4DDiG Partition Managerの使い方: OSをSSD/HDDに移行 & パーティション管理

4DDiG Partition Managerを使用すると、再インストールせずに Windows OSをHDDからSSD に移行し、内部および外部ディスクのパーティションを管理し、ディスクのパフォーマンスを最適化するのに役立ちます。次では、4DDiG Partition Managerの使い方を紹介します。

パート1: 4DDiG Partition Managerを使用してOSをSSD/HDDに移行する方法

  • 1

    Windowsに4DDiG Partition Managerをインストールして実行します。次に、左側の「OSの移行」を選択し、「開始」ボタンをクリックします。

    システムの移行を開始
  • 2

    新しいドライブをターゲットディスクとして選択します(ソース ディスクはデフォルトで選択されています)。いくつかの警告メッセージが送信されます。それらを読んだ後、「はい」をクリックしてください。システム移行プロセスを開始するには、「開始」をクリックします。

    移行先のターゲットディスクを選択 警告メッセージ

    注: システムの移行中に、ターゲットディスク上のすべてのパーティションとファイルが上書きされます。準備として重要なデータをリモートの場所または外付けハードドライブにバックアップしてください。

  • 3

    システムの移行は開始されます。ドライブのサイズによっては、完了するまでに時間がかかります。移行速度、経過時間など関連のデータを確認できます。

    システムの移行を開始

    これで、OSがターゲットドライブに正常に移行されました。

    システム移行完了

パート2: ターゲットディスクからWindowsを起動する方法

システムの移行後、ソースディスクを取り外し、ターゲットディスクを元のスロットに挿入します。次に、コンピューターを再起動して BIOS に入った後、起動順序を変更します。

select photo repair to process

パート3: パーティションを管理および最適化する方法

4DDiG Partition Managerは、ハードディスク上のパーティションを簡単に整理および最適化するのに役立ちます。4DDiG Partition Managerを使用して、パーティションのサイズ変更、拡張、縮小、分割、作成、削除、およびフォーマットを行うことができます。また、ドライブを整理しておくために、パーティションのドライブレターを安全に変更できます。

4DDiG Partition Managerは、パーティションを管理するための以下の機能を提供します:

  • パーティションのサイズ変更/移動
  • パーティションの拡張/縮小
  • パーティションの分割
  • パーティションの作成
  • パーティションの削除
  • パーティションのフォーマット
  • ドライブレターの変更

重要:次のパーティション操作を実行する前に、パーティション上のすべての重要なファイルとデータをバックアップすることを強くお勧めします。また、データの損失やディスクの損傷を避けるために、パーティション操作の進行中にプログラムを突然または強制的に終了しないでください。

パーティションのサイズ変更/移動

パーティションのサイズ変更は、パーティションを小さくして、スペースを解放したり、未割り当てのスペースを確保したりするプロセスです。未割り当て領域は、隣接するパーティションと結合するか、1つまたは複数の新しいパーティションを作成するために使用できます。

パーティションをサイズ変更/移動する

  • 1

    4DDiG Partition Managerをインストールして起動します。左側の「パーティション管理」を選択します。次に、サイズを変更するパーティションを右クリックし、「サイズ変更/移動」を選択します。

    select a partition that you want to resize
  • 2

    選択したパーティションの境界線をドラッグ&ドロップしてサイズを変更します。または、指定したパーティションサイズをGB単位で入力することもできます。パーティションサイズが設定されると、変更の結果をプレビューできます。問題がなければ、「OK」をクリックします。

    adjust the size of the selected partition

    ヒント: パーティションを移動するには、パーティションハンドル全体を未割り当て領域にドラッグするか、パーティションの前または後の未割り当て領域の量を手動で設定します。

  • 3

    キューに入れられたサイズ変更操作がタスクリストに表示されます。「タスクを実行」をクリックし、「OK」をクリックして操作を実行します。

    confirm the partition resizing operation
  • 4

    パーティションのサイズ変更プロセスがすぐに開始され、しばらく時間がかかります。

    start resizing the partition
  • 5

    パーティション サイズが期待どおりに調整されるまで待ち、「OK」 をクリックします。

    resize the partition successfully

パーティションの拡張/縮小

4DDiG Partition Managerを使用すると、パーティションを拡張して大きくしたり、パーティションを縮小してサイズを小さくしたりできます。ディスクパーティションの領域が不足した場合、同じディスクの未割り当て領域から空き領域を取得するか、他の既存のパーティションを縮小することで、パーティションのストレージを拡張できます。

注意: 分割された別のハードディスクに空き領域または未割り当て領域があるパーティションを拡張または縮小することはできません。

パーティションを拡張する:

  • 1

    4DDiG Partition Managerをダウンロードして起動します。左側の「パーティション管理」を選択します。次に、拡張するパーティションを右クリックし、「拡張/縮小」を選択します。

