかどうか、確認しておくことをオススメします。

    復元完了

パート3.最後に

以上、Macのエラーコード43の概要や修正する方法、それによって失われたデータの復元方法も紹介しました。

Macのエラーコード43は、Finderの強制終了やNVRAM(PRAM)のリセットなどにより、解決することもあります。データを紛失した場合でも、データ復元ソフト4DDiGで復元可能です。ぜひご利用下さい。

4DDiG Mac Data Recovery

Tenorshare 4DDiG Mac データ復元

ごみ箱、ディスクフォーマットしたディスク、Macのハードドライブなどからデータを回復

Macですべてのデータを回復する:1000以上のフォーマットがサポートされている

2つの回復モードはMacデータ回復の成功率を高める

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)