Macの「最近削除した項目」から写真を復元する方法

5分で読める

カテゴリ:Macデータ復元|更新日:2024-05-16 15:47:22

Macで削除した写真を復元しようと思ったことはありませんか?そんな時に使えるのが「最近削除した項目」の項目です。1回削除した写真を復活できるなんてかなり便利ですよね。

ただ、どうやったら「最近削除した項目」から復元できるのでしょうか。「最近削除した項目」からも復元できない場合は?

ここでは、Macの「最近削除した項目」から削除した写真を復元する方法をご紹介します。

Part1.最近削除した項目から消えた写真を戻す方法はあるか?

Macを使う上で、写真や大切なファイルを誤って削除してしまうことは誰にでも起こり得る出来事です。特に、「最近削除した項目」フォルダからファイルが消えてしまった場合、多くのユーザーはその写真を永遠に失ったと感じるかもしれません。しかし、完全に諦める前に、いくつかの可能性を探る価値はあります。

まず、Macには強力なバックアップシステムがあります。これを利用していた場合、失われた写真を取り戻すことができるかもしれません。また、専門的なデータ復旧ソフトウェアやサービスも存在します。これらは、削除されたデータを回復するための高度な技術を用いており、時には予想外の結果をもたらすことがあります。

Part2.Macの「最近削除した項目」から直接復元する

Macの「最近削除した項目」機能は、削除されたファイルを一定期間保持し、その間にユーザーがファイルを復元することを可能にする便利な機能です。これにより、誤って削除したファイルや写真を簡単に取り戻すことができます。以下に、このプロセスの手順を説明します。

  • 「最近削除した項目」を開く: まず、を写真アプリ開き、「最近削除した項目」フォルダにアクセスします。

  • 復元したいファイルを探す: 「最近削除した項目」フォルダ内には、削除されたがまだ完全に消去されていないファイルが一時的に保存されています。ここで、復元したいファイルや写真を探します。

  • ファイルを復元する: 目的のファイルを見つけたら、そのファイルを選択し、画面右下または右クリックメニューから「復元」を選択します。これにより、ファイルは元の場所に戻されます。

    「復元」を選択

注意点と制限:

  • ①復元可能な期間:「最近削除した項目」には一定の期限があります。通常、ファイルは30日間このフォルダ内に保持された後、自動的に完全に削除されます。
  • ②ストレージの制限:このフォルダの容量は限られており、一定量を超えると古いファイルから自動的に削除されます。
  • ③破損したファイル:ファイルが破損している場合、または一部の情報が失われている場合は、正常に復元できないことがあります。

Part3.Time Machineから削除した写真を復元する

MacのTime Machineは、システムのバックアップを取るための強力なツールであり、これを用いて削除した写真を復元することが可能です。Time Machineを利用した写真の復元プロセスは以下のように行います。

  • Time Machineを開く: まず、MacのメニューバーにあるTime Machineアイコンをクリックします。Time Machineが設定されていない場合は、システム環境設定からTime Machineを設定し、外部ドライブをバックアップディスクとして選択する必要があります。

  • バックアップ時点を選択: Time Machineのインターフェースが表示されると、画面右側に時間軸が現れます。この時間軸を使用して、写真が削除される前の日付を選び 「復元」を選択

  • 復元したい写真を探す: 目的の日付に到達したら、Finderを通じて写真が保存されていた場所に移動します。そこで、復元したい写真やフォルダを探します。

  • 写真を復元: 復元したい写真を見つけたら、そのファイルを選択し、画面下部の'復元'ボタンをクリックします。これにより、選択した写真が元の場所に復元されます。

注意点:

  • Time Machineを使用して定期的にバックアップを取っていない場合、この方法では写真を復元することはできません。
  • 写真を復元する際には、それが元の場所に戻されるか、別の場所に保存するかを選択するオプションがあります。元の場所にすでに同名のファイルが存在する場合、どちらを保持するかを選択する必要があります。

Time Machineは、誤って削除したファイルや写真を復元する際の強力なツールです。しかし、この機能を有効に活用するためには、定期的にバックアップを取ることが重要です。バックアップがあれば、失われた写真や重要なドキュメントを簡単に取り戻すことが可能になります。

Part4.Macで最近削除した項目から消えた写真を復元する

最近削除した項目からファイルがすでに消えてしまっている場合、「Tenorshare 4DDiG(Mac)」を使ってデータを復旧させる方法もあります。このソフトはMacに保存していた写真はもちろん、USB、SDカード、デジカメなどMacの関連デバイスに保存していたデータを復旧することができます。

またTenorshare 4DDiG(Mac)は、無料でダウンロードし、Mac内のファイルをスキャンすることもできます。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • スキャン対象の選択:

    Tenorshare 4DDiG(Mac)の公式ウェブサイトからソフトウェアをダウンロードし、Mac上にインストールします。インストールが完了したらアプリケーションを起動します。

    プログラムが起動後の画面で、復元したいデータが存在するドライブやパーティションを選択します。

    スキャン対象の選択
  • ファイルのプレビュー:

    削除されたファイルを全てスキャンするのには時間がかかります。スキャン結果が出ましたら、詳細をプレビューするためにお探しのファイルタイプをクリックすることができるようになります。

    ファイルのプレビュー
  • 復元場所の選択:

    復元したファイルの保存場所を選択します。 なお、元の場所に直接データを復元するのはおすすめしません。異なる場所、例えば外部ドライブにデータを保存することを検討してください。

    復元場所の選択
    注意:

    保存パスを元の場所を選択すれば、データが上書きして復元できない恐れがあります。

まとめ

ここまで、Macの「最近削除した項目」から削除した写真を復元する方法をご紹介しました。

写真を削除してしまったからといっても復元させる方法はいくつかあるので、決して諦めないようにしてください。

Tenorshare 4DDiG(Mac)があればいつ消したファイルも復元できるので、もう怖いものはありません。しかも写真だけでない他のファイルを復元させることができます。

加藤篤人 (編集者)

4DDiGの編集長として、データ復元、ファイル修復、重複ファイルの削除、パーティション管理、あらゆる種類のパソコンの問題に対するエラー修復など、Windows および Mac 関連の問題に対する最適な解決策を提供することに専念しています。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)