「画質を劣化させずに、FLVからMP4に変換する方法を教えていただけませんか?」

2020年までは「Adobe Flash Player」の影響で利用が多かったFLV。 しかし今では、FLV対応の動画プレイヤーが減っており、MP4に変換したい人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、FLVからMP4へ変換するときの注意点や、劣化なしで変換する方法などを解説します。

  1. Part1:はじめに
  2. Part2:FLV動画をMP4に変換する方法
  3. Part3:まとめ

Part1:はじめに

はじめに、FLVの概要やMP4との違いを紹介します。動画ファイルは、破損や誤削除を嘆く報告が多くあるファイルでもあります。大切な動画ファイルを簡単に復元できるおすすめソフトもここでは紹介しています。併せて参考にしてください。

1.FLVファイルとは

FLVとは、インターネット上で動画配信するために、動画プレイヤーの「Adobe Flash Player」で利用されていた動画フォーマットです。ファイルサイズが小さく読み取り速度が早いため、複数の動画配信サイトで利用されていました。

2020年に「Adobe Flash Player」のサポートが終了し、FLVに対応した動画プレイヤーは少なくなっています。

2.FLVとMP4の違い

FLVとMP4はどちらも動画ファイルですが、いくつかの違いがあります。FLVはファイルサイズが小さくて読み取りが速いのが特徴です。一方、MP4は動画品質がよく、汎用性のあることが特徴であり、基本的にはどの動画プレイヤーでも再生できます。

前述のとおり、「Adobe Flash Player」のサポートは終了しており、現在はMP4が主流です。

3.FLV、MP4などの動画ファイルを復元するソフト4DDiGの紹介

ファイル復元ソフトのTenorshare 4DDiG を使えば、FLVとMP4のどちらの動画ファイルでも復元可能です。システムの不具合や操作の手違いで削除されてしまったときなどは、ぜひ試してみてください。操作も簡単で、たったの3ステップで復元できます。また以下の特徴も備えています。

  • 1.データ復元だけでなく、動画ファイルの修復もできる
  • 2.画像・動画・音声・ドキュメントなどの100種類以上のフォーマットに対応している
  • 3.PC内蔵ドライブ、外付けドライブのどちらからでもデータ復元できる
  1. 4DDIGをインストールして起動させます。

  2. ファイルの保存場所を選択して、右下にある「スタート」をクリックします。

    スキャン場所を選択
  3. そこから復元したいデータを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。

    ファイルを検出
  4. データの選択が終わったら、動画面右下にある「復元」をクリックしてください。あとは自動的にデータが復元されます。

    復元をクリック
    注意:: 保存パスを元の場所を選択すれば、データが上書きして復元できない恐れがあります。

4.FLVからMP4への変換時の注意点

FLVからMP4への変換時の注意点を紹介します。画質の劣化防止やデータ容量を節約するためにも、しっかり確認してくださいね。

画質の劣化を防ぐ方法

画像の劣化を防ぐには、適切なコーデックとビットレートを選択することが大切です。

コーデックとは、圧縮を行う技術のことです。可能な限り変換前と同じコーデックにすることで劣化を防げます。

ビットレートとは、1秒間に処理されるデータ量を表す単位です。ビットレートを圧縮前と同等以上に設定することで、画質の劣化を防げます。

適切なコーデックとビットレートを選択できる、性能の良い変換ソフトの利用をおすすめします。

ファイルサイズを小さくする方法

変換ソフトの利用時に適切な圧縮設定をおこなうことで、ファイルサイズを小さくできます。小さくすることで、使用するデータ容量の節約やデータ通信速度の短縮につながります。ただし、過度な圧縮は画質劣化の原因になるので、注意が必要です。

Part2:FLV動画をMP4に変換する方法

FLV動画をMP4に変換するには、主に以下2つの方法があります。画質などを気にせず手軽さを求める場合はオンライン、高度な変換をしたい場合はフリーソフトといったように、用途によって使い分けましょう。

方法1:オンラインでFLVからMP4へ無料で変換

変換ソフトをダウンロードせずに、オンライン上でFLV動画からMP4へ無料で変換できるサービスがあります。「Convertio」「Aconvert.com」などが有名です。ただし広告が多く、サイト自体がクローズしてしまうなどのデメリットもあります。

方法2:FLVからMP4へ変換するフリーソフトのおすすめ

FLVからMP4へ変換するおすすめのフリーソフトを、WindowsとMacのそれぞれで紹介します。フリーでも高機能のソフトが多いので、参考にしてください。

Windowsユーザー向け

  • WonderFox Free HD Video Converter Factory

    ほとんどの形式の動画や音楽を変換できるフリーソフトです。劣化なしでFLVからMP4へ変換できます。MP4動画のトリミングなどの編集や、MP3への音楽変換にも対応しています。複数ファイルの同時変換には、有料版へのアップグレードが必要です。

  • Freemake Video Converter

    動画や音楽の形式変換以外にも、DVDのコピー・録画や動画編集などのさまざまな機能が利用できます。また、500種類以上の形式に対応しており、変換する動画時間に制限がありません。

    ただし、データ量が多い動画の場合は変換速度が遅く、変換後の動画にロゴが表示されるといったデメリットもあります。

Macユーザー向け

  • MacX Video Converter

    最新のmacOSに対応しており、ドラッグ&ドロップで簡単に操作できます。変換以外にも、動画をiPhone・iPad・Android端末や外付けドライブなどの最新機器に取り込むことが可能です。また、変換スピードが速く、出力された動画品質も高くてキレイです。5分以上の動画の変換をしたい場合は、有料版へのアップグレードが必要です。

  • Any Video Converter Free for Mac

    FLVやMP4含めた基本的な形式の動画を変換できます。使い方もわかりやすく、初めてでも簡単に操作が可能です。また、Youtubeなどの100種類以上の動画サイトに対応しており、簡単にダウンロードができます。

    ただし、最新のmacOSに対応していない場合があります。

Part3:まとめ

ここまで、FLVからMP4へ変換するときの注意点や、劣化なしで変換する方法などを解説しました。

変換ソフトで適切にコーデックなどを設定すれば、劣化なしでFLVからMP4へ変換できます。また、用途によって、オンライン変換、フリーソフトを用いた変換を使い分けましょう。

動画ファイルを破損や削除から復元したい場合は、Tenorshare 4DDiGをご使用ください。今回の内容を参考にしていただき、ぜひ劣化なしでFLVからMP4へ変換してみてくださいね。

無料ダウンロード

PC向け

安全的なダウンロード

無料ダウンロード

MAC向け

安全的なダウンロード

4DDiG - Mac/Windows Data Recovery

Tenorshare 4DDiG データ復元

4DDiGは、Windows / Macコンピューターで削除、フォーマット、RAWなどのさまざまな損失シナリオから失われたデータをより高い成功率で回復するための選択肢の1つです。

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)