「Macを使っていて、HDDがフォーマットしたのだけれど、どう対処すればいい?」と疑問に思わっている方も多いでしょう。

時々Macの内蔵HDDが初期化状態になってしまうことがあり、ドキュメントや写真などの引き出したいファイルが、いつものように引き出せないこともあります。

この記事では、内蔵HDDについて簡単に説明してから、Macの内蔵HDDがフォーマットしたときの対処法、HDDが故障したときにやっていけないことを紹介しています。

  1. Part 1: Macの内臓HDDとは
  2. Part 2: HDDがフォーマットしたときの対処法
  3. Part 3: HDDが故障したときにやっていけないこと

Part 1: Macの内臓HDDとは

Macの中に元々入っているのが、内蔵HDDです。HDDはハードディスクドライブとも呼ばれており、パソコンやソフトを動かすために必要なプログラムファイルや、Wordファイルや写真などの様々なデータが、内蔵HDDに保存されています。

外付けHDDを接続するなど特別なことをしない限りは、内蔵HDDに保存されるため、Macの内蔵HDDは大切な役割を担っているといえるでしょう。

Part 2: HDDがフォーマットしたときの対処法

「フォーマットとは?」最初の状態に戻すことを指して「フォーマットする」という言い方が誕生しました。

「HDDがフォーマットしたのだけれど、どうやって対処すればいい?」と、疑問に思われるかもしれません。HDDがフォーマットしたときの対処法は、主に3つあります。

方法1.復旧業者に相談

復旧業者に相談し、作業を代行してもらうことによって、HDDを復旧することが可能。

復旧業者を探すときには、口コミなどをみて実績があるかどうかを見極めることをオススメします。

しかし多くの時間やお金が必要とされるため、あまりオススメできる方法ではありません。

方法2.Time Machineで削除したデータを復元

Appleが開発しているソフトであるTime Machineを活用することにより、HDDのデータを復旧可能。しかし元からTime Machineでバックアップをとっていないと、この方法は試せないため、注意が必要です。

方法3.データ復旧ソフトを活用

「復旧業者は多くの時間やお金が必要で、Time Machineは元からバックアップをとる必要があるみたいだけれど、それなら何がオススメなの?」と疑問に思うかもしれません。

最もオススメできるのは、「4DDiG」のようなデータ復旧ソフトを活用すること。「4DDiG」のようなデータ復旧ソフトなら、時間もお金もあまり掛からないため、手軽に復旧可能。Time Machineのように、元からバックアップをとる必要もありません。

「元からバックアップをとらなくても良いということは、復旧率が低いの?ソフトをインストールって、安全面は大丈夫?」と思われるかもしれません。

例えば代表的なソフトである「4DDiG」の復旧率は高く、ほとんどのデータを復旧可能。データ復旧で必要な情報にしかアクセスされることはありませんから、安全面への配慮は十分といえます。

また「4DDiG」は、MacとWindowsに対応しているため、どちらを使用していたとしても、問題なく利用可能です。

ここでは4DDiGを活用して、HDDを復旧する方法を解説します。

  1. 4DDIGデータ復元ソフトをインストール。

  2. 「4DDiG」を起動。

  3. 復旧したい内蔵HDDを選択し、「スキャン」をクリックします。「ハードディスクドライブ」と書かれているものが、内蔵HDDです。もし2つなどと複数あり、どこに復旧したいソフトがあるか分からない場合は、1つずつ試してみることをオスス

    SDカードスキャン
  4. 復旧したいドキュメントや写真を選択。検索機能もありキーワードだけでも検索可能なので、探せない場合は一度検索してみて下さい。

    復元したいフォルダー選択
  5. 復旧したデータを、どこに復元するのかを選択します。内蔵HDDは壊れており上手く復元できない可能性が高いため、SDカードやUSB、外付けHDDなどを接続して、そちらに復元することをオススメします。

    保存場所選択
  6. この画面が表示されたら、復元は完了です。

    復元完了

Part 3: HDDが故障したときにやっていけないこと

「HDDが故障したのだけれど、やってはいけないことってある?」と疑問に思われるかもしれません。HDDが故障したときにやっていけないことは、主に3つです。

  • 1.電源の入り切り/再起動の繰り返し

    HDDが故障した理由の多くは、寿命。電源の入り切り・再起動の繰り返しは、HDDに負担が掛かる行為なので、これを行うことによって症状が悪化しています。

  • 2.通電を続ける

    通電を続ける行為も、HDDに負担が掛かるので、症状が悪化する原因になります。

  • 3.分解や開封

    HDDの中身は複雑なので、知識のない方が分解や開封が行うと、取り返しのつかないことになる場合があります。

Part 4: まとめ

以上、内蔵HDDについて簡単に説明してから、Macの内蔵HDDがフォーマットしたときの対処法、HDDが故障したときにやっていけないことを紹介しました。

内蔵HDDとは、Macの中に元々入っているHDDのことで、通常こちらにドキュメントや写真が保存されていきます。

故障している場合は、復旧業者への相談やTime Machineの活用、データ復旧ソフトの活用をすることにより、データを取り出すことが可能。最もオススメなのは4DDiGなどをデータ復旧ソフトを活用することで、時間やお金もあまり掛からず、高い復旧率と安全性が保証されているため、ぜひ利用を検討してみて下さ。

4DDiG Mac Data Recovery

Tenorshare 4DDiG Mac データ復元

ごみ箱、ディスクフォーマットしたディスク、Macのハードドライブなどからデータを回復

Macですべてのデータを回復する:1000以上のフォーマットがサポートされている

2つの回復モードはMacデータ回復の成功率を高める

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)