「Windows 10 November 2021 Update(バージョン21H2)」をご存知でしょうか?Windows 10の2021年秋の機能更新プログラムのことですが、「Windows 10 October 2020 Update(バージョン20H2)」のサポート終了に伴い、このWindows 10 バージョン 21H2へのアップデートが推奨されています。

そこで今回は、Windows 10 バージョン 21H2へアップデートすべきか?また、その更新方法について解説いたします。アップデートした際にデータが消失した場合の対策もご紹介しますので、参考にしてください。

  1. Part 1: Windows 10 バージョン 21H2アップデートすべきか?
  2. Part 2: Windows 10 バージョン 21H2に更新する手順
  3. Part 3: Windows 10 バージョン 21H2に更新する時に注意すべきことHOT
  4. Part 4: Windows 10 バージョン 21H2にアップデートできない原因と対処

Part 1: Windows 10 バージョン 21H2アップデートすべきか?

まず、Windows 10 バージョン 21H2の更新機能を見ていきましょう。

  • Wi-Fiのセキュリティ規格「WPA3 H2E」のサポート
  • Windows Hello for Businessの「Cloud Trust」のサポート
  • Windows Subsystem for Linux(WSL)のGPUコンピューティング機能のサポート
  • Azure Virtual Desktopによる仮想アプリのローカル表示

これだけ見ると、Windows 10 バージョン 21H2アップデートが特別必要ないように見えるかもしれません。しかし、「Windows 10 バージョン 20H2」が2022年5月でサービス終了を迎えるに伴い、サポートも終了してしまいます。

Windows 10 バージョン 21H2を適用しない場合、Windows 10のサポート終了日2025年10月14日を待たずに、2022年12月13日にサポート期限を迎えてしまいます。

サポートが終了すると、セキュリティ更新プログラムの配信も終了するため、Windows 10 バージョン 21H2にアップデートすべきと考えられます。

Part 2: Windows 10 バージョン 21H2に更新する手順

ここでは、Windows 10 バージョン 21H2に更新する手順を解説いたします。

  1. Windowsのスタートボタンをクリックし、「設定」をクリックします。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 画面左側「Windows Update」を選択して、「更新プログラムのチェック」をクリックします。「Windows10 バージョン21H2の機能更新プログラム」が表示されたら、「ダウンロードしてインストール」をクリックします。インストール後、PCの再起動を促されるので、今すぐ再起動するか、再起動するスケジュールを設定します。

    Windows10 バージョン21H2

    *Windows 11へのアップグレードが表示されている場合は、「今はWindows 10の使用を継続します」を選択してから「更新プログラムのチェック」をクリックします。

    *または、このサイトにアクセスして手動でアップデートすることも可能です。ダウンロード後、画面の指示に従って操作し、アップデートを完了させてください。

Part 3: Windows 10 バージョン 21H2に更新する時に注意すべきこと

Windows 10 バージョン 21H2に更新する際、データが消失する恐れがあります。大切なデータをバックアップしましょう。

万が一、バックアップしなかった場合でも、データ復元ソフト「4DDiG」を使うと正常に復元できます。4DDiGは、誤って削除したデータから、パソコンのシステムクラッシュ、フォーマットやシステムの破損、悪質なウイルスなどで失ったデータまで復元することが可能なソフトです。事前に何かを設定したり、専門知識が必要だったりすることもなく、簡単な操作でファイルを復元することが全部可能です。

  1. 4DDIGデータ復元ソフトをインストール、起動します。

  2. ファイルが失われた場所を選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。

    スキャン場所を選択
  3. 次に、復元したいファイルタイプを選択し、「選択したファイルタイプをスキャン」をクリックしてドライブのスキャンを開始します。

    復元したいファイルタイプを選択、スキャンを開始
  4. そこから復元したいデータを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。

    ファイルを検出
  5. データの選択が終わったら、動画面右下にある「復元」をクリックしてください。あとは自動的にデータが復元されます。

    復元をクリック
    注意:: 保存パスを元の場所を選択すれば、データが上書きして復元できない恐れがあります。

Part 4: Windows 10 バージョン 21H2にアップデートできない原因と対処

Windows 10 バージョン 21H2に正常にアップデートできないトラブルが発生する場合があります。原因と対処法を知っておきましょう。

  • パソコンを再起動する
  • インターネットの接続状態を確認する
  • パソコンのハードディスクの空き容量を確認する
  • WindowsUpdateを修復する
  • デバイスドライバーの更新/再インストールを行う

まとめ

Windows 10 バージョン 21H2アップデートの必要性と、アップデート方法についてお伝えしました。

Windows 10 バージョン 20H2のサポート終了に伴い、Windows 10のサポート期限よりもっと前に、サポートが終了してしまいます。セキュリティ面の観点からWindows 10 バージョン 21H2へのアップデートが必要です。

Windows 10 バージョン 21H2アップデートの際には、データのバックアップをとることをお勧めします。万が一、バックアップを取らずにデータが消失した場合は、4DDiGソフトを使用してデータを復元させましょう。

4DDiG - Mac/Windows Data Recovery

Tenorshare 4DDiG データ復元

4DDiGは、Windows / Macコンピューターで削除、フォーマット、RAWなどのさまざまな損失シナリオから失われたデータをより高い成功率で回復するための選択肢の1つです。

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)