「Macで損傷してしまったHDDのデータを復元したいのだけれど、どうすればいいの?確実に復元できる方法を教えて!」と悩んでいる方も多いでしょう。

結論から言うと、Macで損傷してしまったHDDのデータを復元する方法は、簡単です。この記事では、HDDについての基礎知識を解説し、Macで損傷したHDDのデータを確実に復元する方法を解説します。

  1. Part 1: HDDとは?
  2. Part 2: HDDハードディスクのデータ復旧・復元・修復は可能・不可
  3. Part 3: Macで損傷したHDDのデータを復元する方法
  4. Part 4: まとめ

Part 1: HDDとは?

HDDの種類

「HDDの仕組みや種類がよくわからない…」と疑問に思われるかもしれません。

HDDには大きく分けて、下記の2つがあります。

  • 内蔵HDD(Mac)

    パソコンに内蔵されているハードディスクは、内蔵ハードディスクといい、USBなどで接続して使うハードディスクを 外付けハードディスクといいます。 主にバックアップ用途として使われます。

  • 外付けHDD

    外付けHDD(ハードディスクドライブ)とはデータを保存するための機器です。 お使いのパソコンには写真や動画などの大切なデータがたくさん保存されているかと思います。  

Part 2:HDDハードディスクのデータ復旧・復元・修復は可能・不可

HDDが破損した場合は大きく分けて、下記の2つがあります。

  • 物理的・機械的な故障で復元できる・できない場合

    物理障害というのはHDD本体に不具合が発生している状態のことを指します。

    例えば、落とした衝撃によってHDDが破損したなどは、物理的・機械的な故障になります。プログラムエラーや誤ってプログラムを消去したことなどによって、HDDが破損したなどは、論理的な故障です。

    物理障害が起きた外付けHDD復旧作業を個人で行なうのは難しく失敗する可能性が非常に高いです。

    破損する前にクラウドサービスや別のHDDにデータを預けていた場合は、物理的・機械的な故障で復元可能。

    他にも、本当は内部まで破損しておらず、接触不良が原因でHDDが使えなくなっている場合もあります。そういった場合は、接触部分を拭いたり、USB接続であればUSBを変更するなど試行錯誤することによって、解決することもあります。

  • 論理的な故障で復元できる・できない場合

    外付けHDDの論理障害というのは、外付けHDD本体ではなく外付けHDD内部のデータの不具合のことを指します。

    プログラムのエラーが原因であれば、時間や条件を変えて、HDDを使ってみましょう。一時的なエラーであれば、こういった方法で解決する場合が大半なので、様々な方法を試すことをオススメします。

    誤ってプログラムを消去したことが原因であれば、消去してしまったプログラムを改めて追加することにより、解決する場合があります。

    HDDから削除、消失、フォーマットしたデータを数クリックの簡単操作で復元できます。

    試行錯誤してもエラーが改善されない場合や、プログラムを改めて追加するのが困難な場合は、プログラム的な故障で復元できない可能性が高いといえます。復元は不可能でしょう。

Part 3: Macで損傷したHDDのデータを復元する方法

上記のように、データが何らかの原因によってなくなった場合、実は自分でその分のデータを復元することができます。だから、本文では、まずHDDからデータを復元可能な方法を皆さんに紹介します。

方法1.安全なデータ復元ソフトを利用する

Macで損傷したHDDのデータを復元するには、データ復元ソフト「4DDiG」などのデータ復元ソフトを活用するのがオススメです。データ復元ソフトを活用すれば、パソコンの知識があまりない方でも、簡単にデータを復元できます。

また、削除直後だけでなく、時間がたっても上書きされないならば、データを丸ごと復旧できます。適切な対処法を可能な限り早急に行なうことです。

「4DDiGデータ復元ソフト」には無料版と有料版があり、それぞれ使用可能な機能が異なります。無料版ではスキャンとプレビューが利用可能で、有料版ならスキャンとプレビュー、復元が利用可能。

無料版では復元機能が利用できず、他の手段を使って復元する必要があります。そのため有料版を購入し、楽に復元するのがオススメです。

  1. ホームページから「4DDiGデータ復元ソフト」をインストールして、初期設定を済ませます。

  2. 内蔵HDDを選ぶときは「ハードディスクドライブ」を、外付けHDDを選ぶときは「外付けHDD」を選択してください。

    元の場合を選ぶ
  3. 復元したいファイルを選択します。写真を復元したい場合は「写真」を、音楽を復元したい場合は「オーディオ」を、動画を復元したい場合は「ビデオ」を選択して下さい。

    「沢山ファイルが表示されて復元したいファイルを探すのが面倒なのだけれど、なにか方法はない?」と思われるかもしれません。そういったときには右上にある検索機能を使い、ファイル名を検索してみましょう。キーワードだけでも検索可能です。

    ファイルを選ぶ
  4. 復元先を選びます。迷った場合はデスクトップ画面に復元される「Desktop」を選択するのがオススメです。選択できたら右下にある「開く」をクリック。

    復元 スタート
  5. この画面が表示されたら復元は完了です。「保存先を開く」をクリックすると、復元したデータを確認することが可能なので、一度確認してみて下さい。

    復元完了

方法2.復元サービスに相談

データ復元ソフトを活用するという方法以外にも、復元サービスなどの業者に相談するという手もあります。しかし復元サービスに相談すると、もちろん高額な費用が発生しますし、予約してから実際に見てもらうまでに時間を要します。

これで解決すれば良いかもしれませんが、結局解決できず泣き寝入りしてしまうケースもあるのが現状です。そのため復元サービスに相談するよりも、データ復元ソフトを活用したほうが、結果お得になります。

Part 4: まとめ

以上、HDDについての基礎知識を解説し、Macで損傷したHDDのデータを確実に復元する方法を解説しました。

HDDには、大きく分けて内蔵HDDと外付けHDDの2種類があります。そして損傷の種類には、物理的・機械的な故障と論理的な故障があり、パターンによって修理方法は異なります。

データを復元するには、「4DDiGデータ復元ソフト」などのデータ復元ソフトの利用や復元サービスに相談するなどの方法があり、データ復元ソフトの利用がオススメ。お金は掛かってしまいますが、早く簡単に復元できるため、データ復元ソフトを活用しましょう。

4DDiG Mac Data Recovery

Tenorshare 4DDiG Mac データ復元

ごみ箱、ディスクフォーマットしたディスク、Macのハードドライブなどからデータを回復

Macですべてのデータを回復する:1000以上のフォーマットがサポートされている

2つの回復モードはMacデータ回復の成功率を高める

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)