「Macを使っているのだけれども、ツイートに関するデータって復元できるの?」と疑問に思っているでしょう。Twitterをよく利用する方であれば、消したツイートを復元したいと考えることもあるかもしれません。

結論から言うと、Macでツイートに関するデータを復元できる可能性があります。

この記事では、復元できるかどうかの見分け方や復元方法をご紹介します。

  1. Part 1: 削除されたツイートデータは復元の可能性があるかどうか
  2. Part 2: ツイートで保存した写真やビデオ、アプリなど復元の二つの方法
  3. Part 3: まとめ

Part 1: 削除されたツイートデータは復元の可能性があるかどうか

ツイートデータ復元の種類(写真、ビデオ、ツイートアプリ、アカウントなど)

ツイートデータの種類を大きく分けると、以下の2つになります。

  • ツイートのデータを外付けHDDやDVDなどのデバイスに保存したことがある
  • Gooleフォト、iCloudに保存した

ツイートのデータを外付けHDDやDVDなどのデバイスに保存したことがある

ツイートのデータを外付けのHDDやSSD、DVDなどのデバイスに保存していれば、削除していても復元できる可能性が高いといえます。

Gooleフォト、iCloudに保存した

GooleフォトやiCloudなどのクラウドサービスに保存していれば、削除していても復元できる可能性は高いといえます。

復元できない場合は

先程紹介した内容とは反対で、外付けのHDDやSSD、DVDなどのデバイスや、GoogleフォトやiCloudなどのクラウドサービスに保存していない場合は、復元できる可能性は低いといえます。

「Macで削減されたツイートデータを復元したいのだけれど、どうすればいいの?」と疑問に思われるかもしれません。そのためここでは、Macで削減されたツイートデータを復元する方法をご紹介します。

Part 2: ツイートで保存した写真やビデオ、アプリなど復元の二つの方法

方法1.データ復元のソフトを使う

外付けHDDのパーティションを作成する際、HDDを初期化しないといけない可能性があります。あらかじめバックアップをとることをお勧めしましたが、万が一、データが消えてしまっても大丈夫です。データ復元ソフト「4DDiG」を利用すれば、簡単にデータを復元させることができます。

ここでは、「4DDiG」を使用したデータ復元方法をご紹介します。

  1. 4DDiGデータ復元ソフトをインストール、起動します。

  2. 紛失したファイルの元の保存場所を選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。

    保存場所を選択
  3. そこから復元したいデータやファイルを選択していきましょう。ファイルの種類や、ファイル名から検索なども可能です。復元したいデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。

    結果画面
  4. データを復元したい場所を選択します。元の場所を選択してしまうと、データ復元ができない場合もあるため、必ず別の場所を選択しましょう。

    保存の場所を選ぶ
  5. この表示が出たら復元は完了です。

    復元完了

方法2.Gooleフォト、iCloudでのデータ復元方法

GooleフォトやiCloudにツイートデータを入れているのであれば、復元することが可能です。

ここでは、Gooleフォト・iCloudに分けて解説していきます。

Gooleフォト

  • Gooleフォトを開きます。
  • 復元したいファイルを選択し、右上にある赤枠で囲んだ部分を選択。

  • gooleで復元したいファイルを選択
  • 「ダウンロード」を選択します。

    gooleでダウンロード

iCloud

  • iCloudを開きます。
  • iCloudに登録した、メールアドレスとパスワードを入力します。必要があれば、iPhoneで表示された確認コードを入力するなどの本人確認を行って下さい。

    iCloudを登録
  • 復元したいアプリを選択しましょう。ここでは画像データを復元すると仮定し、「写真」アプリで復元する方法を紹介しますが、どのアプリを選択しても方法は簡単なので安心して下さい。

    icloudでファイルを復元
  • 個人情報保護のために写真は隠しましたが、この画面では写真が表示されています。復元したい写真を探して、選択して下さい。

    iCloudで写真を復元
  • 赤枠で囲んだ「ダウンロード」ボタンを選択すると、先程選んだ画像がダウンロードされます。

    icloudでダウンロード

Twitterアカウントを復元する方法

Twitterアカウントが復元可能な条件は、アカウント削除から30日以内であることです。1ヶ月以上経過している場合は、Twitterアカウントを復元することはできません。

ここでは、アカウント削除から30日以内であるTwitterアカウントの復元方法をご紹介します。

  • twitter.com/loginにアクセスするか、Twitterのアプリを開きます
  • 復元したいアカウントの、電話かメール、ユーザー名のどれかと、パスワードを入力します。

    twitterのパスワードを忘れた
  • 「アカウントを復活させますか?」と表示されたら、「復活させる」を選択します。

    Twitterのアカウントを復活

Part 3: まとめ

以上、Macでツイートに関するデータを復元できるかどうかの見分け方や復元方法をご紹介しました。

ツイートのデータを外付けHDDやDVDなどのデバイスに保存したことがあったり、Googleフォト やiCloudに保存したことがあれば、Macでツイートに関するデータを復元できる可能性は高いと思います。

パソコン内に一度入っていたデータを復元したい場合は、4DDiGデータ復元ソフトなどのデータ復元ソフトを活用しましょう。こうすることによって、簡単にデータを復元可能です。

4DDiG Mac Data Recovery

Tenorshare 4DDiG Mac データ復元

ごみ箱、ディスクフォーマットしたディスク、Macのハードドライブなどからデータを回復

Macですべてのデータを回復する:1000以上のフォーマットがサポートされている

2つの回復モードはMacデータ回復の成功率を高める

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)