    拡張するパーティションを選択
  • 2

    選択したパーティションの右側の境界線を右にドラッグするか、左側の境界線を左にドラッグしてサイズを拡張します。 または、空き領域を取得する隣接するパーティションまたは未割り当て領域を選択し、その境界を右または左にドラッグして、ターゲット パーティションの空き領域を解放することもできます。 調整が終了したら、[OK] をクリックして、メイン ウィンドウに戻ります。

    選択したパーティションのサイズを拡張
  • 3

    保留中の操作がタスクリストに追加されます。 「タスクを実行」をクリックし、「OK」を選択します。

    パーティション拡張操作の確認
  • 4

    追加するスペースの容量によっては、パーティションの拡張プロセスが完了するまでに時間がかかります。データの損失や破損を防ぐため、プロセスが完了するまでプログラムを閉じないでください。

    パーティションの拡張を開始
  • 5

    パーティションが正常に拡張されたら、「OK」をクリックします。

    パーティションが正常に拡張

パーティションを縮小する:

  • 1

    縮小したいパーティションを右クリックし、「拡張/縮小」を選択します。

    縮小したいパーティションを選択
  • 2

    選択したパーティションの右側の境界線を左にドラッグするか、左側の境界線を右にドラッグしてサイズを縮小し、隣接するパーティション用のスペースを作ります。 完了したら、[OK] をクリックしてメイン インターフェイスに戻ります。

    選択したパーティションのサイズを小さく
  • 3

    右下隅にある「タスクを実行」ボタンをクリックし、「OK」を選択して操作を開始します。

    パーティションの縮小操作を確認
  • 4

    縮小プロセスが完了するまで待ちます。

    パーティションの縮小を開始
  • 5

    パーティションが正常に縮小されたら、「OK」ボタンをクリックします。

    パーティションを正常に縮小

パーティションの分割

パーティションの分割とは、大きなパーティションを2つ以上の小さなパーティションに分割することです。パーティションが1つしかない新しいコンピューターを購入した場合、またはハードドライブに大きなパーティションがある場合、パーティションを分割して新しいパーティションを作成し、さまざまなデータを保存する必要がある場合があります。

パーティションを分割する:

  • 1

    4DDiG Partition Managerをダウンロードして起動します。左側の「パーティション管理」を選択します。次に、分割したいパーティションを右クリックして、「分割」を選択します。

    分割したいパーティションを選択
  • 2

    パーティションハンドルを左右にドラッグして、新しいパーティションのサイズを指定するか、新しいパーティションサイズとして正確な値を手動で入力できます。次に、ドライブ文字、ファイルシステム (NTFS、exFAT、FAT16、または FAT32)、クラスターサイズなど、新しいパーティションのその他のパラメーターを指定します。

    新しいパーティションのサイズを指定
  • 3

    キューに入れられたサイズ変更操作がタスクリストに表示されます。「タスクを実行」をクリックし、「OK」をクリックして操作を実行します。

    パーティション分割操作の確認
  • 4

    分割プロセスには時間がかかる場合がありますので、プロセスが完了するまでプログラムを閉じずにしばらくお待ちください。

    パーティション分割を開始
  • 5

    パーティションが2つの小さなパーティションに正常に分割されたら、「OK」をクリックします。

    split the partition successfully

    注意: パーティションの分割機能は現在、NTFSおよびFAT32パーティションで利用できます。また、パーティションの未使用領域のみを分割して、新しいパーティションを作成できます。完全に使い果たされたパーティションと未割り当てのパーティションは分割できません。

新しいパーティションの作成

ハードディスクに未割り当て領域がある場合、そのサイズ、ファイル システム フォーマット、およびドライブ文字を調整して、未割り当て領域から新しいパーティションを作成できます。未割り当てのディスク領域がない場合は、既存のパーティションを縮小して作成できます。

パーティション化されていない領域からパーティションを作成するには:

  • 1

    4DDiG Partition Managerをダウンロードして起動します。左側の「パーティション管理」を選択します。次に、新しいパーティションを作成する未割り当てパーティションを右クリックし、「作成」を選択します。 (未割り当てのディスク領域がない場合、このオプションは使用できません。)

    新しいパーティションの作成に使用する未割り当てパーティションを選択
  • 2

    パーティションサイズ、ドライブ文字、ボリューム ラベル、ファイル システム (NTFS、exFAT、FAT16、または FAT32) など、新しいパーティションのパラメーターを設定し、「OK」をクリックします。

    新しいパーティションのサイズを調整

    注意: パーティション ハンドルをドラッグして新しいパーティションのサイズを指定するか、作成するボリュームのサイズを手動でGB単位で入力できます。

  • 3

    メイン インターフェイスから、新しく作成されたパーティションのサイズと位置をプレビューできます。 「タスクを実行」をクリックし、確認できたら「OK」をクリックします。

