Macで重要なRAW ファイルを復元

authorPic 村上和也 最終更新日 2021-09-10 09:37:52コンピューターデータ復元に行く

ファイルシステムが突然RAW(未フォーマット)となり、ファイルにアクセスできなくなるトラブルが発生することがあります。その時、具体的にどうすれば良いのでしょうか?ここでは、ファイルシステムがRAWになる原因から、RAWになった大切なファイルをMacで復元する方法まで解説していきます。

Part 1: ファイルシステムがRAWになる原因

なぜファイルシステムがRAWになることがあるのでしょうか?ここでは、その原因をご紹介していきます。

ブートセクタの問題

「ブートセクタ」とは、ストレージ内の特殊な記憶領域の一つで、コンピュータの起動用のプログラムや設定情報などが記録されたものです。ウイルスなどの何らかの理由によりブートセクタに問題が発生すると、Macシステムは起動しません。その結果、ハードディスクなどに格納されたデータの読み書きや応答はできなくなります。

システムが突然シャットダウンする

予期せぬ停電や強制終了などにより、Macのファイルシステムがなくなる(RAWになる)ことがあります。RAWになったハードディスクはMacのパソコンに認識されなくなり、ハードディスク全体のデータの読み込みができなくなります。

悪意あるサードパーティーアプリでデータを共有する

「サードパーティーアプリ」とは、公式の運営会社以外が提供する非公式のアプリを意味します。サードパーティーアプリには公式アプリにはない機能があり、便利なことがありますが、トラブルを引き起こす悪意あるサードパーティーアプリも存在します。このアプリでデータを共有してしまうと、データ破損につながる恐れがあります。

その他の理由

ヘッダーファイルの破損、BIOS設定の変更、読み取り/書き込み操作中に記憶媒体を抜いてしまった、OSの再インストール、ソフトウェアまたはハードウェアの問題などで、ファイルシステムがRAWになることがあります。

Part 2: Macで4DDiGを使ってRAWになったファイルを復元する手順

Tenorshare 4DDiG Macデータ復元ソフトは、Macのシステムクラッシュ、ウイルス攻撃、フォーマット、ユーザーによる誤削除、ゴミ箱を空にしたなど様々な原因で消えたありとあらゆるデータでも復元することが可能です。専門知識も不要で、簡単な操作でファイルを復元できます。RAWになったファイルも復元可能です。ここでは、4DDiGのデータ復元手順をご紹介します。

4DDIG Macをインストール、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

      
RAWになったファイルの場所を選択して、「スキャン」をクリックします。
スキャン場所を選択
ファイルの一覧がでますので、その中から復元したいメールを選んでいきます。
ファイルを検出
データの選択が終わったら、動画面右下にある「復元」をクリックしてください。あとは自動的にデータが復元されます。
復元をクリック

Part 3: RAWになったファイルを失われないヒント

1.重要なファイルを定期的に外部ストレージのメモリにバックアップしておくことで、Macシステム上のデータが損失したとしても、簡単にバックアップできるようにしておきましょう。

2.フォーマット操作を実行した後は、ハードドライブを再フォーマットしないようにしてください。データの復元が困難になります。

まとめ

ファイルシステムがRAWになったデータをMacで復元する方法などをご紹介しました。ファイルシステムは予期せぬ理由で突然RAWになる可能性があり、大切なデータが消えてしまう恐れがあります。ファイルシステムがRAWにならないよう事前に対策を取り、RAWになってもデータをバックアップできるようにしておきましょう。 万が一、ファイルシステムがRAWになりデータが破損しても、データ復元ソフト4DDiG-Mac を使用することでファイルの復元は可能です。事前の設定やバックアップは必要なく、簡単な操作でデータを復元できるのでおすすめです。

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)

人気記事