ハードディスク(HDD)修理とデータ復旧の違いとは何か、自分でデータ復旧する方法

5分で読める

カテゴリ:パーティション管理|更新日:2024-04-10 17:02:34

故障してしまったHDDをメーカーに修理を依頼される方は多いと思います。ですが、メーカー修理の場合、故障したHDDに存在するデータの取り出すことができなくなることも多いです。どうすれば大事なデータを失わずにハードディスクの修理ができますか?

また、「実はメーカー修理必要ないほど」の問題に対して、どうにも安いとは言えないハードディスクの修理費用をできるだけ下げるため、ご自分で修理してもどうですか。

本記事は、「HDDに故障がする場合に起きる症状、HDD論理障害と物理障害の差異、HDDにあるデータの保存しながら修理する方法、ハードディスクの修理に関するよくある質問の回答」について討論していきます。

Part1.ハードディスク(HDD)の修理・修復が必要となる症状

お使いのパソコンに内蔵HDD、もしくは外付けHDDに障害がある場合、正確にハードディスクの修理方式を判断するにはまず、ハードディスクの故障の原因を診断することが大事です。

1.1論理障害によるHDDの不良症状

論理障害とは、ハードディスク自体の物理的な損傷に被害することなく、ファイルシステムやソフトウェア、HDD内のデータの構造に関連した問題によって、データへのアクセスが妨げられる状態です。

HDDに論理障害が発生した場合、下記の症状があります:

  • ①ファイル又はフォルダのアクセスが不可
  • ②フォーマット要求
    (HDDを接続する度に「ドライブはフォーマットされていません」というメッセージが表示される)
  • ③データが消失
  • ④ファイル名やフォルダ名が破損
    (認識できない文字列になっている)
  • ⑤ファイルシステムが破損
  • ⑥エラーメッセージが表示
  • ⑦OSのブート問題で起動しない
  • ⑧パーティション問題
    (パーティションが見えなくなったり、サイズが間違って表示されたりする)

1.2物理障害によるHDDの不良症状

物理障害とは、ハードディスクに物理的な損傷(ハードウェアの故障や損傷)によるデータ障害です。

HDDに物理障害が発生した場合、下記の症状があります:

  • ①異音が発生
    (クリック音、グラインド(すり潰すような)音、または唸り音)
  • ②ドライブが全く動作しない
    (ドライブが全く反応しない、又はパソコンに認識されない)
  • ③過熱
  • ④データの読み取りや書き込みエラー
  • ⑤断続的な動作
    (一時的に動作し、突然停止する)
  • ⑥バットセクタが増加
  • ⑦OSのブート問題で起動しない

Part2.ハードディスク(HDD)の修理とデータ復旧の基本的な違い

メーカー修理とデータ復旧は、HDDなどのストレージデバイスに関して異なるアプローチと目的を持っています。

ハードディスクの修理(メーカー修理)

  • 特徴:デバイス自体の修理に焦点を当て、データの保全は二次的です。
  • 目的:メーカー修理の主な目的は、故障したデバイスの物理的または電気的な部品を修理または交換して、デバイスを正常な動作状態に戻すことです。
  • データ保持の重視度:通常、メーカーはデバイスの修理を重視し、内部に保存されているデータの保持や復旧には責任を持ちません。修理プロセス中にデータが失われる可能性があります。
  • コスト:多くのメーカー修理は、製品の保証期間内であれば無料または割引されることがあります。また、修理後は新しい保証が提供されることが一般的です。
  • 修理プロセス:メーカーによる修理は、特定のブランドやモデルに特化しており、その製品に適した部品やプロセスが用いられます。

ハードディスクのデータ復旧

  • 特徴:失われたデータの回復に特化しており、デバイスの修理よりもデータの救出を優先します。
  • 目的:データ復旧の主な目的は、故障したデバイスからデータを回復し、ユーザーがそのデータに再アクセスできるようにすることです。
  • データ保持の重視度:データの保護と回復に特化しており、物理的または論理的な障害からデータを救出することを最優先事項としています。
  • コスト:データ復旧は専門的な技術と機器を必要とするため、通常は高額な費用がかかります。ですが、最近はHDDのデータ復旧を自分でも行えるソフトウェアがありますので、状況によって費用が避ける可能性があります。
  • 修理プロセス:データ復旧サービスは、様々なブランドやモデルのデバイスに対応しており、物理的な損傷や論理的な問題に対応するための多様な技術と手法を使用します。

