「Macで削除されたYouTube動画を復元したいのだけれど、どうすればいいの?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、MacでYouTubeに削除されたビデオファイルを復元できるのかについて解説しています。

  1. Part1:MacでYouTube保存した動画はどこにある?
  2. Part2:MacでYouTubeの動画を無料でダウンロードする方法はある?
  3. Part3:YouTube削除された動画を見る方法
  4. Part4:まとめ

Part1:MacでYouTube保存した動画はどこにある?

Macに保存したYouTubeの動画の保存場所は、基本的にMacのハードディスクドライブです。検索機能などを活用し、探してみてください。

Part2:MacでYouTubeの動画を無料でダウンロードする方法はある?

ここでは、YouTubeの動画をパソコンに保存する方法を解説します。

1.YouTubeの動画ファイルをSafariで直接ダウンロードする

Appleが開発したウェブブラウザである「Safari」の設定を変更することで、YouTubeの動画ファイルをダウンロードできます。

ここでは、YouTube動画のダウンロードをMacのSafariでする方法を解説します。もちろんやり方は安全ですので、よければ試してみてください。

  1. 「Safari」→「環境設定」→「詳細」の順にクリックし、「メニューバーに”開発”メニューを表示」にチェックを入れることが必要です。

    環境設定 メニューバーに”開発”メニューを表示
  2. ダウンロードしたい動画にアクセスし、「開発」の「ページのソースを表示」をクリックして下さい。

    ページのソースを表示
  3. その中から動画を探します。

    動画を探す

2.「動画ゲッター」などの拡張機能を使う

「動画ゲッター」 などの拡張機能をインストールすれば、簡単に動画をダウンロード可能ですので、よければ試してみて下さい。

Part3:YouTube削除された動画を見る方法

方法1.投稿IDで削除されたYouTube動画を検索

該当動画のURLを確認し、Watch?v=の後に続く半角英数字11桁を投稿IDといいます。動画が削除されていたとしても、この投稿IDをインターネットで検索するとヒットすることも多く、タイトルなどの内容を確認できます。

投稿ID

方法2.「Internet Archive」で検索してみる

インターネットにあるサイトを保存している「Internet Archive」 というサイトがあり、それを使えば、YouTube動画が削除されても表示されるかもしれません。しかし全てのサイトを保存しているわけではありませんので、注意が必要です。

方法3.一度アップロードしたことがあるYouTube動画を「4DDiG」で復元する

一度アップロードしたことがあるということは、YouTube動画を保存したことが該当pcにあったということです。そういった場合は「4DDiG」などの復元ソフトを活用すれば、動画を復元できます。代表的な復元ソフトの1つである「4DDiG」は簡単な操作で復元できますので、是非試してみて下さい。

ここでは、そんな「4DDiG」を活用し、一度YouTubeにアップロードして削除された動画を復元する方法を解説します。

  1. まずは、公式サイトから「4DDiG」をインストールし、ソフトを起動します。

  2. 以前保存してあったハードディスクを選び、「スキャン」をクリック。

    「スキャン」をクリック
  3. 復元したい動画ファイルにチェックを入れ、「復元」をクリックします。検索機能もありますので、必要に応じて活用してみて下さい。

    「復元」をクリック
  4. 先ほどチェックを入れたYouTubeにアップロードされたことがある動画ファイルをどこに保存するのか選択し、「開く」をクリック。以前保存されていた場所を選択すると、上手く保存できない可能性がありますので、必ず別の場所を選ぶようにしましょう。オススメは、デスクトップ画面に復元される「Desktop」です。

    保存場所を選択
  5. この画面が表示されたら、復元は完了です。

    復元完了

方法4.削除されたYouTube動画を他の動画サイトで検索して復元する

削除されたYouTubeの動画を、もしかしたら他の動画サイトから保存することがMacでは、できるかもしれません。それができるかどうかを確認し、復元するのも1つの手です。

他の動画サイトの代表例は、以下の通りです。

  • vk.com
  • youku.com
  • video.mail.ru
  • dailymotion.com.
  • tomsk.fm
  • video.bigmir.net

Part4:まとめ

以上、YouTubeにアップロードされた動画の保存をMacにする方法について解説しました。

YouTubeから保存した動画は、基本的にMacのハードディスクドライブにあります。MacでYouTubeの動画を保存あるいはダウンロードするには、標準ブラウザであるSafariや拡張機能を使うことにより可能です。

また、削除された場合であってもInternet Archiveなどのサイトで閲覧できるかもしれません。「4DDiG」などのデータ復元サービスを活用すれば、保存していた削除したYouTubeの動画を簡単に復元し保存がMacでできますので是非試してみてください。

4DDiG Mac Data Recovery

Tenorshare 4DDiG Mac データ復元

ごみ箱、ディスクフォーマットしたディスク、Macのハードドライブなどからデータを回復

Macですべてのデータを回復する:1000以上のフォーマットがサポートされている

2つの回復モードはMacデータ回復の成功率を高める

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)