[macOSのコツ] Mac/MacBookのカメラが起動しない時の対処法

5分で読める

カテゴリ:重複ファイル削除|更新日:2024-05-16 15:47:15

Zoomなどのオンラインミーティングの機会が増えたことによって、MacBookのカメラを利用する機会が増えています。しかし、時にはカメラの不調によって正常に作動しないケースも存在します。この記事ではMacBookのカメラが起動しない時の対処方法を紹介します。

パート1:Macのカメラが起動しない原因

MacBookのカメラが起動しない原因として、様々な要因が考えられます。まずはMacBook内のカメラの設定が間違っている状況です。MacBook内でのアプリの設定から一度カメラが正しく連携できているかをチェックしましょう。また、パソコンやアプリに関するバージョンアップデートがない場合もカメラが正常に作動しない可能性があります。

パート2: Macのカメラが起動しない時の対処法

MacBookのカメラが起動しない理由は複数考えられます。原因さえわかっていれば、対処方法を理解するのもそこまで難しくはありません。ここからはMacのカメラが起動しない時の対処方法を紹介します。

対処法1:アプリのカメラ権限を付与する

まずはアプリがカメラと連携しているかどうかを確認しましょう。パソコンに入っているアプリの設定からカメラ権限が許可されていない場合は、アプリの設定を開いた上でカメラとの連携ができているかを確認いたしましょう。

対処法2:カメラ機能を使用しているアプリを再起動する

カメラ機能を使っているアプリに異常があるケースも考えられるため、アプリの再起動も検討しましょう。パソコンの再起動で不具合が解決するケースがあるように、アプリを再起動・再インストールで解決できるケースがあるため、方法の1つとして考えておきましょう。

対処法3:アプリごとにカメラの設定を調整する

アプリによってカメラの利用可否が変わる場合はアプリ側に問題がある場合があります。特定のアプリでカメラに問題があるとなった場合は、アプリの設定をチェックしましょう。

アプリ内の設定でデバイスが正しく認証されているかどうか、アプリのアップデートは済んでいるかどうかなどを確認することで正常に動く可能性があります。

対処法4:macOSを最新バージョンにアップデートする

macOSを最新バージョンにアップデートするだけで不具合が解消する可能性が高いです。

Macに内蔵しているカメラのファームウェアもソフトウェアアップデートによって更新されるので、定期的にMacBookのアップデートを重ねていきましょう。

macOSを最新バージョンにアップデートする

対処法5:macOSを再起動する/SMCをリセットする

Macのシステムで原因不明のエラーが起きている場合もあるので、一旦再起動するのもおすすめです。再起動することで一時的なエラーが解決されることが多いため、トラブルが発生した場合はまず再起動する癖をつけましょう。

またSMCとリセットすることも重要です。SMCをリセットする方法としては一度電源を切った後に「shift」「control」「option」を押しながら電源を入れ直すだけです。

SMCをリセットする

パート3: macOS を定期的にクリーンアップしてスムーズに実行する

カメラがうまく作動しない理由としてパソコン内に不要なファイルが多いことも考えられます。その場合は、macOSを定期的にクリーンアップする必要があります。不要なファイルを整理して削除することで、パソコンの動作が軽くなり、カメラの不具合なども発生しにくいです。出来るだけパソコンの不具合を発生させないためにも、定期的にクリーンアップを実施するようにしましょう。

4DDiG Duplicate File Deleter (Mac) でファイルをクリーンアップする

4DDiG Duplicate File Deleter (Mac)はパソコン内にあるファイルをクリーンアップしてくれるAI技術を搭載したツールです。4DDiG Duplicate File Deleter (Mac) を活用することで、無駄なファイルのクリーンアップにかかる時間は短縮でき、カメラの不具合などが発生しにくくなります。出来るだけトラブルが発生させにくくするためにも定期的にファイルをクリーンアップしましょう。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • 4DDiG Duplicate File Deleter (Mac) を起動します。スキャンするフォルダーを選択するか、フォルダをドラッグアンドドロップしてスキャンを開始します。

    スキャンするフォルダーを選択する
  • 左上の「環境設定」をクリックすると、必要なスキャンモードを設定します。設定が完了したら、「重複ファイルをスキャン」をクリックして、選択したフォルダのスキャンが開始します。

    重複ファイルをスキャン
  • スキャンが完了すると、画面に重複ファイルが表示され、右側のファイルの内容をプレビューして、不要なものを選択することができます。

    重複ファイルをプレビュー
  • 不要なファイルを選択したら、「削除」をクリックします。

    重複ファイルを削除

さいごに

本記事では、MacBookのカメラが正常に起動しない場合の対処方法を紹介しました。MacBookのカメラが正常に作動しない問題について対処方法は明らかになっています。上記で紹介した手順を踏めば、カメラの不具合は解消できます。また、などを活用してファイルを常にクリーンアップしておくことで不具合ななどが生じにくくなります。

出来るだけパソコンを使いやすい状態にしておくためにも日頃のクリーンアップは欠かさないようにしましょう。一方でファイルのクリーンアップには時間がかかってしまうため、「4DDiG Duplicate File Deleter (Mac)」などのソフトを活用することをおすすめします。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

加藤篤人 (編集者)

4DDiGの編集長として、データ復元、ファイル修復、重複ファイルの削除、パーティション管理、あらゆる種類のパソコンの問題に対するエラー修復など、Windows および Mac 関連の問題に対する最適な解決策を提供することに専念しています。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)