デバイスが故障した場合、データの重要性によって、メーカー修理かデータ復旧のどちらを利用するかを検討する必要があります。

データが重要であれば、先にデータ復旧を行い、その後からメーカー修理を検討するのが一般的です。

Part3.論理障害の際、HDDのデータを修復する5つの方法

3.1 WindowsのツールでHDD(ハードディスク)を修復する

軽微なエラーであればWindowsに搭載されている機能で修復できることがあります。

  • チェックしたいハードディスクを右クリック

  • プロパティを表示

  • ツールタブをクリック

  • エラーチェックの[チェック]をクリック

    ドライブチェックで修復
  • 再起動が要求される場合は、再起動を行う
    (その後自動でシステムの修復が開始します。)

3.2 CHSDSKコマンドでディスクを修復

  • 「Windows + R」キーを同時に押し

  • ボックスにcmdと入力して「OK」をクリック

  • コマンドプロンプトを実行
  • コマンドプロンプトのウィンドウに、chkdsk *: /f /rを入力
    (* 破損したディスクのドライブレター)

  • 最後に「Enter」キーを押します

ここで使用されたCHKDSKのパラメータ:

/f:ディスク上のエラーを修正します。 ディスクはロックされている必要があります。 chkdsk がドライブをロックできない場合は、次回コンピューターを再起動する場合にドライブを確認する必要があるというメッセージが表示されます。

/r:不良セクターを検索し、読み取り可能な情報を回復します。 ディスクはロックされている必要があります。 /r には、物理ディスク エラーの追加分析を含む /f の機能が含まれています。

CHKDSKの修復プロセスが終了した後、コマンドプロンプト ウィンドウを閉じるには、Exitを入力することができます。その後、ハードドライブにアクセスできるか、またはそれが正常に動作しているかどうか確認できます。


3.3 4DDiG Partition Managerで安全・簡単・安く別のHDD/SSDにデータクローンを行う

使用中のHDDやPCに何らかの不具合があるが、まだ動作できる場合は重要なデータから優先的にデータの移行する方が多いです。この方法はかなりリスクのある方法です。データ移行中に突然致命的な障害が発生し、移行前のデータが完全に消えてしまう可能性もあります。4DDiG Partition Managerを使用して、クローン機能で安全にデータの移行ができます。

操作手順は下記の通りです:

無料ダウンロード

安全なダウンロード

ディスクのクローンを作成する前の準備
  • ターゲット ディスクの容量がソース ディスクより小さくなっても構いません。ターゲット ディスクの容量がソース ディスクの使用された容量より大きい、または同じであれば大丈夫です。ターゲットディスクの余分な領域はシステムが認識できない未割り当て領域となるため、パーティション管理機能を使用して新しいパーティションを作成できます。
  • 対象ディスク上のデータは消去されますので、重要なデータがある場合は必ずバックアップを作成してください。
  • ソース ディスク上のデータはそのままターゲットディスクにクローン作成され、クローン作成プロセス中にソースディスク上のデータが変更されたり失われたりすることはありません。
  • 4DDiG Partition Managerを起動します。「ディスクのクローン」を選択します。

    ディスクのクローン
  • ソースディスクからデータをクローンするターゲットディスク(デフォルトはコンピュータに接続するディスク)を選択し、「次に」ボタンをクリックします。

    注意

    クローン作成ではターゲットディスク上のすべてのデータが上書きされるため、すべてが正しいことを確認した後、「はい」ボタンをクリックしてください。

    ターゲットディスク
  • 次に、複製されたディスクの効果を示すプレビューインターフェイスが表示されます。 プレビューが正しいことを確認したら、「開始」ボタンをクリックしてクローン作成操作を開始します。クローン作成の速度は、ソースディスクのサイズによって異なります。

    注意

    ディスクのクローン作成プロセス中は、他の操作を実行したり、現在の操作を中断したりしないでください。

    ディスククローンの開始
ノート

パソコン2台分のライセンスが登場し、ディスク管理がより便利に!

