Windowsパソコンのゴミ箱から削除したファイルの復元方法を徹底解説!【4選】

5分で読める

カテゴリ:Windowsデータ復元|更新日:2024-06-14 17:15:48

Windowsのゴミ箱から削除したファイルの復元を行いたい方も多いでしょう。ファイルをゴミ箱から元に戻す方法にはいくつかの方法が挙げられます。そこで、こちらの記事ではゴミ箱から消したファイルを復活させる方法とよくある質問に関してまとめていきます。

Part1:ゴミ箱を空にした後の削除したファイルの復元

もしゴミ箱を空にするをして完全に消してしまったファイルを復元したい場合、専用のツールが必要です。おすすめは「4DDiG Windowsデータ復元」になります。ゴミ箱から完全に削除してしまったファイルやUSBメモリSDカードなど幅広い媒体のデータを復元可能です。

4DDiG Windowsデータ復元ソフトを使えば、ゴミ箱にすでにない削除してしまったファイルや、ゴミ箱を経由せずに完全に削除してしまったファイルも復元できます。ゴミ箱からの復元を無料でお試し可能なため、まずはお試ししてみてはいかがでしょうか。大切なデータが復元できますよ。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • スキャン対象を選択:

    Tenorshare 4DDiGの公式ウェブサイトからソフトウェアをダウンロードし、パソコン上にインストールします。インストールが完了したらアプリケーションを起動します。復元したいデータが存在するドライブやパーティションを選択して、スキャンします。

    「スキャン」
  • ファイルをプレビュー:

    削除されたファイルを全てスキャンするのには時間がかかります。スキャン結果が出ましたら、詳細をプレビューするためにお探しのファイルタイプをクリックすることができるようになります。

    ファイルのプレビュー
  • ファイルを復元:

    その後、復元したいファイルにチェックを入れて、復元したファイルの保存場所を選択して、復元作業を実行します。

    復元場所の選択
    注意:

    保存パスを元の場所を選択すれば、データが上書きして復元できない恐れがあります。

Part2:「元に戻す」機能を使ってゴミ箱から削除したファイルを復元

ゴミ箱から削除したファイルのうち、削除したのが最近の場合やまだ空にしていないこともあるでしょう。

その場合は、以下の手順で復元可能です。

  • デスクトップにある「ゴミ箱」のアイコンをクリックしてください。
  • ゴミ箱の中が表示されます。復元したいファイルを選択して、カーソルを載せて右クリックしてください。「元に戻す」を選択すればファイルを存在していた場所に復元可能です。

    元に戻す

元に戻した後、ファイルがあった場所を開いて復元できているか確認してみてください。

Part3:「ファイル履歴」機能を使ってゴミ箱にもないファイルを復元

Windowsファイル履歴をオンにして、利用可能なバックアップコピーを作成した場合、ゴミ箱を経由せずに削除してしまったデータを復元したい場合は、ファイル履歴から復元を試みる必要があります。ファイル履歴とは、各種データを一定期間ごとに自動でバックアップしてくれる機能です。

設定に関しては以下の手順で確認可能です。

  • 左下のWindowsマークをクリックすると「歯車」マークが表示されます。そちらをクリックしてください。
  • すると、設定画面が表示されます。「更新とセキュリティ」をクリックしてください。

    更新とセキュリティ
  • ファイルのバックアップ設定が表示されます。左の設定項目から「ファイルのバックアップ」を選択してください。

その後、「ファイル履歴を使用してバックアップ」の設定がオンになっているか確認します。

「ファイル履歴を使用してバックアップ」をオンにする

以上でゴミ箱から削除したファイルの復元ができます。

Part4:以前のバージョンからゴミ箱を経由せずに削除したファイルを復元

もしコンピュータ上に復元ポイントが残っているなら、ゴミ箱から削除したファイルの復元が行えます。復元ポイントとは、一定間隔でドライブごとのバックアップを取得するための機能です。

復元ポイントの設定は以下の手順で行います。

  • 左下のWindowsマークを右クリックして、「システム」を選択してください。
  • システムの設定画面が表示されます。「詳細設定」を選択して、その中にある「システムの保護」をクリックしてください。

    「システムの保護」をオンにする
  • システムの保護設定が表示されます。保護設定の項目を確認して、ドライブの保護設定が「有効」になっているか確認してください。

    有効の場合は「システムの復元」をクリックすれば復元ポイントからファイルを復元することが可能です。

    「システムの復元」をクリック
  • もし保護設定が無効になっている場合は、設定を有効にして復元ポイントを作成できるようにしなければいけません。復元ポイントを作成したいドライブをクリックして選択してください。その後、「構成」のボタンをクリックします。

    「構成」のボタンをクリック
  • 復元ポイントを作成したいドライブの「システムの保護を有効にする」を選択してください。「適用」を押して設定を保存すれば完了です。

    システムの保護を有効にする

このように、復元ポイントを定期的に作成しておくことで消してしまったファイルを復元できるようになります。

Part5:ゴミ箱から削除したファイルの復元に関するよくある質問

ゴミ箱から削除したファイルの復元に関するよくある質問と回答を以下にまとめました。

質問1.Windows 10でゴミ箱からファイルを永久に削除する方法を教えてください。

  • ゴミ箱を開いて、完全に削除したいファイルがあることを確認してください。
  • エクスプローラーの左上の「ゴミ箱を空にする」をクリックします。

もしゴミ箱内の特定のファイルだけ完全に消したい場合は、ファイルを右クリックして「削除」を選択してください。

質問2.Recycle Binウイルスを完全に削除するにはどうすればよいですか?

セキュリティソフトを用いてウイルススキャンを実施してください。セキュリティソフトがウイルスを発見できれば、完全に削除することが可能です。

質問3.iPhoneのゴミ箱から削除した写真はどうすれば復活できますか?

iPhoneのゴミ箱から完全に消した写真を復元したい場合、以下の手段があります。

  • iCloudのバックアップ機能を使う
  • 専用のデータ復元ツールを使う

バックアップを定期的に取得していれば、iCloudから復元できるでしょう。ただし、ゴミ箱から完全に削除したファイルの復元を行いたい場合は、データ復元ツールを使う必要があります。

まとめ

ゴミ箱から完全に削除したファイルの復元を行いたい場合は、ファイルの状態によって復元方法が変わってきます。もしバックアップを取得していない場合は、復元専用のツールを使わなければいけません。

4DDiG Windows復元ソフトを使えば簡単にWindowsや様々なメディアのデータを復元可能です。完全に消してしまったデータを復元したい際は、お試しください。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

村上和也 (編集者)

データ回復、Windows および Mac 関連の問題に関する執筆を専門としており、多くの人々にコンピュータの問題に対する効果的な解決策を提供してきました。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)