問題

「Windowsの動作が重くて、ストレスを感じる」

このような方は、パソコンの再インストールを検討することをおすすめします。しかし、Windowsの再インストールは手間がかかり、設定も面倒です。そのため、Googleが開発した軽快な動作が特徴のChrome OSのインストールを検討することも一つの選択肢です。

Googleが開発したChrome OSは、動作の軽さで注目されているOSです。高速かつ安定した動作が可能であり、Windowsに比べて起動時間も短く、セキュリティ面でも優れています。

本記事では、WindowsパソコンにChrome OSをインストールする方法について詳しく紹介します。

  1. Part1:Chrome OSとは?
  2. Part2:WindowsでChrome OS をインストールする方法
  3. Part3:まとめ

Part1:Chrome OSとは?

Chrome OSとは?

Chrome OSとは、Chromebook用にGoogleが開発したOSです。WindowsとmacOSに代わる選択肢の1つとして注目されています。Chrome OSの特徴は以下のとおりです。

Chrome OSの特徴

①必要なストレージ容量が少ない

ブラウザ上でアプリを実行する仕組みのため、ソフトのインストールが必要ありません。そのため、パソコンのストレージ容量が小さくても動作します。

②動作が軽い

Chrome OSは動作が軽いため、低スペックのパソコンでもサクサクと動かせるのが特徴です。

Windows10のパソコンで、Windows11の要件を満たさずバージョンアップできないスペックでも、Chrome OSなら動かせる可能性があります。Windows10のパソコンの使い道を探している方は、Chrome OSのインストールも1つの方法です。

③セキュリティ性能が高い

Chrome OSはセキュリティ対策が不要といわれるほど、優れたセキュリティ性能を誇ります。その秘密は、アプリなどのプロセスがサンドボックスと呼ばれる、システムと隔離された仮想環境で実行されるためです。

例えばウイルス感染したページを開いても、システムがウイルスの影響を受けることはありません。

④Google Playのアプリが使える

「パソコンでAndroidスマホと同じアプリを使ってみたい!」という方もいるでしょう。Chrome OSはGoogleが開発していることもあり、Google Playに対応しています。Androidスマホと同様に約100万のアプリを利用できます。

Chrome OSのインストール要件

Chrome OSをインストールできるパソコンの要件は、第4世代以降のCore iシリーズかAMD Ryzenシリーズです。また、Intel AtomやCeleron、PentiumなどBraswell以降も可能です。またUSBドライブ 16GB以上が必要ですので、事前に用意しましょう。

Part2:WindowsでChrome OS をインストールする方法

WindowsにChrome OSをインストールする方法は、4つの手順があります。

ステップ1:Chrome OSのISOファイルのダウンロード

  1. Chrome OSのISOファイルをダウンロードするために、「Serving Builds」に移動します。

  2. 以下の画面のように表示されるので、インストールするパソコンと同じCPUのChromebookモデルを見つけて、そのISOファイルをダウンロードします。

    ISOファイルをダウンロード
  3. Chromebookモデルを探す方法は、インストールするパソコンのCPU名に「Chrome book」を加えて検索してください。また「The Chromium Projects」でモデル名からCode nameを調べられます。

    例えば、「Intel Celeron n5100」のChromebookは、「Acer Chromebook Spin 511」が該当します。モデルをもとにCode nameを調べると「bobba360」です。つまり、「Intel Celeron n5100」のパソコンの場合は、bobba360のISOファイルをインストールします。

    bobba360のISOファイルをインストール
  4. ISOファイルは数の多い最新ファイルをインストールしましょう。

ステップ2:ブートUSBを作成

  1. まずは「Linux Mint」の公式ページへ移動して、Linux Mintをダウンロードしてください。どのバージョンでも問題ありませんが、今回は最も軽いXfce Editionにします。

    ダウンロードミラーを選択してダウンロードします。

  2. ブートUSBの作成には、「Rufus」が必要なので公式サイトからダウンロード・インストールしてください。

    Rufus
  3. Rufusを起動したら以下の手順を実施します。

    1. 「デバイス」はUSBドライブを選択
    2. 「選択」をクリックして、Linux MintのISOファイルを選択
    3. パーティション構成は「GPT」を選択
    4. スタートをクリック
    Rufusの設定
  4. 次に「GitHub Brunch」へ移動して、最新のBrunchをダウンロードします。

    GitHub Brunch
  5. ダウンロードした「tar.gz」を解凍して出てきた4つのファイルを、容量が十分なドライブに新規フォルダを作成して保存します。今回はわかりやすいように、「ChromeOS」というフォルダ名にしました。

