MacのHDDを復元するには?MacのHDDの復元方法を解説

5分で読める

カテゴリ:Macデータ復元|更新日:2024-05-16 15:47:09

MacのHDDを復元する方法はご存知ですか? 仕事で使うデータをMacのHDDに保存してたら間違って消してしまったので復元させたい!ということになる可能性も考えられます。

そんな時のためにMacのHDDの復元方法をきちんとおさえておきましょう。

ここでは、MacのHDDの復元方法を解説します。

Part1.MacがHDDを認識しない原因

HDD(ハードディスク)の物理故障

HDD(ハードディスクドライブ)の物理故障は、MacがHDDを認識しない主な原因の一つです。このタイプの故障は、HDD内部の機械的部品が損傷することで発生します。例えば、データを読み書きするための「リード/ライトヘッド」の破損、ディスクの回転に不具合がある「スピンドルモーター」の故障、または衝撃や長期使用による「プラッター」の損傷などが考えられます。物理故障の徴候としては、HDDからの異常な音(カチカチ音やブザー音)や、デバイスが全く起動しない、または認識されない状態があります。

システム不良による起動障害

MacがHDDを認識しない別の一般的な原因は、システム不良による起動障害です。これは、OSの問題、システムの破損、または不適切なアップデートによって発生する可能性があります。システム不良が原因の場合、Macは起動中にフリーズしたり、起動ループに陥ったり、またはグレイスクリーンなどの異常な画面が表示されることがあります。

Part2.MacのSSD / HDD(ハードディスク)の検証方法

1.Apple Diagnosticsで検証する

Apple Diagnosticsは、Macのハードウェアの問題をチェックするための組み込みツールです。これにはHDDやSSDの問題も含まれます。検証を開始するには、Macを再起動し、起動音が聞こえたらすぐに「D」キーを押し続ける(Intelモデルの場合)か、Macをオフにして電源ボタンを押し続ける(Apple Siliconモデルの場合)。数分間で診断が完了し、問題があれば対処法を提案します。

Apple Diagnostics

2.ディスクユーティリティを使用して検証する

ディスクユーティリティは、Macのストレージデバイスを管理し、問題を診断するためのツールです。

Intelモデルの場合

  • Macを再起動します。
  • 起動音が聞こえたら「コマンド」と「R」キーを押してリカバリモードを起動します。
  • 「ディスクユーティリティ」を選択します。

Apple Siliconモデルの場合

  • Macをオフにします。
  • 電源ボタンを長押しして、スタートアップオプションが表示されるまで待ちます。
  • 「ディスクユーティリティ」を選択します。

3."First Aid"でディスクの状態を検証する

ディスクユーティリティには「First Aid」という機能があり、これを使用してドライブのエラーをチェックし、可能な限り修復します。

  • この機能を利用するには、ディスクユーティリティを開きます。

    ディスクユーティリティ
  • 検証したいドライブを選択後、「First Aid」ボタンをクリックします。

    First Aid

このプロセスでは、ドライブのファイルシステムの整合性がチェックされ、見つかった問題を修復します。修復が不可能な問題が発見された場合は、さらなる対応が必要になります。

Part3.MacのHDDを復元する方法

方法1.Time MachineでMacのHDDからデータを復元する

Time MachineはAppleが提供するバックアップソフトウェアで、定期的にMacのHDDの内容をバックアップします。もしデータを失った場合、Time Machineを使ってそれらを復元することができます。

手順:

  • バックアップディスクを接続する:Time Machineのバックアップを保存している外部ドライブまたはTime CapsuleをMacに接続します。
  • Time Machineを開く:MacのメニューバーにあるTime Machineアイコンをクリックし、「Time Machineを開く」を選択します。
  • バックアップから復元:画面上のタイムラインを使って、復元したいバックアップを探します。目的のファイルやフォルダを見つけたら、それを選択し「復元」ボタンをクリックします。

    Time Machineバックアップから復元

方法2.データ復元ソフトでMacのHDDからデータを復元する

Tenorshare 4DDiG Mac」でMacのHDDからデータを復元する方法もあります。Tenorshare 4DDiG MacはMacのためのデータ復元ソフトで、MacのHDDだけでなく、外付けHDDなど外部デバイスにも対応しています。

また、ほとんどすべてのファイル形式に対応しているので、仕事で使うデータはもちろん、プライベートの写真や動画なども守ることができるのです。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • スキャン対象の選択:

    Tenorshare 4DDiG(Mac)の公式ウェブサイトからソフトウェアをダウンロードし、Mac上にインストールします。インストールが完了したらアプリケーションを起動します。

    プログラムが起動後の画面で、復元したいデータが存在するドライブやパーティションを選択します。

    スキャン対象の選択
  • ファイルのプレビュー:

    削除されたファイルを全てスキャンするのには時間がかかります。スキャン結果が出ましたら、詳細をプレビューするためにお探しのファイルタイプをクリックすることができるようになります。

    ファイルのプレビュー
  • 復元場所の選択:

    復元したファイルの保存場所を選択します。 なお、元の場所に直接データを復元するのはおすすめしません。異なる場所、例えば外部ドライブにデータを保存することを検討してください。

    復元場所の選択
    注意:

    保存パスを元の場所を選択すれば、データが上書きして復元できない恐れがあります。

これらの方法により、MacのHDDから失われたデータを復元することが可能です。ただし、データ復元ソフトウェアを使用する場合は、ファイルの上書きを防ぐために、可能な限り早く作業を開始することが重要です。また、データの安全性を確保するために、定期的なバックアップの取得を忘れないようにしましょう。

まとめ

ここまでMacのHDDの復元方法を解説しました。

方法さえおさえておけば、万が一MacのHDDのデータが失われてしまったとしても簡単に復元させることができます。

そして、どうしても復元できなかった時のために「Tenorshare 4DDiG Mac」のインストールもしておくようにしましょう。

加藤篤人 (編集者)

4DDiGの編集長として、データ復元、ファイル修復、重複ファイルの削除、パーティション管理、あらゆる種類のパソコンの問題に対するエラー修復など、Windows および Mac 関連の問題に対する最適な解決策を提供することに専念しています。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)