3.4 HDDのドライブレターを変更する

複数の外付けHDDを接続したことがある場合は、ドライブレターが勝手に切り替わってしまい、表示されないことがあります。

操作手順:

  • タスクバーから「コンピューターの管理」を検索して開く

  • 記憶域>ディスクの管理を選択

  • 変更したいHDDを右クリックし、「ドライブ文字とパスの変更」を開く

  • 「変更」をクリックし、「次のドライブ文字を割り当てる」で任意の文字を選択する

    ドライブレターを変更

3.5 データ復元を行って失ったデータを修復

データ復元ソフトを活用する方法があります。ここで紹介するのは、「Tenorshare 4DDiG」という専用ソフトです。「Tenorshare 4DDiG」は、失われた・削除した・フォーマット・破損したファイルを、完全かつ簡単に復元することができます。その効果は、外付けのHDD、 メモリカード、SDカードなどのデバイスに対して、使用することができます。SDカードやハードディスクだけに限らず、記録媒体、ファイルの形式に依存せず、たった三つの手順でデータを復元することができます。操作も簡単ですので、パソコンに不慣れな方にもお勧めです。
 
無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

Part4.物理障害のHDD修理は専門業者に相談する

HDDの物理障害に対処するには、データ復旧を専門とするサービスに依頼するのが最も安全かつ効果的な方法です。自己修復はリスクが高く、データを永久に失う可能性があります。大切なデータを守るためにも、定期的なバックアップの習慣を身につけ、障害が発生した場合は速やかに専門家に相談しましょう。

重要

物理障害は一般的にユーザー自身で修復することは難しく、専門のデータ復旧サービスに依頼することが推奨されます。これらのサービスは、クリーンルーム環境でディスクを開封し、故障した部品の交換やデータの読み出しを行う高度な技術と機器を持っています。HDDがまだ保証期間内であれば、メーカーに修理や交換を依頼できる可能性があります。

関連内容

HDDが故障する可能性を下げるため日常使用の注意点

HDDの故障リスクを下げるためには、日常から取り扱いに気を付けるのも重要です。

  • 適切な温度と湿度を保ち、振動や衝撃から保護する。
  • 突然の電源オフを避け、安定した電源を確保するためUPSの使用を検討する。
  • 定期的にデフラグを行い、HDDの使用量を適切に管理し、常に一定の空き容量を保つ。
  • 重要なデータは定期的にバックアップし、データ損失のリスクを減らす。

これらの簡単な対策により、HDDの寿命を延ばし、故障の可能性を低減できます。

ハードディスクは放置すると劣化しますか?

ハードディスクは放置すると劣化することがあります。

機械的部品の老朽化や磁気データの劣化、環境因子(高温・高湿・埃)により、長期間使用されないと性能が低下します。適切な環境で保管し、定期的に電源を入れてデータのチェックとバックアップを行うことが、データ損失を防ぐために重要です。

パソコンのハードディスクが壊れる原因は何ですか?

パソコンのハードディスクが壊れる原因には、機械的衝撃、過熱、電源障害、製造上の欠陥、長期間の使用による自然な摩耗、磁気的干渉、不適切な取り扱い(例:移動中の使用)、及び環境条件(高温・高湿・埃)が含まれます。これらはディスク内部の物理的または磁気的損傷を引き起こし、データ損失や故障につながります。

最後に

この度、ハードディスク(HDD)の物理障害、論理障害に対して討論し、自分で簡単なHDD論理障害を修復する方法と物理障害の修理アドバイスを紹介しました。HDDのデータ保護するため、日常のバックアップが大事です。ディスクのデータクローンは安全的て操作簡単の「4DDiG Partition Manager」がお勧めです。このツールは、直感的な操作性と高度な機能を兼ね備えており、複雑なディスク管理タスクを効率的に解決します。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

村上和也 (編集者)

データ回復、Windows および Mac 関連の問題に関する執筆を専門としており、多くの人々にコンピュータの問題に対する効果的な解決策を提供してきました。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)