PCの空き容量を確認して増やす方法

5分で読める

カテゴリ:パーティション管理|更新日:2024-06-14 17:15:33

PCの動作が遅くなったと感じたことはありませんか? 原因の一つとして、空き容量不足が挙げられます。

空き容量が不足すると、

  • ファイルの保存やコピーができない
  • アプリケーションの動作が遅くなる
  • パソコン全体の動作が遅くなる

などの問題が発生します。

本記事では、PCの空き容量を確認する方法と、PCの空き容量を増やす方法について解説します。

Part1. PCのストレージ容量を確認する方法

「Windows」と「E」を同時に押し、「エクスプローラー」を開きましたら、各ドライブの空き容量を確認できます。

「エクスプローラー」を開き

Part2.PCの容量を空ける・空き容量を増やす方法

2.1 不要なデータやアプリを削除

  • ダウンロードフォルダ
  • ゴミ箱
  • 古いファイルやフォルダー
  • 使用していないアプリ
  • 重複ファイル

上記の不要のファイルを削除し、PCの空き容量を増やしましょう。

その中では、重複ファイルの削除のみが、探して削除する必要があり、人工的に操作するにはどうにも難しいですので、重複ファイルんお削除ができる「4DDiG Duplicate File Deleter」を勧めます。このツールでは、自動で重複ファイルを検出してくれるため、誤って必要なファイルを消してしまうことがありません。操作方法は以下の通りです。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • 4DDiG Duplicate File Deleterをインストール、起動します。

  • スキャンするフォルダーを選択するか、フォルダをドラッグアンドドロップしてスキャンを開始します。

    フォルダをドラッグアンドドロップしてスキャンを開始
  • 左下の歯車ボタンまたは右下のドロップダウンボタンをクリックし、必要なスキャンモードを設定します。設定が完了したら、「重複アイテムをスキャン」をクリックして、選択したフォルダのスキャンが開始します。

    重複アイテムをスキャン
  • スキャンが完了すると、画面に重複ファイルが表示され、右側のファイルの内容をプレビューして、不要なものを選択することができます。

    ファイルの内容をプレビュー
  • 不要なファイルを選択したら、「削除」をクリックします。

    不要なファイルを選択したら、「削除」をクリック

2.2 ディスククリーンアップ

ディスククリーンアップツールを使用して、一時ファイルや不要なシステムファイルを削除することができます。

  • PCを開き、Cドライブを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

  • 表示された「Windows(C:)プロパティ」ダイアログボックスで、「ディスクのクリーンアップ」をクリックします。

    ディスクのクリーンアップ
  • ディスククリーンアップのダイアログで削除したいファイルを選択し、「OK」ボタンを押します。「ファイルの削除」ボタンをクリックすると、コンピュータが自動的にディスクのクリーンアップを実行します。

    コンピュータが自動的にディスクのクリーンアップを実行

2.3 ストレージセンサーで自動的に一時ファイルを削除

ファイルやフォルダーに圧縮属性を設定すると、ファイルサイズを小さくすることができます。

  • 「Windows」と「I」を同時に押し、「設定」を開きましたら、「システム」→「ストレージ」の順でクリックします。「ストレージ センサーを構成するか、今すぐ実行する」をクリックして、ストレージセンサーのセッティングに入ります。

    ストレージセンサーのセッティングに入り
  • 自分のニーズによって、ストレージセンサーを実行するタイミング、使用されていないアプリの一時ファイルを削除するかどうかを選択します。

  • 選択済みなら、スイッチを「オン」にします。

    ストレージセンサーをセッティング

Part3.PCのストレージを増やす方法

空き容量をさらに増やすには、以下の方法があります。

3.1 外付けHDD/SSD

外付けHDD/SSDを使用すると、簡単にストレージ容量を増やすことができます。

メリット

  • 比較的安価
  • 簡単に接続できる
  • 持ち運びが便利

デメリット

  • パソコン本体のストレージより速度が遅い
  • 紛失や破損のリスクがある

3.2 容量の大きいHDD/SSDに換装

パソコン本体のHDD/SSDを容量の大きいものに換装することで、ストレージ容量を大幅に増やすことができます。

メリット

  • 外付けHDD/SSDより速度が速い
  • 見た目がすっきりする

デメリット

  • ある程度の知識と技術が必要
  • 費用がかかる

HDDやSSDを交換する際には、ディスクの複製が必要です。4DDiG Partition Managerを使用すれば、Windows OSを再インストールせずにHDDからSSDにデータを移行できます。操作は非常に簡単で、わずか3つのステップで完了しますので、ぜひお試しください。

さらに、このソフトウェアはHDDやSSDのパーティションの管理も可能です。パーティションの分割やサイズ変更、削除なども容易に行えます。

新しいテクノロジーソリューションにより、パーティションの複製作業が高速化されました。ディスクの複製はわずか2つのステップで完了しますし、自動的に4Kアライメント技術が適用されます。

以下では、HDDやSSDの交換やデータ複製の手順を詳しくご紹介いたします。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • 4DDiG Partition Managerを起動します。「ディスクのクローン」を選択します。

    「ディスクのクローン」を選択
  • ソースディスクからデータをクローンするターゲットディスク(デフォルトはコンピュータに接続するディスク)を選択し、「次に」ボタンをクリックします。

    注意:クローン作成ではターゲットディスク上のすべてのデータが上書きされるため、すべてが正しいことを確認した後、「はい」ボタンをクリックしてください。

    ターゲットディスクを選択
  • 次に、複製されたディスクの効果を示すプレビューインターフェイスが表示されます。 プレビューが正しいことを確認したら、「開始」ボタンをクリックしてクローン作成操作を開始します。

    ディスククローンの開始
  • ディスクのクローン作成が完了するまでしばらく待ちます。クローン作成の速度は、ソースディスクのサイズによって異なります。

    注意:ディスクのクローン作成プロセス中は、他の操作を実行したり、現在の操作を中断したりしないでください。

    ディスククローン成功
ノート

パソコン2台分のライセンスが登場し、ディスク管理がより便利に!

3.3 オンラインストレージへファイルを移動

オンラインストレージサービスを利用すると、インターネット経由でファイルにアクセスすることができます。

メリット

  • 場所を選ばずにファイルにアクセスできる
  • パソコンのストレージを節約できる
  • バックアップとして利用できる

デメリット

  • インターネット接続が必要
  • 無料プランでは容量が制限されている

代表的なオンラインストレージサービス

  • サービス
  • Google Drive
  • Dropbox
  • OneDrive
  • iCloud
  • 無料プラン
  • 15GB
  • 2GB
  • 5GB
  • 5GB
  • 主な特徴
  • Googleアカウント連携
  • ファイル共有機能が充実
  • Microsoft Office連携がスムーズ
  • Apple製品連携がスムーズ
  • 有料プラン
  • 100GB(月額250円)~
  • 2TB(月額1,200円)~
  • 100GB(月額250円)~
  • 50GB(月額130円)~

最後に

本記事では、PCの空き容量を確認する方法と、空き容量を増やす方法について解説します。PCの空き容量を増やす方法はいくつかあります。自分に合った方法を見つけて、快適なPC環境を維持しましょう。HDD/SSDの換装に必要となるディスクのクローンツールを4DDiG Partition Managerの利用がお勧めです。ディスクのクローン以外、パーティションの管理にも役に立つ操作の優しいアイテムです。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

村上和也 (編集者)

データ回復、Windows および Mac 関連の問題に関する執筆を専門としており、多くの人々にコンピュータの問題に対する効果的な解決策を提供してきました。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)

以下も気に入るかもしれません