    ファイルを解凍
  6. 次にステップ1でダウンロードしたChrome OSのISOファイルを解凍します。1つのファイルが出てきますので、「rammus_recovery.bin」に名前を変更して、先ほどと同じフォルダに保存します。

  7. さらに「GitHub shrikant2002/Chrome OS」へ移動して、「code」からファイルをダウンロードしてください。

    GitHub shrikant2002
  8. 解凍後、shファイルを同様に「ChromeOS」フォルダに保存します。

    ChromeOSフォルダに保存

ステップ3:インストール用のパーティション作成

Chrome OSをインストールするためには、パーティションの空きスペースを確保する必要があります。できれば30GB以上を確保したいところです。

パーティション管理ソフト4DDiG Partition Managerでインストール用のパーティション作成の手順を紹介します。

無料ダウンロード

PC向け

安全的なダウンロード

  • 4DDiG Partition Managerを起動します。左側の「パーティション管理」を選択します。次に、新しいパーティションを作成する未割り当てパーティションを右クリックし、「作成」を選択します。

    分割したいパーティションを選択
  • パーティションサイズ、ドライブ文字、ボリューム ラベル、ファイル システム (NTFS、exFAT、FAT16、または FAT32) など、新しいパーティションのパラメーターを設定し、「OK」をクリックします。

    新しいパーティションのパラメーターを設定
  • 少しお待ち、新しいパーティションが正常に作成されたら、「OK」をクリックします。

    パーティション作成の完了

期間限定:パソコン2台分のライセンスが登場し、ディスク管理がより便利に!

ステップ4:WindowsにChrome OSをインストール

  1. 作成したブートUSBをパソコンに挿入してください。
  2. 次に、パソコンを再起動して「Boot」メニューを開きます。ブートデバイスの優先順位を変更して、USBドライブが最初になるようにします。

    ブートデバイスの優先順位を変更

    ※Fast Boot・Secure Bootについては「Disabled」を選択して、無効にしてください。

  3. USBドライブで立ち上げると以下の画面が出ますので、「Start Linux Mint 21.1 Xfce 64-bit」を選択して起動します。
  4. 作成した「ChromeOS」フォルダを開きます。
  5. 「ChromeOS」フォルダのなかで右クリックを押して、ターミナルを開き「sudo sh multi_install.sh」を入力します。

    ターミナルを開き

    途中で「Y/n」の入力を求められるので、「Y」を入力して「Enter」を押します。

  6. 確保した未割り当てのパーティションを選択して、左上の「+」を押してください。

    未割り当てのパーティションを選択
  7. File Systemを「ntfs」に選択して、「Add」をクリックします。さらに「チェックマーク」アイコンをクリックして、「Apply」を押してください。

    File Systemをntfsに選択
  8. 覚えたPartition名を入力して「Enter」した後、「yes」を入力して「Enter」を押します。
  9. インストール完了後、ターミナルを上にスクロールして「menuentry」セクションがありますので、セクション内をコピーしてください。
  10. 次に「Cドライブ」のフォルダ内に新規ドキュメントを作成して、コピーした内容を貼り付けます。
  11. パソコンを再起動後に、ブートデバイスの優先順位を変更してWindowsを起動します。
  12. 「ブートメニューの管理」の「新しいエントリを追加」を選択して、以下のように設定します。

    • タイプ:サブメニュー
    • タイトル:Chrome OS カスタム
    • コードの編集:(7)のコードを貼り付け(コードは、「img_part」から「 } 」までです。)
  13. ブートメニューにChrome OSがあるかを確認して、Grub2Winを閉じます。

再起動すると、Grub2WinのブートメニューからWindows・Chrome OSが選択できます。

Part3:まとめ

Chrome OSは動作の軽さから、古くなったパソコンの再利用にも活用できます。Windows10からWindows11にアップデートできなくて、使い道に困っている方はぜひ試してみてください。

またChrome OSのインストールの際は、既存のデータと分けるためにパーティションの作成・分割が必要です。難しいと感じる方は「4DDiG Partition Manager」の利用をおすすめします。

4DDiG Partition Manager

4DDiG Partition Manager

4DDiG Partition Managerは、システムを再インストールすることなく、ワンクリックでWindows OSをSSDに移行し、データのバックアップなどのために効果的にハードドライブ全体をクローンすることができるシンプルで安全なプロフェッショナルシステム移行ツールです。インストールされたアプリケーション、システムアップデート、ドライバ、カスタム設定をコンピュータ間で安全に移行することができます。

(この記事を評価する)

平均点 4.5人が評価しました)