dllファイルを削除した後、プログラムが開けないの対処法

authorPic 村上和也 最終更新日 2021-12-01 10:37:58コンピューターデータ復元に行く

拡張子「.dll」がついたdllファイルにおいて、何のファイルかわからずに削除して、システムエラーが表示されるトラブルが発生しています。dllファイルを間違えて削除したり、dllファイルが破損したりすると、関係するプログラムが開けなくなります。

dllファイルとはそもそも何なのでしょうか?そして、dllファイルを削除してエラーが発生した際はどうしたら良いのでしょうか?

ここでは、その解決方法をご紹介いたします。

Part 1: dllファイルとは?

DLL(Dynamic Link Library:ダイナミックリンクライブラリ)とは、様々なプログラムで利用する汎用性の高い機能を搭載したWindowsのプログラムファイルの1つです。そのため、dllファイル単体で何かするのではなく、何らかのプログラム起動時に一緒に実行されるファイルです。

複数のプログラムに共通の機能を1つのdllファイルに集約することで、メモリ容量や読み込み時間を削減できるなどのメリットがあります。

Part 2: 特定のDLLを削除した場合の最悪な結果

一方で、間違ってdllファイルを削除したり、dllファイルが破損したりすると、複数のプログラムが実行できなくなります。「~.dllがないため、プログラムを開始できません」「~.dllがないため、コードの実行を続行できません」などのシステムエラーが表示されます。

この場合、該当するdllファイルを再ダウンロードする必要があり、ネットで探すか、インストールディスク内を探す必要があります。もっと簡単にdllファイルを復元する方法はないのでしょうか?

Part 3: dllファイルを復元する方法

間違ってdllファイルを削除したり、dllファイルが破損したりしていても、データ復元ソフトTenorshare 4DDiGを使うことで復元が可能です。

4DDiGは、誤って削除したデータから、システムクラッシュ、フォーマット、データの破損、悪質なウイルスなどで失ったデータまで復元することが可能なソフトです。事前に何かを設定したり、専門知識が必要だったりすることもなく、簡単な操作ですぐにdllファイルを復元させることができます。

ここでは4DDiGの使い方について説明していきます。

4DDIGをインストールし、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

紛失したファイルの元の保存場所を選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、スキャンを開始します。一般的に、dllファイルはC:ディスクに保存されるため、C:ディスクをスキャンしましょう。
ゴミ箱をスキャン
そこから復元したいデータを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。
4ddigからデータを復元

Part 4: まとめ

dllファイルの説明と、dllファイルを削除したり破損してしまったりした際の復元方法をご紹介しました。dllファイルがなくなると、複数のプログラムが実行できなくなってしまいます。データ復元ソフトTenorshare 4DDiG を使えば、誰でも簡単にdllファイルを復元することが可能です。

4DDiG - Mac/Windows Data Recovery
高い復元率のデータ復元ソフトー4DDiG

✔どんな状況でも、すべてのデータを復元できる(Windows 11/10も対応)

✔画像、動画、ドキュメント、オーディオなど、1000 種類以上のファイルを復元する

✔フォーマット、パーティションの破損、システムのクラッシュ、ウイルス攻撃などにより失われたファイルを復元する

✔専門知識は要りなくて、たっだ3ステップでデータを復元できる

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)

人気記事