    パーティション作成操作を実行
  • 4

    新しいパーティションが作成されるまで待ちます。パーティションの作成プロセス中に、プログラムは自動的にパーティションをフォーマットして、データの保存に使用できるようにします。

    新しいパーティションの作成を開始
  • 5

    新しいパーティションが正常に作成されたら、「OK」をクリックします。

    新しいパーティションを正常に作成

パーティションの削除

ハードディスクのパーティションを削除すると、ディスク領域を解放するのに役立ちます。ディスク上に不要になったパーティションがある場合、4DDiG Partition Managerを使用して簡単に削除し、同じディスク上の別のパーティションのサイズを拡張するために使用できる未割り当て領域に変えることができます。

パーティションを削除する:

  • 1

    4DDiG Partition Managerをダウンロードして起動します。左側の 「パーティション管理」を選択します。次に、削除するパーティションを右クリックし、「削除」オプションを選択します。

    削除するパーティションを選択
  • 2

    確認メッセージが表示されたら、「はい」をクリックします。

    確認メッセージ
  • 3

    次に、右下隅にある「タスクを実行」をクリックし、「OK」 をクリックします。

    パーティション削除を確認
  • 4

    プログラムがパーティションの削除を完了するまで数秒待ちます。

    パーティション削除を開始
  • 5

    選択したパーティションが正常に削除されたら、「OK」をクリックします。

    パーティションを正常に削除する

パーティションのフォーマット

パーティションのフォーマットとは、選択したパーティション上のすべてのデータを削除し、ファイル システムをインストールして、オペレーティング システム用の空き領域を準備するプロセスです。パーティションをフォーマットする必要がある状況はたくさんあります:

  • パーティションを削除せずにパーティション上のすべてのデータを削除する場合は、再配置のためにフォーマットできます。
  • 新しく作成されたパーティションは、データの保存に使用する前にフォーマットする必要があります。
  • パーティションのファイル システムがサポートされていないか、損傷または破損した場合、NTFS や exFAT などの新しいファイル システムでパーティションをフォーマットできます。

パーティションをフォーマットする:

  • 1

    4DDiG Partition Manager をダウンロードして起動します。左側の「パーティション管理」を選択します。次に、フォーマットするパーティションを右クリックし、「フォーマット」 オプションを選択します。

    フォーマットするパーティションを選択
  • 2

    パーティションのボリュームラベル、ファイルシステム、およびクラスターサイズをリセットします。確認したら、「OK」をクリックして続行します。

    フォーマットするパーティションのパラメータをリセット

    注意: 「完全にフォーマット」オプションを選択すると、パーティション上のすべての既存データが完全に上書きされて消去され、データ復元ソフトウェアを使用しても回復できなくなります。

  • 3

    パーティションをフォーマットする準備ができたら、「はい」をクリックします。

    パーティションをフォーマットする前にデータ損失を確認
  • 4

    パーティションがフォーマットされた結果をプレビューできます。問題がなければ、「タスクを実行」をクリックし、「OK」をクリックして、パーティションのフォーマットを開始します。

    パーティションのフォーマット操作を確認
  • 5

    パーティションのフォーマットを完了するまで待ちます。

    パーティションのフォーマットを開始
  • 6

    パーティションが正常にフォーマットされたら、「OK」をクリックします。

    パーティションを正常にフォーマットする

ドライブレターの変更

通常、Windowsは、パーティション上のファイル システムが認識されると、自動的に検出されたディスク ドライブにドライブ文字を割り当てます。ただし、好みに応じてパーティションのドライブ文字を変更できます。

パーティションのドライブレターの変更する:

  • 1

    ドライブ文字を変更したいパーティションを右クリックし、「ドライブレターの変更」を選択します。

    ドライブ文字を変更したいパーティションを選択

    注意: Windows OSがインストールされているドライブのドライブ文字、つまりローカルのC: ドライブ文字を変更することはできません。変更すると、Windowsが起動しなくなり、アプリがまったく実行されなくなります。

  • 2

    他のパーティションによって使用されていない新しいドライブ文字を選択し、「OK」をクリックします。

    新しいドライブ文字を選択

    注意: 「なし」を選択すると、選択したパーティションのドライブ文字が削除されます。

  • 3

    新しいドライブ文字を含むパーティションのプレビューが表示されます。「タスクを実行」をクリックし、「OK」を選択して変更を開始します。

    ドライブ文字に加えられた変更を確認
  • 4

    プロセスが完了するまで、しばらくお待ちください。

    ドライブ文字の変更を開始
  • 5

    パーティションのドライブ文字が正常に変更されたら、「OK」をクリックします。

    正常にドライブ文字を変更