Tenorshare 4DDiG Windowsデータ復元のガイドー3ステップで失われたデータを復元

Tenorshare 4DDiG Windowsデータ復元ソフトのガイドはWindowsコンピュータのデータの復元方法をご案内いたします。

製品ガイド

Windows
Mac

Tenorshare 4DDiG Windowsデータ復元ソフトは、データがなくなってしまった最悪な状況から、あなたを救う優れたデータ復元ソフトです。それが誤って削除されたものや、ゴミ箱を空にしてしまったもの、また破損したシステムや、ウイルスに侵された場合でも機能いたします。Tenorshare 4DDiGこそが復元を可能にするのです。

Windowsコンピュータの失われたデータの復元

こちらは重要なパートです。Windows上で失われたファイルをどのように復元するのでしょうか。Windowsのデータ復元のための詳細なガイドラインをここにご用意いたしました。

スキャンする場所を指定

メインインターフェースで、紛失したファイルが保存されたデバイスとドライブ、または場所を確認して選択します。ローカルデェスク、外付けハードディスク、USBメモリ、SDカード、デスクトップ、ゴミ箱、あるファルダなどが指定できます。ここでは、ローカルデェスク(C:)を例として復元する手順を解説いたします。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

4DDiGのスキャンする場所を指定
ファイルを検出

「スタート」をクリックして選択された場所にあるすべての削除されたファイルをリストします。ファイルを表示する方法はツリー表示とファルダーの2つがあります。ファルダー表示はすべてのデータをファイルタイプによってあげます。

復元したい場所を選択
復元したいデータのプレビューと復元

まず、復元したいデータの保存先を選択します。そして、選択したファイルをプレビューして「復元」をクリックします。(JPGとTXTがプレビューできる)

復元をクリック

注意: 保存パスを元の場所を選択すれば、この作業は無効になります。

復元作業を実行

データの復元作業が終わったら、「復元完了!」と表示されます。

復元完了

データが復元完了したら、復元したデータをお読みできます。

こちらのビデオのチュートリアルに従って、4DDiGでデータを復元方法を身につけます。

クラッシュしたコンピュータからデータを復元する

Windowsコンピュータがクラッシュしたり、動作を停止したりすることがあります。修理店に向かう前に、重要なデータを復元する必要があります。 では、クラッシュしたシステムからデータを回復する方法は? 4DDiGを利用して、クラッシュしたコンピューターから失われたデータを取り戻すには、以下の手順に従ってください。

まず、こちらのビデオチュートリアルを見ましょう!

ステップ1: クラッシュリカバリの準備

クラッシュコンピュータからデータを回復する前に、以下のものをご用意ください。正常に動作できるコンピューター、1.5G以上の空のUSBドライブまたはCD / DVDと、動作するコンピューターにインストールされた4DDiGデータ復元プログラム。

ステップ2:USBドライブを接続し、場所を選択する

コンピューターで4DDiGソフトウェアを起動し、USBフラッシュドライブを適切に接続します。ホームインターフェイスから「クラッシュしたシステムからデータを復元」を選択し、「スタート」をクリックして続行します。

復元したい場所を選択
ステップ3:ブータブルドライブを作成する

外付けUSB / DVDドライブを選択して起動可能なドライブを作成し、「作成」をクリックします。 USB / DVDは、ブータブルドライブを作成するためにフォーマットされることに注意してください。また、作成中はドライブを操作しないでください。

外付けUSB / DVDドライブを選択 作成をクリック ファームウェアがダウンロード
ステップ4:起動可能なUSBドライブを正常に作成する

しばらくすると、起動可能なドライブが正常に作成され、クラッシュしたコンピューターを使用してデータの回復を開始できます。

起動可能なドライブが正常に作成される
ステップ5:クラッシュしたコンピューターをUSB / CD / DVDドライブから起動する

クラッシュしたコンピューターにUSBフラッシュドライブまたはCD / DVDドライブを挿入してから、デバイスを再起動します。 その後、画面にコンピューターのブランドロゴが表示され、デバイスのBIOS設定に入るまで対応するキーを押します。(開始キーはシステムごとに異なる可能性があり、このページを参照しましょう。)

ステップ6:クラッシュしたコンピューターからデータを復元する

BIOSに入ったら、矢印キーを使用してブートタブに切り替え、ブートデバイスを選択します。その後、クラッシュしたシステムがファイルのロードを開始し、構成が完了するまでしばらくお待ちください。これで4DDiGが自動的に起動し、場所を選択してデータの回復を開始できます。データの安全を確保するために、復元したデータをローカルディスクではなく外部ドライブに保存することをお勧めします。