Macの起動時に画面が真っ暗で起動しない時の対処法を徹底解説!

5分で読める

カテゴリ:Mac修正|更新日:2024-05-16 15:47:35

Macの画面が黒いまま起動しない状態になった!ということはありませんか?

Macの画面が黒いまま起動しないと、他になすすべがなくて不安になってしまいますよね。Macの画面が黒いまま起動しない状態になったらもう他にできることはないのでしょうか。

ここではMacの画面が黒いまま起動しない状態になった時の対処法を解説します。

Macの画面が黒いまま起動しない

Part1.Macが起動しない黒い画面はなぜ?

Macユーザーが遭遇することがある一般的な問題の一つに、画面が真っ暗であるにも関わらず、システムが起動しないという現象があります。これは非常に困惑させられる状況であり、何が原因で起こっているのか、またどのようにして対処すれば良いのかを理解することが重要です。

原因1: ソフトウェアの問題

多くの場合、この問題はMacOSのソフトウェア関連の問題が原因で発生します。これには、システムの更新中に発生した問題、不適切なシステム設定、またはシステムファイルの破損などが含まれます。ソフトウェアの不具合は、システムが正常に起動する過程を妨げ、結果的に画面が暗いままとなります。

原因2: ハードウェアの問題

画面が真っ暗で起動しない問題は、ハードウェアの故障によるものである可能性もあります。これには、画面自体の故障、グラフィックスカードの問題、または電源に関連する問題などが考えられます。特に、電源が不足している場合や、内部コンポーネントが適切に接続されていない場合には、Macが起動しない、または画面が表示されないという状況になりがちです。

原因3: 外部デバイスの影響

外部デバイスがMacに接続されている場合、それが原因で起動に失敗することがあります。外部ハードドライブ、USBデバイス、またはその他の周辺機器がシステムの起動プロセスを妨げる可能性があります。これは、特定のデバイスがシステムの起動プロセスと競合するか、またはMacがデバイスから起動しようとする設定になっている場合に発生することがあります。

Part2.Macが起動しない黒い画面になった時の対処法

Macが起動しない、画面が黒いままという問題は、ユーザーにとって大きなストレスとなります。幸い、このような状況に直面した場合、試すことができるいくつかの対策があります。以下に、それらの対処法を詳しく解説します。

対策1.電源、充電の確認をする

最初のステップとして、Macの電源が適切に供給されているか、バッテリーが充電されているかを確認します。MacBookの場合、充電ケーブルがしっかりと接続されているか、また充電アダプタや電源コンセントに問題がないかをチェックしてください。デスクトップモデルの場合は、電源ケーブルがしっかりとコンセントに差し込まれているか確認しましょう。単純なように思えますが、このチェックは非常に重要です。電源が不足していると、Macは起動プロセスを完了できません。

充電の確認

対策2.Mac本体を再起動する

画面が真っ暗な状態の時、強制的にMacを再起動することで問題が解決する場合があります。MacBookの場合、電源ボタンを長押しして強制終了させ、数秒待ってから再度電源ボタンを押して起動します。デスクトップモデルでは、電源ボタンを使って同様の操作を行います。この方法は、システムが一時的に応答しなくなっている場合に有効です。

対策3.システム管理コントローラ(SMC)のリセットを行う

SMCは、Macのさまざまな物理的機能を管理しています。これには電源管理、バッテリーの充電、ファンの速度制御などが含まれます。SMCのリセットは、特に電源に関連する問題が原因でMacが起動しない場合に有効な対処法です。リセット方法は、Macモデルによって異なりますが、一般的には特定のキーの組み合わせを使って行います。具体的な手順はAppleのサポートページで確認してください。

対策4.セーフモードで起動する

セーフモードでの起動は、システムの問題を診断し、解決するのに役立ちます。セーフモードでは、最小限のシステムファイルのみが読み込まれ、不要なソフトウェアは起動しません。Macをセーフモードで起動するには、電源ボタンを押した直後に「Shift」キーを押し続けます。画面にAppleロゴや進行バーが表示されたら、「Shift」キーから手を離します。セーフモードでは、システムの問題を特定しやすくなり、必要に応じて修正を行うことができます。

セーフモードで起動する

対策5.MacOSを復元してディスクユーティリティで修復を行う

最終手段として、MacOSを復元し、ディスクユーティリティを使用してハードドライブを修復することが推奨されます。このプロセスでは、Macをリカバリモードで起動し(起動時に「Command(⌘)」と「R」を押し続ける)、ディスクユーティリティを開いてハードドライブの修復を試みます。問題が解決しない場合は、システムを再インストールすることを検討してください。ただし、重要なデータのバックアップを取っておくことが重要です。

ディスクユーティリティで修復

Part3.Macが黒い画面のまま起動しない時のデータ復旧

ここで紹介した方法を使っても画面が黒いままで、起動しない場合はどうすればいいのでしょうか。そんな時は「4DDiG Macデータ復元」を使ってMacを復旧させましょう。

「4DDiG Macデータ復元」はMac専用のデータ復旧ソフトで、画面が黒い時に復旧させるだけでなく、画面が黒くなる前に保存していなかったデータを復元させることもできます。元のデータに上書きすることなく復元させるので、100%安全にパソコンを復旧させることができます。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • スキャン対象の選択:

    Tenorshare 4DDiG(Mac)の公式ウェブサイトからソフトウェアをダウンロードし、Mac上にインストールします。プログラムが起動後の画面で、復元したいデータが存在するハードディスクやパーティションを選択します。

    スキャン対象の選択
  • ファイルのプレビュー:

    削除されたファイルを全てスキャンするのには時間がかかります。スキャン結果が出ましたら、詳細をプレビューするためにお探しのファイルタイプをクリックすることができるようになります。

    ファイルのプレビュー
  • 復元場所の選択:

    復元したいファイルの保存場所を選択します。 なお、元の場所に直接データを復元するのはおすすめしません。異なる場所、例えば外部ドライブにデータを保存することを検討してください。

    復元場所の選択
    注意:

    保存パスを元の場所を選択すれば、データが上書きして復元できない恐れがあります。

まとめ

ここまで、Macの画面が黒いまま起動しない状態になった時の対処法を解説しました。画面が黒いままだと何もできなさそうで諦めてしまいそうになりますが、慌てずに原因を確かめて対処するようにしてください。

どうしてもうまくいかない時は、「4DDiG Macデータ復元」でパソコンを復旧させた後にデータを復元させてください。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

加藤篤人 (編集者)

4DDiGの編集長として、データ復元、ファイル修復、重複ファイルの削除、パーティション管理、あらゆる種類のパソコンの問題に対するエラー修復など、Windows および Mac 関連の問題に対する最適な解決策を提供することに専念しています。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)